222件中 41 - 50件表示
  • 昆虫

    昆虫から見たゾウムシ

    カブトムシ亜目(多食亜目) : カブトムシ、クワガタムシ、テントウムシ、ホタル、ゾウムシ など昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たテントウムシ

    カブトムシ亜目(多食亜目) : カブトムシ、クワガタムシ、テントウムシ、ホタル、ゾウムシ など昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た細胞

    大部分の昆虫は頭部に1対の複眼と少数の単眼を持つ。両者を有する場合、片方だけの場合、ごく一部に両方とも持たない例がある。複眼は主要な視覚器として働き、よく発達したものでは優れた視覚を持つと考えられる。また、紫外線を視覚する能力を持っている。すなわち解剖学的に、昆虫の目には紫外線を感知する細胞がある。 人の目ではオスとメスの色の区別ができない昆虫(たとえば、モンシロチョウの羽根の色)でも、実際には紫外線反射率がオスとメスの羽根で大きな差がある。そのため、モンシロチョウ自身の目には、ヒトの目と違ってオスとメスの羽根は全く別の色であると認識できているものと推察される。単眼は明暗のみを感知する。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た南極

    変温動物である種が多いが、大型のものにはハナバチ類の一部など0℃の気温時に30℃以上の体温を安定して保てるような、ほぼ完全な恒温性のものも存在する。多くの昆虫は3℃以上の環境でないと、成長が行われず、冬眠状態となる。また、成虫の場合、一般に-3℃以下、または45℃以上の環境にさらされ続けると死滅する。卵の状態では温度耐性の範囲が大きくなる例が多い。セッケイカワゲラやヒョウガユスリカのように0℃以下の低温に適応したものもあり、南極でも昆虫が生息している。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た朝倉書店

    斎藤哲夫・松本義明・平嶋義宏・久野英二・中島敏夫 『新応用昆虫学 三訂版』 朝倉書店、1996年、ISBN 4254420153。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た中央公論社

    石川良輔 『昆虫の誕生 - 一千万種への進化と分化』 中央公論社〈中公新書〉、1996年、ISBN 4-12-101327-1。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たチョウ

    チョウ目(鱗翅目)(チョウ、ガの仲間) 17万種昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たセミ

    カメムシ目(半翅目)(セミ、カメムシなどの仲間) 8万2千種昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た汎甲殻類

    昆虫(こんちゅう)は、節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱 () の総称である。昆虫類という言葉もあるが多少意味が曖昧で、六脚類の意味で使うこともある。なお、分類体系の見直しから、六脚虫はかつてはすべて昆虫綱に含めたが、現在はトビムシなど原始的な群のいくつかをここから外している。この項ではこれらにも触れてある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たアリ

    ハチ目(膜翅目)(ハチ、アリの仲間) 11万種昆虫 フレッシュアイペディアより)

222件中 41 - 50件表示

「昆虫」のニューストピックワード