前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
208件中 1 - 10件表示
  • 昆虫

    昆虫から見たチャールズ・ダーウィン

    採集その他の手段で入手した昆虫を集めたり飼育したりする娯楽は古くから存在する。ダーウィン、ウォーレス等の泰斗を輩出している博物学の祖国イギリスで顕著であるが、広くヨーロッパにみられ、チョウの幼虫やオサムシ類を飼育する例が多い。現代ではナナフシの人気が高く、観葉植物感覚で飼育される。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たコオロギ

    バッタ目(直翅目) - バッタ、コオロギなどの仲間、2万種昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たハチ

    バッタ、イナゴ、蝶、ハチなど多くの昆虫の血糖はトレハロースであり、体内で分解酵素・トレハラーゼの作用でブドウ糖(グルコース)に変わることによって利用される。また、スズメバチとその幼虫の栄養交換液の中にもある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たスズメバチ

    バッタ、イナゴ、蝶、ハチなど多くの昆虫の血糖はトレハロースであり、体内で分解酵素・トレハラーゼの作用でブドウ糖(グルコース)に変わることによって利用される。また、スズメバチとその幼虫の栄養交換液の中にもある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たハエ

    ハエ目(双翅目) - ハエ・カ・アブなどの仲間、15万種昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たカイコガ

    今日の日本においては、昆虫食はあまり一般的ではなく、どちらかと言うとゲテモノ料理や珍味として扱われる機会が多い。その中でイナゴ(佃煮)は全国的に食べられていると言ってもよく、ハチ、セミ、ゲンゴロウ、トビケラやカワゲラ(水生昆虫の幼虫をまとめてざざむしと総称)、カイコガ、カミキリムシ等も食用とされることがある。商品として売り出されたところもある。2008年現在、はちの子、イナゴの缶詰はともに1トン弱、カイコのサナギが300キロ、まゆこ(カイコのガ)が100キロ、ザザムシが300キロ製造されている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たイナゴ

    バッタ、イナゴ、蝶、ハチなど多くの昆虫の血糖はトレハロースであり、体内で分解酵素・トレハラーゼの作用でブドウ糖(グルコース)に変わることによって利用される。また、スズメバチとその幼虫の栄養交換液の中にもある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たカブトムシ

    甲虫目(鞘翅目) - カブトムシ、ゴミムシなどの仲間、35万種昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たバッタ

    バッタ、イナゴ、蝶、ハチなど多くの昆虫の血糖はトレハロースであり、体内で分解酵素・トレハラーゼの作用でブドウ糖(グルコース)に変わることによって利用される。また、スズメバチとその幼虫の栄養交換液の中にもある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たミツバチ

    歴史的に最も広範に利用されている産業用昆虫として、絹糸を生産するためのカイコガがある。柞蚕糸が取れるサクサンも同様に飼育されている。またミツバチ類は、蜂蜜やロイヤルゼリーの採取目的で飼育されている。カイコとミツバチは昆虫でありながら家畜になっているといえる。イボタロウムシも蝋の生産に重要。農業用としては、天敵農薬以外に、果樹や野菜の受粉を助けるマルハナバチ類やミツバチが使用されている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
208件中 1 - 10件表示

「昆虫」のニューストピックワード