131件中 41 - 50件表示
  • 鹿島北共同発電所

    鹿島北共同発電所から見た旭硝子旭硝子

    鹿島臨海工業地帯で工場を操業する旭硝子や三菱ガス化学など10数社が出資して設立した鹿島北共同発電株式会社が経営する発電所であり、各社への電力及び蒸気の供給を行っている。鹿島北共同発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島南共同発電所

    鹿島南共同発電所から見た旭硝子旭硝子

    鹿島臨海工業地帯で工場を操業する旭硝子や三菱ガス化学など16社が出資して設立した鹿島南共同発電株式会社が経営する発電所であり、各社への電力及び蒸気の供給を行っている。鹿島南共同発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 旭硝子財団

    旭硝子財団から見た旭硝子旭硝子

    公益財団法人旭硝子財団(あさひがらすざいだん、The Asahi Glass Foundation)は、旭硝子株式会社の創業25周年を記念して、その翌年の1933年に設立された財団法人である。その目的は、人類が真の豊かさを享受できる社会および文明の創造に寄与することである。主な事業は、以下の通り。旭硝子財団 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県須坂高等学校

    長野県須坂高等学校から見た旭硝子旭硝子

    中島陽司 - 分析化学 地球化学 (現:旭硝子 中央研究所)長野県須坂高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 門松正宏

    門松正宏から見た旭硝子旭硝子

    門松 正宏(かどまつ まさひろ、1942年(昭和17年)10月29日 - )は、日本の実業家。旭硝子代表取締役前社長・会長執行役員・CEO、ガラス産業連合会会長、日本化学工業協会副会長、財団法人日本産業技術振興協会役員。ベルギー王国より王冠勲章コマンドール章(Commander of the Order of the Crown)を受勲。門松正宏 フレッシュアイペディアより)

  • 浜五井駅

    浜五井駅から見た旭硝子旭硝子

    1990年代までは旭硝子千葉工場への専用線もあり、化学薬品を取り扱っていた。また日本合同肥料千葉工場、チッソ石油化学(現、JNC石油化学)五井工場への専用線も存在した。浜五井駅 フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県立栃木高等学校

    栃木県立栃木高等学校から見た旭硝子旭硝子

    渡辺宏(60回) - 元東京三菱銀行専務、元三菱東京フィナンシャルグループ専務、元旭硝子監査役、持田製薬監査役栃木県立栃木高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 島津忠重

    島津忠重から見た旭硝子旭硝子

    一方、旭硝子創業者岩崎俊弥との蘭を通じての交流も有名である。岩崎は、あるバンダ交配種を作出したが、サンダ-ズリスト登録前に亡くなった。忠重は岩崎を偲び、この交配種名を「メモリア・T・イワサキ」と命名し、サンダ-ズリストへ登録したというエピソードがある。島津忠重 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ソーダ工業会

    日本ソーダ工業会から見た旭硝子旭硝子

    会長 - 石村和彦(旭硝子代表取締役社長)日本ソーダ工業会 フレッシュアイペディアより)

  • ソーダ工業

    ソーダ工業から見た旭硝子旭硝子

    1914年(大正3年)に第一次世界大戦がはじまると、炭酸ナトリウムの輸入が激減し、価格が暴騰した。これを受け、1916年に旭硝子、1917年に台湾肥料、1918年に日本曹達工業(現・トクヤマ。日本曹達とは別法人)が相次いでソルベー法の工場を建設した。1921年、鈴木商店系の太陽曹達がケニアのマガディ湖の天然ソーダ販売権を取得すると、日本であえて高コストな炭酸ナトリウムを製造する必要はないとする国産ソーダ灰産業無用論が巻き起こった。しかし、天然ソーダの品質上の問題や、ユダヤ系であるブラナモンド社とマガディ・ソーダ社がいつまで低価格で卸してくれるか不透明であることなどから国産ソーダ灰産業無用論は終息に至る。ソーダ工業 フレッシュアイペディアより)

131件中 41 - 50件表示

「旭硝子」のニューストピックワード