131件中 51 - 60件表示
  • 岩崎俊弥

    岩崎俊弥から見た旭硝子旭硝子

    岩崎 俊弥(いわさき としや、明治14年(1881年)1月28日 - 昭和5年(1930年)10月16日)は日本の実業家で、旭硝子の創業者。岩崎俊弥 フレッシュアイペディアより)

  • 奥島孝康

    奥島孝康から見た旭硝子旭硝子

    財団法人旭硝子奨学会 理事奥島孝康 フレッシュアイペディアより)

  • アリアンツ・アレーナ

    アリアンツ・アレーナから見た旭硝子旭硝子

    約370億円を投じて完成したアリアンツ・アレーナの繭のような外観は半透明の特殊フィルムETFE(旭硝子製)で覆われておりスタジアム内から景色を眺めることができ、試合開催日はクラブカラーであるバイエルン・ミュンヘンの赤、1860ミュンヘンの青、ドイツ代表戦などでは白にそれぞれ発光する。アリアンツ・アレーナ フレッシュアイペディアより)

  • 村川絵梨

    村川絵梨から見た旭硝子旭硝子

    旭硝子(2004年9月 - )村川絵梨 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺宏

    渡辺宏から見た旭硝子旭硝子

    渡辺 宏(わたなべ ひろし、Hiroshi Watanabe、1941年(昭和16年) - )は日本の実業家。元三菱東京フィナンシャルグループ専務取締役。元旭硝子監査役。持田製薬社外監査役。渡辺宏 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎俊男

    岩崎俊男から見た旭硝子旭硝子

    曾祖父は三菱財閥の2代目総帥・岩崎弥之助、祖父は弥之助の次男で旭硝子の創業者・岩崎俊弥。父・寿男は三菱自動車工業常務や東北三菱自動車部品工業社長を歴任した技術者で俊弥未亡人・八穂の婿養子、母は俊弥の三女。俊男が大学卒業後三菱銀行に入行したのも「岩崎の人間である以上、三菱の役に立たなければならない、そういう意識はあった」ので、「自分の出自を考えた時に、やはり三菱に身を置くべきだろう」と考えたからである、とベンチャー座の Front Interview で語っている。岩崎俊男 フレッシュアイペディアより)

  • 宮田工業

    宮田工業から見た旭硝子旭硝子

    消防関連事業においては初田製作所やヤマトプロテック元旭硝子子会社の後、元米タイコグループ日本ドライケミカルなどと並ぶ大手企業である。二酸化炭素消火器はヤマトプロテックからのOEMで販売されている。また、宮田エコアンスルでは唯一のエコマーク認定品として発売された。消防分野で同業のモリタと資本・業務提携関係にある。宮田工業 フレッシュアイペディアより)

  • 尼崎港駅

    尼崎港駅から見た旭硝子旭硝子

    当駅の主要業務であった貨物取扱は、周辺工場への3つの専用線を発着するものを取り扱っていた。分岐する専用線は、庄下川を渡り駅南側へ続いていた住友金属工業特殊管事業所へ続くもの、庄下川北岸に沿って旭硝子関西工場へ続くもの、その途中から分岐し日本硝子尼崎工場へ続くものがあった。尼崎港駅 フレッシュアイペディアより)

  • あんみつガラス

    あんみつガラスから見た旭硝子旭硝子

    複層ガラス部分の総厚は18mmでガラス構成は室内側よりLow-Eガラス3mm、中間層(アルゴンガス層)12mm、フロートガラス(板ガラス)3mm(旭硝子製)である。またオプションとして中間層(アルゴンガス層)6mmで総厚12mmのLow-E複層ガラスタイプ、和紙柄の模様を施した複層ガラスタイプ(室内側より和紙柄ガラス3mm、中間層(空気層)6mm、板ガラス3mm)を選択できる。あんみつガラス フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山量平

    小宮山量平から見た旭硝子旭硝子

    中学校時代、特別高等警察に勾留され拷問を受けるが、特高警官の支援を受け、東京商科大学(現一橋大学)専門部に進学。1939年に大学を卒業し、旭硝子に入社。1940年旭川で大日本帝国陸軍第7師団に入営。陸軍少尉として、アッツ島の戦いで日本軍が玉砕したことを受けたキスカ島撤退作戦で、幌筵島から小樽港まで兵力撤収の輸送を先頭砕氷船で指揮した。小宮山量平 フレッシュアイペディアより)

131件中 51 - 60件表示

「旭硝子」のニューストピックワード