1736件中 31 - 40件表示
  • インセクタリウム

    インセクタリウムから見た昆虫昆虫

    生物学の研究室や動物園のような生物展示施設において、あるいはペットとして昆虫を飼育するときの昆虫飼育設備。昆虫館を参照。インセクタリウム フレッシュアイペディアより)

  • ハエ取り紙

    ハエ取り紙から見た昆虫昆虫

    主にロジンと油(ひまし油など)などを原料とする粘着性の強い粘性を持った液体がシートに塗布されており、これに接触した昆虫など小動物が粘りつくことで捕らえられる。これは所謂接着ではないため、揮発性の高い溶剤が乾くことで固化しないようになっており、概ね塗布された液体の面が出ている限りは対象を捉えることが出来るが、大抵は(大量の虫が貼り付いている状態は見た目の上でも衛生的に見えないなどの事情で)ある程度の期間が経ったら新しいものに交換される。ハエ取り紙 フレッシュアイペディアより)

  • 超鞭毛虫

    超鞭毛虫から見た昆虫昆虫

    超鞭毛虫類(Hypermastigida)は、木材食の昆虫の消化管内に生息する鞭毛虫の仲間である。名前の通り、細胞表面に多数の鞭毛を持っている。和名ではケカムリ類とも呼ばれる。系統的にはむしろ寄生性の原虫として有名なトリコモナス類に近く、これと合わせてパラバサリア類と呼ばれる。属名の最後が「-nympha」で終わるものが多いが、いわゆる「妖精」や「花嫁」を連想させるとはとても思えない外見の鞭毛虫類である。超鞭毛虫 フレッシュアイペディアより)

  • 動物虐待

    動物虐待から見た昆虫昆虫

    動物でも、哺乳類等の、一般的にペット等の愛玩動物として扱われる事が多い種類の物では、それらを不当に扱う・扱われる事に、一定の不快感を覚える人が多いとされる。その一方で、自身のストレスから加虐を行う人も一定数存在する他、加虐する・またはその行為を見る事で性的興奮をおぼえるとする人も存在し、代替として昆虫やカエル等を用いるアダルトビデオが合法的に流通している現状がある。(これについては獣姦の項を参照のこと)動物虐待 フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・オズボーン・ウィルソン

    エドワード・オズボーン・ウィルソンから見た昆虫昆虫

    ウィルソンはアラバマ州バーミングハムで生まれた。自伝『ナチュラリスト』によれば、幼少期はワシントンDCの近郊とアラバマ州モービルの田舎を行き来しながら過ごした。早くから彼は自然に興味を向けた。彼の両親、エドワードとイネス・ウィルソンは彼が7歳の時に離婚した。同年、釣りの事故で目に障害を負っている。彼は父と継母に連れられて、街をいくつか渡り歩いた。そのため、ほ乳類や鳥類への興味を次第に昆虫へ移していった。その頃にはボーイスカウトに所属しており、9歳の時に初めてワシントンDC近郊のロック・クリーク・パークへ遠征した。13歳の時にモービルの生息していないはずのファイヤーアントを発見した。彼が大学へ入学するまでにファイヤーアントはアラバマ州全体へ拡大した。エドワード・オズボーン・ウィルソン フレッシュアイペディアより)

  • さんかくぼうしのミンミン

    さんかくぼうしのミンミンから見た昆虫昆虫

    すべてのページにかわいいキャラクターや動物と昆虫たちが盛り込まれていて、隠し絵本として、その動物や昆虫たちを見つけながら|さんかくぼうしのミンミン|ミンミン昆虫動物図鑑と照らし合わせ楽しく学べる。さんかくぼうしのミンミン フレッシュアイペディアより)

  • 関節肢

    関節肢から見た昆虫昆虫

    関節肢(かんせつし)とは、昆虫などの節足動物に見られる基節・腿節・脛節・跗節等と呼ばれる数個の関節化した節によって構成されている脚の構造であり、「節足動物」の名の由来となっている。そのため、時にこれを節足(せっそく)という場合もあるが、生物学的用語ではない。関節肢 フレッシュアイペディアより)

  • セイヨウシミ

    セイヨウシミから見た昆虫昆虫

    行動は敏捷で、光を避ける性質(負の走光性)がある。英語では「銀の魚 (silverfish)」と呼ぶが、これはその体形や、光沢のある“鱗”をまとった様子、魚が泳ぐような走り方などに由来し、「紙魚」というのと同じ発想である。一方、種小名のsaccharinaは、「砂糖」を意味するギリシア語 saccharon からの命名で、本種が砂糖や澱粉食品など、炭水化物のあるところに住んでいることから名付けられた。昆虫の中でも原始的なグループで、3億年前から存在している。セイヨウシミ フレッシュアイペディアより)

  • インセクトロン

    インセクトロンから見た昆虫昆虫

    インセクトロン(Insecticons)とは、『トランスフォーマー』シリーズに登場する昆虫型ロボット生命体である。インセクトロン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ドリトル

    ジョン・ドリトルから見た昆虫昆虫

    動物語は最初、英語やスウェーデン語が話せるオウムのポリネシアから教わり、ポリネシアやマシュー・マグに薦められて獣医師に転業した頃には哺乳類や鳥類は無論のこと、ワニのような大型の爬虫類とも問題無く会話が出来るようになった。魚類は『アフリカゆき』の頃はサメのような大型のものとなら会話が出来たが、後に『航海記』ではもっと小型の魚や貝類との会話にも成功している。『月からの使い』ではモールスの発明した電信機を改良した機械を通じて昆虫との会話に成功し、続巻の『月へゆく』では地球上のものより大型の固有種ながら植物との会話にも成功した。先生が動物との会話に際して最も苦労する点は人間に尻尾が無いことで、尻尾を使ったジェスチャーが必要な場合はモーニングコートの裾で代用している。動物語が話せることについては一般人に説明しても変人扱いされるだけなので普段は秘密にしているが、必要に迫られた場合は口外しないことを条件に打ち明ける場合もある。ジョン・ドリトル フレッシュアイペディアより)

1736件中 31 - 40件表示

「昆虫」のニューストピックワード