2101件中 21 - 30件表示
  • ヒサゴクサキリ

    ヒサゴクサキリから見た昆虫昆虫

    バッタ目キリギリス科の昆虫。和名はクサキリの仲間で背面の模様がひさご(ひょうたん)の形をしている事による。ヒサゴクサキリ フレッシュアイペディアより)

  • 吻

    から見た昆虫昆虫

    昆虫のゾウムシ類では頭部の前端が前に伸びて棒状となり、その先端に口が開く。この突出部を吻という。ウミグモの頭部も口が突出して、これを吻と呼んでいる。 フレッシュアイペディアより)

  • 超鞭毛虫

    超鞭毛虫から見た昆虫昆虫

    超鞭毛虫(ちょうべんもうちゅう、学名: )は、木材食の昆虫の消化管内に生息する鞭毛虫の一群である。名前の通り、細胞表面に多数の鞭毛を持っている。和名ではケカムリ類とも呼ばれる。超鞭毛虫 フレッシュアイペディアより)

  • さんかくぼうしのミンミン

    さんかくぼうしのミンミンから見た昆虫昆虫

    すべてのページにキャラクターや動物と昆虫たちが盛り込まれていて、隠し絵本として、その動物や昆虫たちを見つけながら「ミンミン昆虫動物図鑑」と照らし合わせる事ができる。さんかくぼうしのミンミン フレッシュアイペディアより)

  • アズチグモ

    アズチグモから見た昆虫昆虫

    野山の草や低木の上に住んでおり、都市部では稀だが人里周辺でも見られる。両前脚を広げてほかの昆虫などを待ち伏せる。花の周辺で擬態し、チョウやハチなど飛来する昆虫を捕らえることが多く、自分より大きな獲物をよく捕らえる。 またハエトリグモなども捕食するとされている。アズチグモ フレッシュアイペディアより)

  • 体内受精

    体内受精から見た昆虫昆虫

    精包を受け渡す例:精子の入ったカプセルのようなものを雄が体外に出し、それを雌が取り込むやり方である。昆虫のトビムシ類では雄があちこちに精包をばらまくようにして雌が適宜それを拾う、というものから、雌雄でペアを作って雄が精包へ雌を誘導するものまである。他にサソリなどのクモ綱や軟体動物の頭足類などが有名である。毛顎動物もこれに近い。体内受精 フレッシュアイペディアより)

  • 微胞子虫

    微胞子虫から見た昆虫昆虫

    微胞子虫(びほうしちゅう、Microsporidia)はさまざまな動物の細胞内に寄生する単細胞真核生物の一群で、これまでに1200種以上が知られている。昆虫、甲殻類、魚類、ヒトを含む哺乳類などに感染する病原体が多く含まれている。かつては粘液胞子虫(現在は多細胞動物起源とされる)とともに原生動物門胞子虫綱、あるいは極嚢胞子虫綱に入れられたが、現在では極めて特殊化した菌類だと考えられ、独立な分類群と考えられている。微胞子虫 フレッシュアイペディアより)

  • インセクトロン

    インセクトロンから見た昆虫昆虫

    インセクトロン(Insecticons)とは、『トランスフォーマー』シリーズに登場する昆虫型ロボット生命体である。インセクトロン フレッシュアイペディアより)

  • 繭

    から見た昆虫昆虫

    一般的には昆虫、特にガにおける、絹糸の繊維質のものをさす。更に狭い意味では、カイコのそれを指し、絹糸の原料である。(を参照のこと) フレッシュアイペディアより)

  • 合胞体

    合胞体から見た昆虫昆虫

    合胞体は、数個から数千個もの核を含んだ細胞質の塊とも呼べる、一つの巨大な細胞である。合胞体が形成されるメカニズムは大きく二つに分けられる。一つは不完全な細胞分裂によって一個の細胞内に複数の核が作られる場合、もう一つは正常に形成された細胞同士が細胞融合を起こして複数の核を持つ巨大な細胞になる場合である。前者には昆虫の初期胚形成が、後者には骨格筋繊維の形成や哺乳類の胎盤、ウイルス感染細胞が、それぞれ代表的な例として挙げられる。なお、多核体は普通はこの前者の型に当たる。合胞体 フレッシュアイペディアより)

2101件中 21 - 30件表示

「昆虫」のニューストピックワード