1736件中 81 - 90件表示
  • 土壌動物

    土壌動物から見た昆虫昆虫

    大きいものではモグラやミミズ等が穴を掘って生活しており、中型のものには落ち葉や土の間に生活する昆虫やダニなど、小さなものでは落ち葉表面の水に生活する原生動物などが含まれる。土壌動物 フレッシュアイペディアより)

  • ザゼンソウ

    ザゼンソウから見た昆虫昆虫

    冷帯、および温帯山岳地の湿地に生育し、開花時期は1月下旬から3月中旬。開花する際に肉穂花序(にくすいかじょ)で発熱が起こり約25℃まで上昇する。そのため周囲の氷雪を溶かし、いち早く顔を出すことで、この時期には数の少ない昆虫を独占し、受粉の確率を上げている。開花後に大型の葉を成長させる。ザゼンソウ フレッシュアイペディアより)

  • 森林破壊

    森林破壊から見た昆虫昆虫

    森林の保水力が失われる結果、土壌栄養分の流亡や洪水、崖崩れを引き起こすことがある(水源涵養機能の低下)。また水質・大気浄化能力を低下させる。さらに、二酸化炭素の固定機能の低下の結果地球温暖化につながると指摘される。生態学的な観点から見た場合、陸上生態系の基盤となる森林を失うことで生態系自体の安定性を低下させ、森林で生きる動植物や昆虫の住みかを奪うことになる。森林破壊 フレッシュアイペディアより)

  • X染色体

    X染色体から見た昆虫昆虫

    ヒトを含む哺乳類の大部分はXY型性決定方式である。他にショウジョウバエなど昆虫の一部や植物のヒロハノマンテマ・スイバなどがXY型であることが知られている。XO型の性決定様式の代表例は、線形動物Caenorhabditis elegansおよび一部の昆虫(バッタ・カメムシ)などがある。X染色体 フレッシュアイペディアより)

  • 雄性先熟

    雄性先熟から見た昆虫昆虫

    一般に虫媒花で多く見られる。垂直的な花序を持つ植物では、花序の下方の花が先に咲くので、花序全体が開花している時は、下の花が雌性期・上の花が雄性期になる(先に咲いた花が早く性表現を変えるから)。花を訪れる昆虫(とくにハナバチ類)は花序の下から上へ向かって移動する傾向にある。この場合、他株の花からやって来たハチは、下の雌期の花に他株由来の花粉をつけ、上の雄期の花から花粉を運び出すことになる。このように、雄性先熟には他家受粉の機会を大きくする意義がある。雄性先熟 フレッシュアイペディアより)

  • キマワリ

    キマワリから見た昆虫昆虫

    キマワリ(木廻、Plesiophthalmus nigrocyaneus)は、甲虫目ゴミムシダマシ科の昆虫の一種。ゴミムシダマシ類の中では比較的大な甲虫で、目につきやすい普通種である。しかし知名度が低い。キマワリ フレッシュアイペディアより)

  • ワタアブラムシ

    ワタアブラムシから見た昆虫昆虫

    ワタアブラムシ(綿あぶら虫)とは、カメムシ目アブラムシ科に属する昆虫。アブラムシ類の中でも顕著な害虫として知られる。ワタアブラムシ フレッシュアイペディアより)

  • クオルモン

    クオルモンから見た昆虫昆虫

    クオルモンとは、動物や植物の体内で働くホルモン、昆虫が個体間で情報を伝達するフェロモンなどに対して、細菌が菌密度に応じた振る舞いを制御するのに利用される細胞間シグナル分子のことである。菌体密度感知シグナル、クオラムセンシングの制御因子、オートインデューサー(英語: autoinducer)、オートレギュレーターともいう。クオルモン フレッシュアイペディアより)

  • 美形

    美形から見た昆虫昆虫

    ヒト以外では、犬や猫などの身近な動物や、昆虫、植物、農作物、魚類(主に食用)、陶磁器、衣類などさまざまな場面で使用される事がある。美形 フレッシュアイペディアより)

  • 異人類

    異人類から見た昆虫昆虫

    より一般的な意味の異人類として、ヒト科ヒト属以外の生物が考えられる。しかし、その存在を示す証拠は皆無であり、ほとんどがSFの領域で言及されるに留まる。たとえば、イヌやイルカなどの霊長類以外の哺乳類、あるいは、昆虫、爬虫類などの特定の時代における繁栄種で、直立二足歩行や言語の使用といった、ホモサピエンスと同様の形質・行動を会得した生物が想定されることがある。中でも考古学者・生物学者のデール・ラッセルによって提唱された「ディノサウロイド」(恐竜人類)は、その最も学術的なモデルとして有名である。異人類 フレッシュアイペディアより)

1736件中 81 - 90件表示

「昆虫」のニューストピックワード