167件中 31 - 40件表示
  • SoftBank 202K

    SoftBank 202Kから見た旭硝子旭硝子

    本体内部構造に用いられるマグネシウム合金製フレームと、筐体一体成形バッテリー、基板・各デバイスの小型化、最適配置などにより、筐体強度を確保しつつ、スマートフォンにおいて世界最軽量となる約94gの質量を実現している。また前述の、基板・各デバイスの小型化、最適配置にくわえ、LCD周りを狭額縁設計としたことで、4.3インチLCDを搭載しながらも幅寸法を60mmに抑えている。LCD部に旭硝子 (AGC) 製の強化ガラス“Dragontrail”のカスタム(0.4mm厚)品を使用することで、軽量かつ高い耐久性(おもに対擦過性・硬度)を実現している。これらのアプローチにより生まれた軽量かつコンパクトな筐体は、片手でも扱いやすく、服の胸ポケットにもスムースに収まる。SoftBank 202K フレッシュアイペディアより)

  • 阪神工業地帯

    阪神工業地帯から見た旭硝子旭硝子

    化学:旭硝子関西工場、古河電気工業大阪事業所、関西ペイント尼崎事業所、ダイセル大阪製造所、塩野義製薬杭瀬事業所、積水化学尼崎工場、バイエル尼崎ラボなど阪神工業地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 日本電気硝子

    日本電気硝子から見た旭硝子旭硝子

    フラットパネルディスプレイ(FPD)用ガラスの大手であり、特に液晶用ガラス基板では世界の生産量の20%を供給し、米コーニング、旭硝子とともに世界3強である。(この3社の世界生産シェアは9割以上。)日本電気硝子 フレッシュアイペディアより)

  • JR貨物UT10C形コンテナ

    JR貨物UT10C形コンテナから見た旭硝子旭硝子

    日本石油輸送所有(旭硝子借受)、ジプロピレングリコール(DPG)専用。JR貨物UT10C形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • あんみつガラス

    あんみつガラスから見た旭硝子旭硝子

    複層ガラス部分の総厚は18mmでガラス構成は室内側よりLow-Eガラス3mm、中間層(アルゴンガス層)12mm、フロートガラス(板ガラス)3mm(旭硝子製)である。またオプションとして中間層(アルゴンガス層)6mmで総厚12mmのLow-E複層ガラスタイプ、和紙柄の模様を施した複層ガラスタイプ(室内側より和紙柄ガラス3mm、中間層(空気層)6mm、板ガラス3mm)を選択できる。あんみつガラス フレッシュアイペディアより)

  • 野田淳

    野田淳から見た旭硝子旭硝子

    1985年8月 AGC旭硝子本社研究開発部 電子機材 グループ入社。野田淳 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎輝弥

    岩崎輝弥から見た旭硝子旭硝子

    輝弥は実業家としては酪農業に従事しており、立川養豚場や吉屋信子の代表作『安宅家の人々』のモデルとなったことで知られる子安農園を経営したことで知られている。だが輝弥は父・弥之助(三菱財閥の2代目総帥)や長兄・小弥太(三菱財閥の4代目総帥)、次兄・俊弥(旭硝子の創業者)のような実業家としての大きな業績はなく、専ら鉄道ファンとしてその名を知られている。岩崎輝弥 フレッシュアイペディアより)

  • 末広町 (横浜市鶴見区)

    末広町 (横浜市鶴見区)から見た旭硝子旭硝子

    1916年に浅野造船所(現在のユニバーサル造船京浜事業所)と旭硝子、1917年に浅野合資会社製鉄部(日本鋼管京浜製鉄所を経て、現在のJFEスチール東日本製鉄所)が操業を始めた。1923年9月1日の関東大震災では工場2棟が火災を起こし、社宅の多くが倒壊した。1925年には芝浦製作所(現在の東芝京浜事業所)が開設。1926年3月に浜川崎駅と弁天橋駅の間に鶴見臨港鉄道が開通。1930年10月には弁天橋駅から鶴見仮停車場まで延伸(鶴見駅乗り入れは1934年12月)、1932年6月には浅野駅と新芝浦駅の間の支線が開通、1940年11月には海芝浦駅まで延伸した。鶴見臨港鉄道は1943年に国有化され国鉄鶴見線となり、1988年には民営化により東日本旅客鉄道の路線となっている。末広町 (横浜市鶴見区) フレッシュアイペディアより)

  • 海外実業練習生

    海外実業練習生から見た旭硝子旭硝子

    山田三次郎(旭硝子会長)海外実業練習生 フレッシュアイペディアより)

  • 山の上ホテル

    山の上ホテルから見た旭硝子旭硝子

    吉田は長く旭硝子の営業部門につとめていた人物で、この前年に独立して個人事務所を設立、知人から旧・佐藤新興生活館の接収解除を伝えられたことを機にホテル業に参入した。吉田は自らの手で花森安治のコピーライティング等とも通底する個性ある広告コピーを執筆し、ホテル経営の素人であることを逆手に取った懇切な接客体制に務めるなど、その後半生を費やしてこのホテル独特のアットホームなサービス文化を築いた。吉田俊男の死後、ホテルの運営は吉田の子孫によって行われている。山の上ホテル フレッシュアイペディアより)

167件中 31 - 40件表示

「AGC」のニューストピックワード