前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1736件中 1 - 10件表示
  • 恒温動物

    恒温動物から見た昆虫昆虫

    thumb|right|サーモグラフィー画像: ヘビがネズミを捕食恒温が「恒に体温を一定に保つ」ことと考えるなら、そのような動物は発見されていない。「積極的な体熱産生と放散を伴って能動的にある範囲に体温を保つ」こととするならば、動物では様々な分類群に分布する(珍しくもない)生理特性である。例えばウミガメ、ネズミザメ類やマグロ類、昆虫類にはほぼ一定の体温を保ち、0℃の気温や、10℃の冷水の中でも活発に活動するものがある。この時の体温はヒトやセイヨウオオマルハナバチでは40℃付近であるが、アカウミガメで23℃付近、ホホジロザメで26℃付近と比較的低い。つまり、アカウミガメやホホジロザメは?冷血?の?恒温動物?である。また、カツオやアキアカネ、カモノハシ、カッコウ等の活動時体温は外水(気)温よりも5?10℃以上高く、40℃に達することもあるが、外温や運動の有無で体温が浮動し安定しない。つまり?温血?の?変温動物?である。このことからもわかるように、よく見る左図のような温度分布図は、その時の体温の高低を示しているに過ぎず、恒温動物と変温動物との差を象徴的に表すものではない。温血動物という言葉が用語として不適切なゆえんでもある。植物においてもザゼンソウ、ヒトデカズラ(Philodendron selloum)、ハスなど、花器を開花期間中一定の温度に保つものが存在する。例えばザゼンソウでは4℃から15℃の外気温中で、肉穂花序の温度を24℃±1℃以内に保つが、これは多くのほ乳類や鳥類の体温日周変動幅より小さい。ただし、植物や昆虫における体温維持は花器や胸部など必要な部分および期間のみであることが多い。なお、鳥類やほ乳類も厳密な意味では全身の体温を保っているわけではない。耳介や足先などは大きく体温が変動する。ただし、日周変動の幅が1℃以内の体温(ヒト程度)を生涯保つような種の多くは、ほ乳類か鳥類である。恒温動物 フレッシュアイペディアより)

  • 中国丹霞

    中国丹霞から見た昆虫昆虫

    赤水の丹霞を形成する岩には鉄分やマンガンが含まれており、それが丹霞地形の赤色を生み出している。しかし、丹霞の多くは緑に覆われており、ところによっては地色の赤が見えにくいほどである。そのため、「緑の丹霞」の異名もあるという。その緑には、ジュラ紀や白亜紀から残る絶滅危惧種のヘゴ(桫?)の一種も含まれている。ヘゴは上で挙げた「赤水桫?国家級自然保護区」という自然保護区の名前にも使われている。赤水の丹霞地形に生育する維管束植物は1964種にも及び、115種がIUCNレッドリストに掲載されている。動物相も豊かで、哺乳類72種、鳥類147種、爬虫類37種、両生類31種、魚類117種、昆虫1264種が確認されている。うち368種は中国のレッドリストに掲載されている。中国丹霞 フレッシュアイペディアより)

  • ササラダニ

    ササラダニから見た昆虫昆虫

    ササラダニは、節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目ササラダニ亜目(隠気門亜目)に属するダニの総称である。ダニ類であるが、土壌中で腐植を餌にしている。体は固く、昆虫のコウチュウ目のような姿をしている。地上で最も数が多い節足動物のひとつである。体長は大きいものでも2mmまで、小さいものは0.5mm以下のものもある。ササラダニ フレッシュアイペディアより)

  • 脱皮

    脱皮から見た昆虫昆虫

    脱皮(だっぴ)とは、ある種の動物において、自分の体が成長していくにつれ、その外皮がまとまって剥がれることである。昆虫を含む節足動物、爬虫類、両生類などに見られる。脱皮 フレッシュアイペディアより)

  • 神羅万象チョコ 第一章

    神羅万象チョコ 第一章から見た昆虫昆虫

    昆虫・爬虫類や魚類などと共存し、高い科学技術を持ち機械工学に優れた文化の世界。部族のモチーフは玄武。イメージカラーは緑。ストーリー序盤では、戦いに誇りを持つ獣牙族と互いに共鳴し同盟を結び、飛天族と対立する。その後休戦し、打倒マステリオンのために協力体制を取る。神羅万象チョコ 第一章 フレッシュアイペディアより)

  • 生き餌

    生き餌から見た昆虫昆虫

    渓流では川虫が最も生き餌の対象となる。しかし、ヤマメ、イワナ、オイカワ、カワムツなど、比較的多くの川魚は夏季には水面に落下した昆虫を食べることも多いため、アリやバッタなどの陸生昆虫を餌にすることもできる。生き餌 フレッシュアイペディアより)

  • 休眠

    休眠から見た昆虫昆虫

    その他の動物においても休眠状態を持つものは多い。昆虫の卵や蛹は動かないだけで必ずしも休眠と言うにはあたらないが、冬を蛹で過ごすものでは、羽化の条件として低温や日長条件を必要とするものがあり、明らかに休眠である。一部の動物では特殊な卵を形成し、特に耐久性がある例があり、これを耐久卵という。休眠 フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館

    ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館から見た昆虫昆虫

    ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館(-どうぶつがくはくぶつかん、Walter Rothschild Zoological Museum )は、イングランドのハートフォードシャー・トリングにある動物学博物館。ロンドン自然史博物館の分館であると同時に同博物館の鳥類学部門の本拠地である。鳥類学の研究施設としては世界でも有数であり、海外からの研究者の来訪も多い。鳥類・哺乳類・爬虫類の剥製標本コレクションと昆虫標本コレクションの質の高さで有名。ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの動物相

    オーストラリアの動物相から見た昆虫昆虫

    ''(オーストラリアのどうぶつそう、)は、膨大な種類の固有の動物群で構成される。オーストラリア大陸に分布する哺乳類の83%、爬虫類の89%、魚類の90%、昆虫類の90%、両生類の93%は固有種である。この高い水準を持つオーストラリアの動物の固有性は、大陸の長い期間の地理的隔離、地殻構造上の安定性、地質年代を超えた土壌と植物相上の風変わりなパターンに起因しているといえる。オーストラリアの動物相の独特の特徴は、オーストラリア以外で主要なニッチを占める胎盤を持つ哺乳類(有胎盤類)との相対的な希少性である。つまりカンガルー類やコアラ、ポッサムが属するカンガルー目、そしてタスマニアデビルが属するフクロネコ目のように有袋類―育児嚢で未熟な乳仔を育てる一群の哺乳類―がニッチの多くを占める。オーストラリアは単孔類(カモノハシ目)の5つの現存している種のうちの2つの生息地である。また多数の有毒な種、たとえばカモノハシの他、クモ、サソリ、ヒョウモンダコなどの軟体動物、クラゲ、オニダルマオコゼとアカエイ科などが分布している。オーストラリアは他の地域と比べて有毒ヘビが無毒ヘビより多い。オーストラリアの動物相 フレッシュアイペディアより)

  • 水生カメムシ類

    水生カメムシ類から見た昆虫昆虫

    水生カメムシ類(すいせいカメムシるい)とは、カメムシ目カメムシ亜目に所属する昆虫のうち、水中、水面、水際など水環境に生息する種類の便宜上の総称である。分類学的にはタイコウチ下目、アメンボ下目、ミズギワカメムシ下目の3下目にまたがっており、あくまでも人為的なくくりである。タガメやタイコウチなど水生昆虫の中でも目立つものも多く、昆虫愛好者などに人気が高い。水生カメムシ類 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1736件中 1 - 10件表示

「昆虫」のニューストピックワード