208件中 91 - 100件表示
  • 昆虫

    昆虫から見た受粉

    歴史的に最も広範に利用されている産業用昆虫として、絹糸を生産するためのカイコガがある。柞蚕糸が取れるサクサンも同様に飼育されている。またミツバチ類は、蜂蜜やロイヤルゼリーの採取目的で飼育されている。カイコとミツバチは昆虫でありながら家畜になっているといえる。イボタロウムシも蝋の生産に重要。農業用としては、天敵農薬以外に、果樹や野菜の受粉を助けるマルハナバチ類やミツバチが使用されている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たミネラル

    栄養価の面からみると、一般的に昆虫はタンパク質やミネラルを豊富に含むため、人口爆発や砂漠化により、将来的に世界規模の食糧危機が起こった場合に、繁殖サイクルが短い昆虫は重要な食料となるとの見方もある。中国では、セミなどの昆虫およびサソリ等の食用飼育業者がある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たゴミムシダマシ

    中国の生薬を集めた『本草綱目』には、多種の昆虫が記載されている。一例としてシナゴキブリは、シャチュウ(?虫)の名で、血行改善作用があるとされている。学問的に薬効は必ずしも明らかになっていない例が多いが、他にも薬酒の原料としてスズメバチ、アリ、ゴミムシダマシ、冬虫夏草(昆虫の幼虫から真菌キノコが成長したもの)などが使われたり、粉末にして外用薬にされる昆虫もある。また、昆虫そのものではないが、セミの抜け殻は蝉退(センタイ)といって、解熱、鎮静、鎮痙などに用いられる。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たアブ

    ハエ目(双翅目) - ハエ・カ・アブなどの仲間、15万種昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たタガメ

    世界的にはタガメやアリ、甲虫などの昆虫の幼虫を食べる文化を持っている国や地域、民族は多い。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たガロアムシ目

    ガロアムシ目(非翅目、欠翅目)昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たカブトガニ

    これに対して、根本的にこれを否定する説も浮上している。2010年2月の『ネイチャー』によると、遺伝子を解析して海や陸に住む昆虫を含む節足動物の進化系統を調べたところ、まずウミグモやカブトガニ、クモ、サソリなどの鋏角類、次にムカデなどの多足類が分岐・出現した。その後にウミホタル類、その次にミジンコやエビ・カニなどの甲殻類、それからムカデエビ類などが分岐・出現し、最後に昆虫などの六脚類が出現したという。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た血糖

    バッタ、イナゴ、蝶、ハチなど多くの昆虫の血糖はトレハロースであり、体内で分解酵素・トレハラーゼの作用でブドウ糖(グルコース)に変わることによって利用される。また、スズメバチとその幼虫の栄養交換液の中にもある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たイギリス

    採集その他の手段で入手した昆虫を集めたり飼育したりする娯楽は古くから存在する。ダーウィン、ウォーレス等の泰斗を輩出している博物学の祖国イギリスで顕著であるが、広くヨーロッパにみられ、チョウの幼虫やオサムシ類を飼育する例が多い。現代ではナナフシの人気が高く、観葉植物感覚で飼育される。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た目 (分類学)

    分類体系によって異なるが、(狭義の)昆虫綱 は30を含む。以下のものは『岩波生物学辞典 第5版』による。命名者名は省略。昆虫 フレッシュアイペディアより)

208件中 91 - 100件表示

「昆虫」のニューストピックワード