1736件中 51 - 60件表示
  • マルチェロ・マルピーギ

    マルチェロ・マルピーギから見た昆虫昆虫

    マルピーギは解剖学に顕微鏡を用いてこの分野に大きな足跡を残した。マルピーギは顕微鏡解剖学の創設者、最初の組織学者と見なされている。彼はフックとは独立に、ほぼ同じ時期に細胞を見ている。多くの顕微鏡レベルの解剖学的な構造が彼にちなんで名付けられている。例えば皮膚の層(マルピーギ層)、二つの異なった構造(腎臓と脾臓)に与えられたマルピーギ小体の名、昆虫の排出器官であるマルピーギ管が有名である。マルチェロ・マルピーギ フレッシュアイペディアより)

  • 清真学園高等学校・中学校

    清真学園高等学校・中学校から見た昆虫昆虫

    鹿嶋市中央部を南北に貫く台地から、北浦湖畔の低地にかけての勾配上にあり、高低差が激しい学校である。隣には鹿島神宮・御手洗池を擁する常緑鹿島の森が広がっていることもあって、構内も自然に恵まれており、一年を通じて野鳥や昆虫が多く見られる。清真学園高等学校・中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 川

    から見た昆虫昆虫

    下流域では流れは遅く、川底は砂泥質となる。川沿いにはヨシやマコモなどの水生植物が茂る。動物ではアオサギやコサギなどが水辺に住み、ヨシ原には小鳥が住み着き、カモやシギなどの渡り鳥が立ち寄る場となる。また、フナやコイなど止水と共通の魚や、河口ではボラなど汽水性の魚が入り込む。シラウオなども下流から河口域の魚である。昆虫では泥質の川底にはユスリカなどが住み、魚の餌として重要な役割を果たす。またサメなど本来海に生息するはずの魚が現れる事もある。 フレッシュアイペディアより)

  • 陰茎

    陰茎から見た昆虫昆虫

    体内受精する動物の多くが、精子を雌の体内に注入するため、雌の体内に差し入れることのできる管状の構造を発達させており、これが陰茎である。体内受精であっても、精包を受け渡すなど、交尾をしない型もあるので、体内受精する動物のすべてのオスが持っているわけではない。陰茎は、雄性生殖巣の出口に位置し、そこから突出するか、必要な場合に突き出すことができる。生殖巣の出口は肛門と共通であるか、あるいはそれに近い所にある例が多いため、陰茎もそこにある場合が多い(脊椎動物や昆虫類)が、例外もある。例えばミミズ類では体の前半、環帯より前の体節にあり、カタツムリなどでは体中央付近側面にある。陰茎 フレッシュアイペディアより)

  • 化石

    化石から見た昆虫昆虫

    また、鉱物に置換されていない例として、炭化した植物、琥珀(こはく)に取り込まれた昆虫、シベリアで発掘された生体に近いマンモス、新しい時代では貝殻がそのまま化石になるなどの例もある。2005年、アメリカでティラノサウルスの大腿骨から柔軟性を残した血管や骨細胞が発見され、どのくらい組織が残されているか注目されている。化石 フレッシュアイペディアより)

  • 色

    から見た昆虫昆虫

    ここで挙げるのはあくまで、一般的な色覚を持つ人間を基準にした色の混合の様態である。二色型の色覚を持つ人は、2つの完全な原色でその人が知覚可能な全ての色を合成することができると考えられており、4つ或いはそれ以上の錐体(若しくはそれに相当するもの)を持つ生物にとっては、4つ或いはそれ以上の「原色」が必要になる。また、ヘビの赤外線検知器であるピットの情報は脳の視覚野に入っており、視覚情報として処理されていることが証明されている。つまり、ピットを持つヘビ(マムシなど)にとっては温度情報もまた原色の一つであろう。人間は偏光をハイディンガーのブラシと呼ばれる現象を除いてほとんど知覚できないが、水中生物の一部や昆虫など知覚できる生物が存在する。彼らは透明なものを偏光の回転程度の違いにより見ることができたり、曇り空でも太陽の正確な方向がわかると考えられている。そのような生物には、人間が実際の色に近いと判断する写真も、実物と明らかに異なる色合いに見えると考えられる。 フレッシュアイペディアより)

  • 翼

    から見た昆虫昆虫

    これに加えて昆虫類の翅を翼として扱うこともある。 フレッシュアイペディアより)

  • 線形動物

    線形動物から見た昆虫昆虫

    線形動物には、人間の寄生虫をはじめ、人間の生活に関わりの深いものも多く、それらの研究が進められる一方、自由生活のものの研究は後回しになりがちであった。しかし、自由生活のものの方がはるかに種数が多く、その研究が進むにつれ、種類数はどんどん増加しているので、どれくらいの種数があるかははっきりとは言えない状況である。その最大限の見積もりは、なんと1億種というものがある。これは、海底泥中での研究において、サンプル中の既知種の割合から算定されたものである。これが本当であれば、昆虫の種数を大きく抜き去り、地球上の生物種の大半は線形動物が占めていることになる。線形動物 フレッシュアイペディアより)

  • 毒

    から見た昆虫昆虫

    英語では広義の毒全てを含んで「Poison」と呼び、動植物に微生物を含む全ての生物由来の物に対して「Toxin」(毒素)と呼び、昆虫を含む動物が他の生物に対して噛む・刺す、あるいはその他尖った器官によって注入する毒を「Venom」と区別している。つまり、「Poison」「Toxin」「Venom」と順番に範囲が狭くなっている。 フレッシュアイペディアより)

  • 飛翔

    飛翔から見た昆虫昆虫

    昆虫には飛行するものが多数存在した。飛翔 フレッシュアイペディアより)

1736件中 51 - 60件表示

「昆虫」のニューストピックワード