1736件中 11 - 20件表示
  • ウルトラセブンの登場怪獣

    ウルトラセブンの登場怪獣から見た昆虫昆虫

    地球人を「昆虫」呼ばわりし、地球侵略のために地球人を標本として集めていた。頭脳は発達しているが戦闘能力はほとんどなく、保護色で透明化したクール円盤の中からは決して出てこない。蜘蛛のような姿で大きな目があり、円盤内で浮遊している。円盤をダンが発案した噴霧弾に着色され、ウルトラホーク1号やウインダムと交戦後、円盤内に入ったセブンにアイスラッガーで頭部を切断されて倒され、さらわれた人々も救出された。ウルトラセブンの登場怪獣 フレッシュアイペディアより)

  • 草食動物

    草食動物から見た昆虫昆虫

    草食動物の感覚器官はもっぱら警報用であり、鋭敏ではあるが正確さは重視されていないことが多い。それが最も顕著に出ている有名な例は目の付き方であろう。多くの草食ほ乳類では、両眼視ができる=相手の距離や大きさが正確にわかるのは視野の内のほんの一部かつ、それは網膜の周辺部であるため解像度が悪いが、視野そのものは広い。しかも長い頸により高いところから見渡せるので肉食ほ乳類よりも遙かに広い視界をもつ。運動器官も同様で、もっぱら逃走のみに特化している。例えばウシやウマのもつ蹄は走るということにおいては、オオカミやチーターの足よりも効率がよいが、もはや走ること以外には使えないと言って差し支えない物である。同じくバッタやウサギの強大な後ろ足は大きく飛んで相手の目くらましを行うには便利であるが、特定の場所ないし獲物に飛びつくには不便である。運動・視覚・聴覚は食物の獲得への寄与は低いためか、毛虫やテッポウムシ、アブラムシ、ウニ、貝など防御を逃走や闘争に頼っていないものではそろって発達が悪いことも多く認められる。また、一般論として脊椎動物における大脳や昆虫における本能的行動の複雑さなど思考的部分の発達程度は肉食性の低いものほど劣る傾向にある。これも食物の獲得にいわゆる「頭の良さ」の寄与する程度が低いことによっていると思われる。草食動物 フレッシュアイペディアより)

  • 体内受精

    体内受精から見た昆虫昆虫

    精包を受け渡す例:精子の入ったカプセルのようなものを雄が体外に出し、それを雌が取り込むやり方である。昆虫のトビムシ類では雄があちこちに精包をばらまくようにして雌が適宜それを拾う、というものから、雌雄でペアを作って雄が精包へ雌を誘導するものまである。他にサソリなどのクモ綱や軟体動物の頭足類などが有名である。毛顎動物もこれに近い。体内受精 フレッシュアイペディアより)

  • エゾタヌキ

    エゾタヌキから見た昆虫昆虫

    食性は、一般に狩りはせず、地面に落ちている木の実や昆虫、動物の死体、無脊椎動物などいろいろな物を食べる雑食性。エゾタヌキ フレッシュアイペディアより)

  • 標本 (分類学)

    標本 (分類学)から見た昆虫昆虫

    昆虫も外骨格が発達しているから乾燥標本が作れる。殺虫剤で殺し、足を広げて乾燥させる。詳しくは昆虫採集の項を参照。ただし、昆虫以外の節足動物は、ほとんどが液浸標本を標準としている。標本 (分類学) フレッシュアイペディアより)

  • ヒサゴクサキリ

    ヒサゴクサキリから見た昆虫昆虫

    バッタ目キリギリス科の昆虫。和名はクサキリの仲間で背面の模様がひさご(ひょうたん)の形をしている事による。ヒサゴクサキリ フレッシュアイペディアより)

  • クルマバッタモドキ

    クルマバッタモドキから見た昆虫昆虫

    クルマバッタモドキ(車飛蝗擬、Oedaleus infernalis)は、バッタ目バッタ科の昆虫。背面に1対の白い「く」の模様があり、「X」の形に見える。クルマバッタモドキ フレッシュアイペディアより)

  • ヤブキリ

    ヤブキリから見た昆虫昆虫

    ヤブキリ(藪螽斯、)は、バッタ目キリギリス科の昆虫。藪に棲むキリギリスの意味。主に日本の本州(中西部の平地)、四国、九州に分布する。ヤブキリ フレッシュアイペディアより)

  • ヒメギス

    ヒメギスから見た昆虫昆虫

    ヒメギス(姫螽斯、Eobiana engelhardti subtropica)は、バッタ目キリギリス科の昆虫ヒメギス フレッシュアイペディアより)

  • グルーミング

    グルーミングから見た昆虫昆虫

    昆虫の大部分は定期的に体、特に触角の掃除を行う。海洋哺乳類はざらざらの地面や水底にこすりつけることによって体をきれいにする。グルーミング フレッシュアイペディアより)

1736件中 11 - 20件表示

「昆虫」のニューストピックワード