167件中 121 - 130件表示
  • マンホールの蓋

    マンホールの蓋から見た旭硝子旭硝子

    ファイル:Manhole.cover.in.kitakyusyu.city.jpg|福岡県北九州市戸畑区で発見された旭硝子株式会社の社紋が入ったコンクリート蓋。付近には旭硝子株式会社北九州事業所があるので、その関係の私設蓋である。滑り止めの必要が無いコンクリート蓋でありながら、東京市型類似の紋様が入っている。このようなコンクリート蓋は極めて稀な存在である。マンホールの蓋 フレッシュアイペディアより)

  • シャープ

    シャープから見た旭硝子旭硝子

    しかし、2009年10月には、堺市に世界最大規模で第10世代マザーガラスに対応する液晶パネル工場を含む「グリーンフロント堺」を稼動させ、世界的に回復拡大する液晶関連需要に対応している。「グリーンフロント堺」には、旭硝子、大日本印刷やコーニングなど液晶パネル関連部品を供給する企業19社も進出し、業種、業態を超えた「21世紀型コンビナート」を形成。高効率と省エネ、太陽光発電などによる「世界最先端環境工場」を謳っている。また、2010年3月には、同じ敷地内に薄膜シリコン太陽電池工場も稼動させ、急拡大が見込まれる世界的な太陽電池の需要拡大への対応を図っている。シャープ フレッシュアイペディアより)

  • 上星川駅

    上星川駅から見た旭硝子旭硝子

    寺下橋経由 旭硝子前行(市営・平日1本のみ)上星川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 茅ヶ崎市

    茅ヶ崎市から見た旭硝子旭硝子

    AGCセイミケミカル株式会社・本社および工場(AGCグループのファインケミカルメーカー)茅ヶ崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎家

    岩崎家から見た旭硝子旭硝子

    三菱財閥二代目総帥となりのち日本銀行総裁にもなった岩崎弥之助は早苗夫人(明治の元勲・後藤象二郎の長女)との間に長男・小弥太、次男・俊弥(旭硝子創業者)、三男・輝弥(日本における鉄道ファンのパイオニア)ら3男1女をもうけた。長女・繁子は松方正義の次男で外交官の松方正作に嫁いでいる。岩崎家 フレッシュアイペディアより)

  • 共立女子短期大学

    共立女子短期大学から見た旭硝子旭硝子

    生活科学科:味の素・伊勢丹・三越・丸井・京王百貨店・キャピトル東急ホテル・全日空商事・東洋建設・銭高組・三井不動産住宅サービス・キリンビバリッジ・明治製菓・明治乳業・ハウス食品・菱食・三菱レイヨン・日本クラビス・ピーアンドエム・ワコール・トヨタ自動車・石川島播磨重工業・コニカミノルタ・旭硝子・パラマウントベッド・住友金属工業・三菱重工業・日本テレコム・みずほ銀行・三井住友海上火災保険など一般企業への就職者が多い傾向にある。共立女子短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • エルナー

    エルナーから見た旭硝子旭硝子

    1984年 8月 - 旭硝子株式会社が筆頭株主となる。(現在も主要株主)エルナー フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見線

    鶴見線から見た旭硝子旭硝子

    鶴見駅の鶴見線ホームは京浜東北線が発着する地平ではなく、西口側の高架上にある。鶴見駅を出ると高架上を進む。鶴見大学や曹洞宗大本山総持寺入口付近では、線路中央に旧本山駅のホーム遺構がある。左にカーブし横須賀線・京浜東北線・東海道線・東海道貨物線と京急本線を跨ぎ、国道15号(第一京浜)を跨いだところで国道駅に到着する。同駅の高架下は戦前の駅開業当時の雰囲気がそのまま残っているため、映画・テレビドラマのロケに数多く使用されている。国道駅を出るとすぐに鶴見川を渡り、右カーブで高架から地上に降りたところで鶴見小野駅に至る。同駅近隣には市立横浜サイエンスフロンティア高校・附属中学がある。鶴見小野駅を出て、首都高速神奈川1号横羽線と産業道路の高架下をくぐると、住宅街から工場群の中へ移る。左にカーブすると弁天橋駅に至る。構内北側の鶴見小野駅方には、鶴見線乗務員が所属し、運用車両が常駐する鶴見線営業所(旧弁天橋電車区)が所在する。弁天橋駅南側は旭硝子京浜工場・ジャパン マリンユナイテッド横浜事業所鶴見工場などがある。鶴見線 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝

    東芝から見た旭硝子旭硝子

    東芝硝子 - 1999年に旭硝子傘下の岩城硝子(株式上場企業)に吸収合併し旭テクノグラスに社名変更。東芝の出資比率は14.3%で連結対象を外れる。のちに東芝との資本関係は清算され、2005年の旭硝子による全株式取得を経て2007年にAGCテクノグラスに社名変更。東芝 フレッシュアイペディアより)

  • あべのハルカス

    あべのハルカスから見た旭硝子旭硝子

    外観デザインに関しては、ペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツ代表のシーザー・ペリが監修を務めた。ペリは、台湾の台北101が建設されるまでは世界最高層ビルであったマレーシアのペトロナスツインタワーなど、数々の超高層建築物の設計を務めていた。大阪では過去に国立国際美術館、大阪歴史博物館などを設計している。建物は全面がガラス(旭硝子製)で覆われたカーテンウォール(LIXIL製品)であり、三段階にセットバックする立体構造となっている。各段階の屋上空間には緑地空間が設けられ、周辺の公園施設と協調して緑のネットワークを形成するほか、建物内部では吹き抜け空間を利用した「光と風の道」を創出することでエネルギー消費量を低減するなどの環境対策が取られている。あべのハルカス フレッシュアイペディアより)

167件中 121 - 130件表示

「AGC」のニューストピックワード