2101件中 31 - 40件表示
  • 冒険!イクサー3

    冒険!イクサー3から見た昆虫昆虫

    性格は無鉄砲かつ脳天気、また好奇心が強く生き物が好きで、食人昆虫や動物たちともすぐ仲良しになった。最初は戦いを「遊び」と考えている節があったが、ネオスとの戦いを通じ次第に成長していく。冒険!イクサー3 フレッシュアイペディアより)

  • 標本 (分類学)

    標本 (分類学)から見た昆虫昆虫

    昆虫も外骨格が発達しているから乾燥標本が作れる。殺虫剤で殺し、足を広げて乾燥させる。詳しくは昆虫採集の項を参照。ただし、昆虫以外の節足動物は、ほとんどが液浸標本を標準としている。標本 (分類学) フレッシュアイペディアより)

  • 城のある町にて

    城のある町にてから見た昆虫昆虫

    悲しいまでに晴れた空の下、甍を並べた町並みの中で人々は暮していた。I湾(伊勢湾)の海のパノラマの眺め、城跡の木立で文法の練習をしているように鳴く法師蝉、昆虫と戯れる子供ら、夜になると活気づく青年たち、秋が近づく自然の移り変わりを感じながら、峻はそれらを眺めた。城のある町にて フレッシュアイペディアより)

  • くもの饗宴

    くもの饗宴から見た昆虫昆虫

    1912年に芸術劇場(Théâtre des Arts)の依嘱によって依嘱されたバレエであり、アンリ・ファーブルの『昆虫記』に霊感を受けている。むしろ象徴主義的な作品であり(モーリス・メーテルランクも昆虫の生態に情熱を注いだ)、バレエの大筋は、女郎蜘蛛の巣にかかって喰われてしまう昆虫たちに関連している。くもの饗宴 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ドリトル

    ジョン・ドリトルから見た昆虫昆虫

    動物語は最初、英語やスウェーデン語が話せるオウムのポリネシアから教わり、ポリネシアやマシュー・マグに薦められて獣医師に転業した頃には哺乳類や鳥類は無論のこと、ワニのような大型の爬虫類とも問題無く会話が出来るようになった。魚類は『アフリカゆき』の頃はサメのような大型のものとなら会話が出来たが、後に『航海記』ではもっと小型の魚や貝類との会話にも成功している。『月からの使い』ではモールスの発明した電信機を改良した機械を通じて昆虫との会話に成功し、続巻の『月へゆく』では地球上のものより大型の固有種ながら植物との会話にも成功した。先生が動物との会話に際して最も苦労する点は人間に尻尾が無いことで、尻尾を使ったジェスチャーが必要な場合はモーニングコートの裾で代用している。動物語が話せることについては、一般人に説明しても変人扱いされるだけなので普段は秘密にしている。しかし必要に迫られた場合は口外しないことを条件に打ち明ける場合もある。ジョン・ドリトル フレッシュアイペディアより)

  • 剥製

    剥製から見た昆虫昆虫

    脊椎動物以外に対しては、イセエビ類などの甲殻類や、昆虫類にこの剥製手法が用いられることもあるともされるが、甲殻類、昆虫類のなかでは甲虫類はきわめて強固な外骨格を持ち、外骨格内の内容物をすべて除去して外骨格に防腐処理を施せば極めて容易に形態保存が可能であり、そもそも外骨格は「皮」ではないことから、甲殻類や甲虫類に対するそれは、厳密には剥製技術とは呼ばないことも多い。剥製 フレッシュアイペディアより)

  • リオック

    リオックから見た昆虫昆虫

    リオック(学名:)は、インドネシアに生息する昆虫の一種。キリギリス亜目- コロギス上科 (en) - Stenopelmatidae科 (en) - Sia属に分類される大型の直翅目昆虫であり、日本国内ではオバケコロギス(お化け蟋蟋螽)の名称で動物園で展示されたこともある。また通称である「リオック」は、生息地での現地人による呼称の表音を和文カナ表記したものである。生息はインドネシアでのみ確認されている。コロギス上科に属するが、近縁のコオロギ類(コオロギ上科)と外見的に大差ないことと、原産地以外では、虫同士を闘わせる娯楽映像作品(後述)で比較的知名度を上げた日本を例外として、2013年現在でも世界ではあまり知られた存在ではない。リオック フレッシュアイペディアより)

  • ムシムシ大行進

    ムシムシ大行進から見た昆虫昆虫

    昆虫を撮影したフィルムを編集し、アフレコを入れてストーリー仕立てにしたものを放送していた帯番組で、6回分(1週放送分)を1話として放送していた。ムシムシ大行進 フレッシュアイペディアより)

  • サターンオオカブト

    サターンオオカブトから見た昆虫昆虫

    サターンオオカブトまたはサタンオオカブト (Dynastes satanas) は、コウチュウ目(鞘翅目)・コガネムシ科・カブトムシ亜科・真性カブトムシ族に分類される昆虫(カブトムシ)の一種。種名は元ヘブライ語の「敵対者または悪魔」の意味であるサタン(satanus)に由来する。2010年(平成22年)6月23日よりワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約 CITES)の附属書IIに掲載されている。サターンオオカブト フレッシュアイペディアより)

  • 古生代

    古生代から見た昆虫昆虫

    古生代においては、シルル紀に至るまで単細胞生物のみが陸上で生活していた。シルル紀に突入すると多くの植物が上陸し、地上での成長を開始した。これらの植物は最初、水面に近く比較的湿度の高い場所を好んで生息していた。デボン紀では乾燥した気候に耐えられる植物も出現し、それまで簡易的であった植物の構造を一転させ、より複雑なものへと変化していく。シルル紀では昆虫の生存が確認された。古生代 フレッシュアイペディアより)

2101件中 31 - 40件表示

「昆虫」のニューストピックワード