131件中 21 - 30件表示
  • 三菱レイヨン

    三菱レイヨンから見た旭硝子旭硝子

    1944年(昭和19年) 5月 - 日本化成工業と旭硝子が合併し三菱化成工業と改称三菱レイヨン フレッシュアイペディアより)

  • 旭トステム外装

    旭トステム外装から見た旭硝子旭硝子

    旭トステム外装株式会社(あさひトステムがいそう、Asahi Tostem Exterior Building Materials Co., Ltd.)は、住宅外装材を製造・販売する会社である。旭硝子株式会社とトステム株式会社(現・株式会社LIXIL)の外装部門を統合して設立した。旭トステム外装 フレッシュアイペディアより)

  • サシン経営大学院

    サシン経営大学院から見た旭硝子旭硝子

    これまでおよそ40名の日本人ビジネスリーダーを輩出する。日本人学生の出身校は,東京大学,京都大学,北海道大学,東京工業大学,東京外国語大学,横浜国立大学,神戸大学,慶應義塾大学,早稲田大学,中央大学,上智大学,同志社大学など。ちなみに,日本の提携ビジネススクールは慶應ビジネススクールと国際大学の2校。さらにサシンの100名以上のタイ卒業生は日系企業の主要管理職として勤務している。たとえば,ソニー,日本ペイント,野村證券,東芝,丸紅,三菱自動車,トヨタ自動車,旭硝子,住友商事,資生堂,ホンダなど。サシン経営大学院 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎輝弥

    岩崎輝弥から見た旭硝子旭硝子

    輝弥は実業家としては酪農業に従事しており、立川養豚場や吉屋信子の代表作『安宅家の人々』のモデルとなったことで知られる子安農園を経営したことで知られている。だが輝弥は父・弥之助(三菱財閥の2代目総帥)や長兄・小弥太(三菱財閥の4代目総帥)、次兄・俊弥(旭硝子の創業者)のような実業家としての大きな業績はなく、専ら鉄道ファンとしてその名を知られている。岩崎輝弥 フレッシュアイペディアより)

  • 諸橋晋六

    諸橋晋六から見た旭硝子旭硝子

    財団法人旭硝子財団理事諸橋晋六 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイコム株大量誤発注事件

    ジェイコム株大量誤発注事件から見た旭硝子旭硝子

    売り方であるみずほ証券は、現存する総株式数の6.6倍もの引渡しを求められる格好となり、通常での取引決済が不可能となっていることから、日本証券クリアリング機構は現金による強制決済による解け合い処理と裁定し、すでに買われた株は、事件発生の直前に寄りつきつつあった価格を参考に一株91.2万円での買戻しとした。現金による強制決済は1950年の旭硝子株以来、55年ぶりとなった(1950年の強制決済については山一證券を参照のこと)。ジェイコム株大量誤発注事件 フレッシュアイペディアより)

  • 和田町駅

    和田町駅から見た旭硝子旭硝子

    旭硝子行/横浜駅西口行(平日1本のみ)和田町駅 フレッシュアイペディアより)

  • 上星川駅

    上星川駅から見た旭硝子旭硝子

    寺下橋経由 旭硝子前行(市営・平日1本のみ)上星川駅 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見騒擾事件

    鶴見騒擾事件から見た旭硝子旭硝子

    松尾嘉右衛門はこの事件を契機として、中野喜三郎の引き立てもあり神奈川県の土木建築業界に君臨していく。高額納税者として貴族院議員(1945年 - 1946年)にも就任。松尾工務店、花月園観光社長として花月園競輪場の創始にも関わっている。建設業界への長年の功績により勲四等旭日章を受勲した。反面、県の公共事業に王制を敷いていた河野一郎と喧嘩をするなど1965年に74歳で没するまで波乱の生涯を送る。流れ者として京浜に着いて旭硝子の工員から出発した松尾の成功物語は、京浜の隆盛を物語る神話といってもよい。鶴見騒擾事件 フレッシュアイペディアより)

  • エルナー

    エルナーから見た旭硝子旭硝子

    1984年 8月 - 旭硝子株式会社が筆頭株主となる。(現在も主要株主)エルナー フレッシュアイペディアより)

131件中 21 - 30件表示

「旭硝子」のニューストピックワード