前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2101件中 1 - 10件表示
  • こんちゅうクン

    こんちゅうクンから見た昆虫昆虫

    小学校6年生の時に昆虫に詳しい理科の先生のところに虫を捕まえては聞きに行くのが習慣となり、昆虫が好きになる。中学時代、静岡県立浜松北高等学校在学時にはサッカーに打ち込む。九州大学農学部昆虫学教室卒業後、九州大学大学院農学研究院附属生物的防除研究施設(資源生物科学部門 農業生物資源学講座 天敵昆虫学分野)へ進む。研究テーマは「カメムシの卵に卵を産み付ける寄生蜂について」。その後、塾講師や家庭教師などを経て、2014年4月から磐田市竜洋昆虫自然観察公園に勤務。こんちゅうクン フレッシュアイペディアより)

  • 中国丹霞

    中国丹霞から見た昆虫昆虫

    赤水の丹霞を形成する岩には鉄分やマンガンが含まれており、それが丹霞地形の赤色を生み出している。しかし、丹霞の多くは緑に覆われており、ところによっては地色の赤が見えにくいほどである。そのため、「緑の丹霞」の異名もあるという。その緑には、ジュラ紀や白亜紀から残る絶滅危惧種のヘゴ(杪欏)の一種も含まれている。ヘゴは上で挙げた「赤水杪欏国家級自然保護区」という自然保護区の名前にも使われている。赤水の丹霞地形に生育する維管束植物は1964種にも及び、115種がIUCNレッドリストに掲載されている。動物相も豊かで、哺乳類72種、鳥類147種、爬虫類37種、両生類31種、魚類117種、昆虫1264種が確認されている。うち368種は中国のレッドリストに掲載されている。中国丹霞 フレッシュアイペディアより)

  • 恒温動物

    恒温動物から見た昆虫昆虫

    thumb|right|サーモグラフィー画像: ヘビがネズミを捕食恒温が「恒に体温を一定に保つ」ことと考えるなら、そのような動物は発見されていない。「積極的な体熱産生と放散を伴って能動的にある範囲に体温を保つ」こととするならば、動物では様々な分類群に分布する(珍しくもない)生理特性である。例えばウミガメ、ネズミザメ類やマグロ類、昆虫類にはほぼ一定の体温を保ち、0℃の気温や、10℃の冷水の中でも活発に活動するものがある。この時の体温はヒトやセイヨウオオマルハナバチでは40℃付近であるが、アカウミガメで23℃付近、ホホジロザメで26℃付近と比較的低い。つまり、アカウミガメやホホジロザメは“冷血”の“恒温動物”である。また、カツオやアキアカネ、カモノハシ、カッコウ等の活動時体温は外水(気)温よりも5〜10℃以上高く、40℃に達することもあるが、外温や運動の有無で体温が浮動し安定しない。つまり“温血”の“変温動物”である。このことからもわかるように、よく見る右図のような温度分布図は、その時の体温の高低を示しているに過ぎず、恒温動物と変温動物との差を象徴的に表すものではない。温血動物という言葉が用語として不適切なゆえんでもある。恒温動物 フレッシュアイペディアより)

  • 節足動物

    節足動物から見た昆虫昆虫

    神経系として、1対の神経索が体の前後に走り、体節に合わせて分節し、左右の連絡でつながるはしご形神経系がある。頭部や頭胸部の脳も体節と共に数対の神経節が融合した結果で、そこから食道を囲んで食道神経環は体の神経節に繋がる。クモ綱や昆虫の様に体節の融合が強く、神経が集中してはしご形が不明瞭な場合も少なくない。節足動物 フレッシュアイペディアより)

  • ササラダニ

    ササラダニから見た昆虫昆虫

    ササラダニは、節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目ササラダニ亜目(隠気門亜目)に属するダニの総称である。ダニ類であるが、土壌中で腐植を餌にしている。体は固く、昆虫のコウチュウ目のような姿をしている。地上で最も数が多い節足動物のひとつである。体長は大きいものでも2mmまで、小さいものは0.5mm以下のものもある。ササラダニ フレッシュアイペディアより)

  • 神羅万象チョコ 第一章

    神羅万象チョコ 第一章から見た昆虫昆虫

    昆虫・爬虫類や魚類などと共存し、高い科学技術を持ち機械工学に優れた文化の世界。部族のモチーフは玄武。イメージカラーは緑。ストーリー序盤では、戦いに誇りを持つ獣牙族と互いに共鳴し同盟を結び、飛天族と対立する。その後休戦し、打倒マステリオンのために協力体制を取る。神羅万象チョコ 第一章 フレッシュアイペディアより)

  • 脱皮

    脱皮から見た昆虫昆虫

    脱皮(だっぴ)とは、ある種の動物において、自分の体が成長していくにつれ、その外皮がまとまって剥がれることである。昆虫を含む節足動物、爬虫類、両生類などに見られる。脱皮 フレッシュアイペディアより)

  • 糞

    から見た昆虫昆虫

    人のものと似た便を出す動物種に、イヌ・ネコ・サル・ウシ・ウマなどがある。クマなどではより液体のような便をする。これらとは異なった特徴の便をするものに、ウサギやヤギ、シカなどがあり、いずれもペレット状の糞をする。ウサギは円盤状、シカは楕円形とその形にも特徴がある。草食性の昆虫も多くがペレット状の糞をする。 フレッシュアイペディアより)

  • 労働寄生

    労働寄生から見た昆虫昆虫

    なお、このような例が寄生に当たるのかどうかは一見疑問であるが、昆虫などでは寄生と見なさざるを得ない例もあり、逆に寄生と言い難い例もあり、そのあたりには議論がある。また、類似あるいは共通する概念に社会寄生があるが、この項では区別しておく。労働寄生 フレッシュアイペディアより)

  • 休眠

    休眠から見た昆虫昆虫

    その他の動物においても休眠状態を持つものは多い。昆虫の卵や蛹は動かないだけで必ずしも休眠と言うにはあたらないが、冬を蛹で過ごすものでは、羽化の条件として低温や日長条件を必要とするものがあり、明らかに休眠である。一部の動物では特殊な卵を形成し、特に耐久性がある例があり、これを耐久卵という。休眠 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2101件中 1 - 10件表示

「昆虫」のニューストピックワード