2101件中 41 - 50件表示
  • マルチェロ・マルピーギ

    マルチェロ・マルピーギから見た昆虫昆虫

    マルピーギは解剖学に顕微鏡を用いてこの分野に大きな足跡を残した。マルピーギは顕微鏡解剖学の創設者、最初の組織学者と見なされている。彼はフックとは独立に、ほぼ同じ時期に細胞を見ている。多くの顕微鏡レベルの解剖学的な構造が彼にちなんで名付けられている。例えば皮膚の層(マルピーギ層)、二つの異なった構造(腎臓と脾臓)に与えられたマルピーギ小体の名、昆虫の排出器官であるマルピーギ管が有名である。マルチェロ・マルピーギ フレッシュアイペディアより)

  • ヤブキリ

    ヤブキリから見た昆虫昆虫

    ヤブキリ(藪螽蟖、)は、バッタ目キリギリス科の昆虫。藪に棲むキリギリスの意味。主に日本の本州(中西部の平地)、四国、九州に分布する。ヤブキリ フレッシュアイペディアより)

  • 線形動物

    線形動物から見た昆虫昆虫

    線形動物には、人間の寄生虫をはじめ、人間の生活に関わりの深いものも多く、それらの研究が進められる一方、自由生活のものの研究は後回しになりがちであった。しかし、自由生活のものの方がはるかに種数が多く、その研究が進むにつれ、種類数はどんどん増加しているので、どれくらいの種数があるかははっきりとは言えない状況である。その最大限の見積もりは、なんと1億種というものがある。これは、海底泥中での研究において、サンプル中の既知種の割合から算定されたものである。これが本当であれば、昆虫の種数を大きく抜き去り、地球上の生物種の大半は線形動物が占めていることになる。線形動物 フレッシュアイペディアより)

  • シュードモナス・エントモフィラ

    シュードモナス・エントモフィラから見た昆虫昆虫

    Pseudomonas entomophilaは土壌、植物の根圏、水圏、昆虫の体内で見出される。最初に発見されたのはキイロショウジョウバエDrosophila melanogasterの体内からで、幼虫および成虫の致死性病原菌としてであった。シュードモナス・エントモフィラ フレッシュアイペディアより)

  • パリ植物園

    パリ植物園から見た昆虫昆虫

    この大広場は、二つの広場に分れる。そのうちの一方は、大陳列館側にあり、1890年から1900年迄の自然史博物館館長アルフォンス・ミルン=エドワール (Alphonse Milne-Edwards) の名にちなんだミルン=エドワール広場であり、他方は、セーヌ川側のラマルク広場である。ミルン=エドワール広場の地下には、何十万種類もの動物剥製、昆虫、魚類、爬虫類又は哺乳類を再編成して示す「ゾーテック」 (zoothèque) がある。この広場の先頭、大陳列館正面には、ジャン・カルリュ (Jean Carlus) の手になるビュフォンの青銅像(1908年)が建てられている。パリ植物園 フレッシュアイペディアより)

  • セイヨウシミ

    セイヨウシミから見た昆虫昆虫

    行動は敏捷で、光を避ける性質(負の走光性)がある。英語では「銀の魚 (silverfish)」と呼ぶが、これはその体形や、光沢のある“鱗”をまとった様子、魚が泳ぐような走り方などに由来し、「紙魚」というのと同じ発想である。一方、種小名のsaccharinaは、「砂糖」を意味するギリシア語 saccharon からの命名で、本種が砂糖や澱粉食品など、炭水化物のあるところに住んでいることから名付けられた。この類は昆虫の中でも原始的なグループで、3億年前から存在している。セイヨウシミ フレッシュアイペディアより)

  • ハエ取り紙

    ハエ取り紙から見た昆虫昆虫

    主にロジンと油(ひまし油など)などを原料とする粘着性の強い粘性を持った液体がシートに塗布されており、これに接触した昆虫など小動物がベタベタ粘りつくことで捕らえられる。これは所謂接着ではないため、揮発性の高い溶剤が乾くことで固化しないようになっており、概ね塗布された液体の面が出ている限りは対象を捉えることが出来るが、大抵は(大量の虫が貼り付いている状態は見た目の上でも衛生的に見えないなどの事情で)ある程度の期間が経ったら新しいものに交換される。ハエ取り紙 フレッシュアイペディアより)

  • カトンボ

    カトンボから見た昆虫昆虫

    カトンボ(蚊蜻蛉)とは昆虫の通称で、双翅目の昆虫であるガガンボ類に付けられる別称である。カトンボ フレッシュアイペディアより)

  • 生存曲線

    生存曲線から見た昆虫昆虫

    ヒトのように生理的寿命が比較的明確である場合はそれを終点に取ることが比較的容易である。また、例えば多くの昆虫では一回目の繁殖期を終えれば、すぐにほとんどの個体が死亡する。このような生態的寿命がはっきりしている場合でもやはりそれが使える。このような場合、その終点を揃えてやれば、複数種の曲線を比較するのはたやすい。生存曲線 フレッシュアイペディアより)

  • 老化

    老化から見た昆虫昆虫

    動物個体の老化の原因ははっきりとは解明されていないが、以下のような複数の要因が考えられている。ただし、よく誤解されるが、下記は動物のしかも一部の種(具体的には脊椎動物のみであると思われる)にだけ成立する。例えば動物でも海綿動物や扁形動物の体細胞、あるいは植物や菌などの細胞ではテロメラーゼは高い活性を示し、ガン化しない通常の細胞でも「不死」である。昆虫の体細胞のテロメアは様々な機構で延伸され無限に分裂できると思われているが、昆虫の個体には加齢に伴う機能の低下が認められ(老化)、明確な寿命が存在する。また、光合成を行う緑色植物の細胞は動物細胞よりも遙かに大きな活性酸素ストレスにさらされるが、動物における老化のような現象は認められない。老化 フレッシュアイペディアより)

2101件中 41 - 50件表示

「昆虫」のニューストピックワード