2101件中 101 - 110件表示
  • ナマズ

    ナマズから見た昆虫昆虫

    基本的に夜行性で、昼間は流れの緩やかな平野部の河川、池沼・湖の水底において、岩陰や水草の物陰に潜んでいる。感覚器として発達した口ヒゲを利用して餌を探し、小魚、甲殻類、昆虫、カエル、ミミズ、亀などの小動物を捕食する。日本の淡水域の生態系では、食物連鎖の上位に位置するとみられる。一般的な活動水温は10-30℃の範囲とされ、冬期は泥の中や岩の間に隠れ、ほとんど動かない。ナマズ フレッシュアイペディアより)

  • カ

    から見た昆虫昆虫

    カ(蚊)は、ハエ目(双翅目)糸角亜目カ科(学名: )に属する昆虫である。ナガハシカ属、イエカ属、ヤブカ属、ハマダラカ属など35属、約2,500種が存在する。ヒトなどから吸血し、種によっては各種の病気を媒介する衛生害虫である。 フレッシュアイペディアより)

  • 毒

    から見た昆虫昆虫

    英語では広義の毒全てを総称して poison と呼ぶ一方、昆虫を含む動物が噛んだり刺したりすることによって注入する毒を venom と呼ぶ。また19世紀に生まれた学術的な概念として、動物・植物・微生物を含む生物由来の毒を総称する toxin(毒素)という語もある。つまり、poison > toxin > venom の順に範囲が狭くなっている。(但し、食中毒を起こさない種類の毒でも、例えば口内に傷があったりすると毒が血液中に回る可能性があるので、ヘビに咬まれた他人の傷口を口で吸いだしたりするのは危険である。) フレッシュアイペディアより)

  • 陰茎

    陰茎から見た昆虫昆虫

    陰茎は、雄性生殖巣の出口に位置し、そこから突出するか、必要な場合に突き出すことができる。生殖巣の出口は肛門と共通であるか、あるいはそれに近い所にある例が多いため、陰茎もそこにある場合が多い(脊椎動物や昆虫類)が、例外もある。例えばミミズ類では体の前半、環帯より前の体節にあり、カタツムリなどでは体中央付近側面にある。陰茎 フレッシュアイペディアより)

  • 雄性先熟

    雄性先熟から見た昆虫昆虫

    一般に虫媒花で多く見られる。垂直的な花序を持つ植物では、花序の下方の花が先に咲くので、花序全体が開花している時は、下の花が雌性期・上の花が雄性期になる(先に咲いた花が早く性表現を変えるから)。花を訪れる昆虫(とくにハナバチ類)は花序の下から上へ向かって移動する傾向にある。この場合、他株の花からやって来たハチは、下の雌期の花に他株由来の花粉をつけ、上の雄期の花から花粉を運び出すことになる。このように、雄性先熟には他家受粉の機会を大きくする意義がある。雄性先熟 フレッシュアイペディアより)

  • キマワリ

    キマワリから見た昆虫昆虫

    キマワリ(木廻、Plesiophthalmus nigrocyaneus)は、甲虫目ゴミムシダマシ科の昆虫の一種。ゴミムシダマシ類の中では比較的大な甲虫で、目につきやすい普通種である。しかし知名度が低い。キマワリ フレッシュアイペディアより)

  • 異人類

    異人類から見た昆虫昆虫

    より一般的な意味の異人類として、ヒト科ヒト属以外の生物が考えられる。しかし、その存在を示す証拠は皆無であり、ほとんどがSFの領域で言及されるに留まる。たとえば、イヌやイルカなどの霊長類以外の哺乳類、あるいは、昆虫、爬虫類などの特定の時代における繁栄種で、直立二足歩行や言語の使用といった、ホモサピエンスと同様の形質・行動を会得した生物が想定されることがある。中でも考古学者・生物学者のデール・ラッセルによって提唱された「ディノサウロイド」(恐竜人類)は、その最も学術的なモデルとして有名である。異人類 フレッシュアイペディアより)

  • NGOア∞ス

    NGOア∞スから見た昆虫昆虫

    構成員をゴミ拾いレンジャーと称し、5レンジャーや果物や昆虫などのコスプレをし、毎月1回名古屋駅周辺の清掃活動を行っている。この背景には、「ゴミを拾っている人が楽しむことができる」、「見ている人も楽しむことができる」、「あいさつやゴミに対する呼びかけがしやすくなる」、「参加しやすい」という思いが込められているが、必ずコスプレをしなければいけないという義務は無い。NGOア∞ス フレッシュアイペディアより)

  • マウンドヴィル

    マウンドヴィルから見た昆虫昆虫

    二例目に挙げられるのは、Willoughby Diskと呼ばれるもので、暗灰色の頁岩のような石材を用いたものである。この石材の産地はいまだにどの場所であるか特定されていないが、近隣でみられる石材を用いたものであると推定される。Willoughby Diskの裏面は様々な文様を混合的に組み合せて刻んでいる。中央部分には、ロープのようなものがらせん状に二つの頭骸骨をつなげるような文様が刻まれ、右脇には目のある二つの手と両脇に花弁のようなものがついた矢が刻まれている。左脇には昆虫のらせん状の口と蛾のような羽をつけた奇妙な生き物が刻まれている。このような文様の組み合わせについては、いまだに性格がわからないものの、それぞれが単体でマウンドヴィルの土器に刻まれているものであるので、在地的なものと考えられる。石材は特殊なものではあるが、おそらく文様はマウンドヴィルの工人によって施文されたと考えられる。マウンドヴィル フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市中央区警固

    福岡市中央区警固から見た昆虫昆虫

    上記に書いたように、警固には森がある。そこに、鼬や、蛇、様々な昆虫、植物(山菜)が生息している。福岡市中央区警固 フレッシュアイペディアより)

2101件中 101 - 110件表示

「昆虫」のニューストピックワード