2101件中 11 - 20件表示
  • 草食動物

    草食動物から見た昆虫昆虫

    草食動物の感覚器官はもっぱら警報用であり、鋭敏ではあるが正確さは重視されていないことが多い。それが最も顕著に出ている有名な例は目の付き方であろう。多くの草食哺乳類では、両眼視ができる=相手の距離や大きさが正確にわかるのは視野の内のほんの一部かつ、それは網膜の周辺部であるため解像度が悪いが、視野そのものは広い。しかも長い頸により高いところから見渡せるので肉食哺乳類よりも遙かに広い視界をもつ。運動器官も同様で、もっぱら逃走のみに特化している。例えばウシやウマのもつ蹄は走るということにおいては、オオカミやチーターの足よりも効率がよいが、もはや走ること以外には使えないと言って差し支えない物である。同じくバッタやウサギの強大な後ろ足は大きく飛んで相手の目くらましを行うには便利であるが、特定の場所ないし獲物に飛びつくには不便である。運動・視覚・聴覚は食物の獲得への寄与は低いためか、毛虫やテッポウムシ、アブラムシ、ウニ、貝など防御を逃走や闘争に頼っていないものではそろって発達が悪いことも多く認められる。また、一般論として脊椎動物における大脳や昆虫における本能的行動の複雑さなど思考的部分の発達程度は肉食性の低いものほど劣る傾向にある。これも食物の獲得にいわゆる「頭の良さ」の寄与する程度が低いことによっていると思われる。草食動物 フレッシュアイペディアより)

  • 水生カメムシ類

    水生カメムシ類から見た昆虫昆虫

    水生カメムシ類(すいせいカメムシるい)とは、カメムシ目カメムシ亜目に所属する昆虫のうち、水中、水面、水際など水環境に生息する種類の便宜上の総称である。分類学的にはタイコウチ下目、アメンボ下目、ミズギワカメムシ下目の3下目にまたがっており、あくまでも人為的なくくりである。タガメやタイコウチなど水生昆虫の中でも目立つものも多く、昆虫愛好者などに人気が高い。水生カメムシ類 フレッシュアイペディアより)

  • エリシター

    エリシターから見た昆虫昆虫

    タンパク質、多糖類、オリゴ糖、脂質、糖ペプチドなどの病原菌、植物、昆虫に由来する多様な生体分子に加え、重金属などもエリシターとして機能する。エリシター フレッシュアイペディアより)

  • ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館

    ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館から見た昆虫昆虫

    ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館(ウォルター・ロスチャイルドどうぶつがくはくぶつかん、Walter Rothschild Zoological Museum)は、イングランドのハートフォードシャー・トリングにある動物学博物館。ロンドン自然史博物館の分館であると同時に同博物館の鳥類学部門の本拠地である。鳥類学の研究施設としては世界でも有数であり、海外からの研究者の来訪も多い。鳥類・哺乳類・爬虫類の剥製標本コレクションと昆虫標本コレクションの質の高さで有名。ウォルター・ロスチャイルド動物学博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 免疫系

    免疫系から見た昆虫昆虫

    この困難な課題を克服して生き延びるために、病原体を認識して中和する機構が一つならず進化した。細菌のような簡単な単細胞生物でもウイルス感染を防御する酵素系をもっている。その他の基本的な免疫機構は古代の真核生物において進化し、植物、魚類、ハ虫類、昆虫に残存している。これらの機構はディフェンシンと呼ばれる抗微生物ペプチドが関与する機構であり、貪食機構であり、 補体系である。ヒトのような脊椎動物はもっと複雑な防御機構を進化させた。脊椎動物の免疫系は多数のタイプのタンパク質、細胞、器官、組織からなり、それらは互いに入り組んだダイナミックなネットワークで相互作用している。このようないっそう複雑な免疫応答の中で、ヒトの免疫系は特定の病原体に対してより効果的に認識できるよう長い間に適応してきた。この適応プロセスは適応免疫あるいは獲得免疫(あるいは後天性免疫)と呼ばれ、免疫記憶を作り出す。特定の病原体への初回応答から作られた免疫記憶は、同じ特定の病原体への2回目の遭遇に対し増強された応答をもたらす。獲得免疫のこのプロセスがワクチン接種の基礎である。免疫系 フレッシュアイペディアより)

  • 生き餌

    生き餌から見た昆虫昆虫

    渓流では川虫が最も生き餌の対象となる。しかし、ヤマメ、イワナ、オイカワ、カワムツなど、比較的多くの川魚は夏季には水面に落下した昆虫を食べることも多いため、アリやバッタなどの陸生昆虫を餌にすることもできる。生き餌 フレッシュアイペディアより)

  • ゲジ

    ゲジから見た昆虫昆虫

    多足類全般にしても例外的に、ゲジは複眼をもつ。この複眼は偽複眼 (pseudofacetted eyes) とも呼ばれたが、これはかつて多足類と昆虫類(現六脚類)は近縁とされることと解剖学的構造の違いにより、多足類の単眼は退化した複眼による結果で、ゲジの目はその単眼から再び集約する二次的な複眼という仮説に従った。ゲジ フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラセブンの登場怪獣

    ウルトラセブンの登場怪獣から見た昆虫昆虫

    地球人を「昆虫」呼ばわりし、地球侵略のために彼らを「標本」として円盤から発射される蒸発光線を発射し、円盤内に拉致する。頭脳は発達しているが戦闘能力はほとんどなく、保護色で透明化したクール円盤の中からは決して出てこないが、尻尾からは神経を麻痺させるクールガスを発射する。大きな双眼を持つ蜘蛛のような姿で円盤内を浮遊しており、後にウルトラ警備隊を通して人類に降伏を要求する。ダンの発案した噴霧弾(特殊噴霧装置)で円盤を赤色に着色され、保護色が効かなくなり、ウルトラホーク1号やウインダムと交戦後、円盤内に入ったセブンにアイスラッガーで頭部を切断されて倒され、拉致されていた人々も救出される。ウルトラセブンの登場怪獣 フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの動物相

    オーストラリアの動物相から見た昆虫昆虫

    オーストラリアの動物相(オーストラリアのどうぶつそう、)は、膨大な種類の固有の動物群で構成される。オーストラリア大陸に分布する哺乳類の83%、爬虫類の89%、魚類の90%、昆虫類の90%、両生類の93%は固有種である。この高い水準を持つオーストラリアの動物の固有性は、大陸の長い期間の地理的隔離、地殻構造上の安定性、地質年代を超えた土壌と植物相上の風変わりなパターンに起因しているといえる。オーストラリアの動物相の独特の特徴は、オーストラリア以外で主要なニッチを占める胎盤を持つ哺乳類(有胎盤類)との相対的な希少性である。つまりカンガルー類やコアラ、ポッサムが属する双前歯目、そしてタスマニアデビルが属するフクロネコ目のように有袋類―育児嚢で未熟な乳仔を育てる一群の哺乳類―がニッチの多くを占める。オーストラリアは単孔類(カモノハシ目)の5つの現存している種のうちの2つの生息地である。また多数の有毒な種、たとえばカモノハシの他、クモ、サソリ、ヒョウモンダコなどの軟体動物、クラゲ、オニダルマオコゼとアカエイ科などが分布している。オーストラリアは他の地域と比べて有毒ヘビが無毒ヘビより多い。オーストラリアの動物相 フレッシュアイペディアより)

  • エゾタヌキ

    エゾタヌキから見た昆虫昆虫

    食性は、一般に狩りはせず、地面に落ちている木の実や昆虫、動物の死体、無脊椎動物などいろいろな物を食べる雑食性。エゾタヌキ フレッシュアイペディアより)

2101件中 11 - 20件表示

「昆虫」のニューストピックワード