208件中 31 - 40件表示
  • 昆虫

    昆虫から見たクワガタムシ

    21世紀現在の日本には、サブカルチャー・ホビーの一つとして、クワガタムシやカブトムシなどの甲虫類に鑑賞価値を見出し累代飼育するファンが多く、10万人単位の愛好者がいるといわれる。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たマルハナバチ

    歴史的に最も広範に利用されている産業用昆虫として、絹糸を生産するためのカイコガがある。柞蚕糸が取れるサクサンも同様に飼育されている。またミツバチ類は、蜂蜜やロイヤルゼリーの採取目的で飼育されている。カイコとミツバチは昆虫でありながら家畜になっているといえる。イボタロウムシも蝋の生産に重要。農業用としては、天敵農薬以外に、果樹や野菜の受粉を助けるマルハナバチ類やミツバチが使用されている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たカメムシ

    カメムシ目(半翅目) - セミ、カメムシなどの仲間、8万2千種昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た進化

    昆虫は、硬い外骨格をもった節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれ、陸上で進化した祖先から二次的に水中生活に適応したものと考えられている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た蜂蜜

    歴史的に最も広範に利用されている産業用昆虫として、絹糸を生産するためのカイコガがある。柞蚕糸が取れるサクサンも同様に飼育されている。またミツバチ類は、蜂蜜やロイヤルゼリーの採取目的で飼育されている。カイコとミツバチは昆虫でありながら家畜になっているといえる。イボタロウムシも蝋の生産に重要。農業用としては、天敵農薬以外に、果樹や野菜の受粉を助けるマルハナバチ類やミツバチが使用されている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たマゴットセラピー

    医療、治療方法として、ハエ等の幼虫のウジに患部の壊死した組織を食べさせるマゴットセラピーがある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た農業

    歴史的に最も広範に利用されている産業用昆虫として、絹糸を生産するためのカイコガがある。柞蚕糸が取れるサクサンも同様に飼育されている。またミツバチ類は、蜂蜜やロイヤルゼリーの採取目的で飼育されている。カイコとミツバチは昆虫でありながら家畜になっているといえる。イボタロウムシも蝋の生産に重要。農業用としては、天敵農薬以外に、果樹や野菜の受粉を助けるマルハナバチ類やミツバチが使用されている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た天候

    昆虫採集や飼育は趣味の一分野として有名である。また、季節や天候を知るために昔から観察されることもあり、24節気のひとつ啓蟄として残っているほか、北海道では雪虫は初雪を告げる昆虫として知られている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た南極

    変温動物である種が多いが、群集性のものにはハナバチ類の一部など0℃の気温時に30℃以上の体温を安定して保てるような、ほぼ完全な恒温性のものも存在する。多くの昆虫は3℃以上の環境でないと、成長が行われず、冬眠状態となる。また、成虫の場合、一般に-3℃以下、または45℃以上の環境にさらされ続けると死滅する。卵の状態では温度耐性の範囲が大きくなる例が多い。セッケイカワゲラやヒョウガユスリカのように0℃以下の低温に適応したものもあり、南極でも昆虫が生息している。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たチョウ

    チョウ目(鱗翅目) - チョウ、ガの仲間、17万種昆虫 フレッシュアイペディアより)

208件中 31 - 40件表示

「昆虫」のニューストピックワード