222件中 51 - 60件表示
  • 昆虫

    昆虫から見たカイガラムシ

    この他、海外では染料などの原料としてのカイガラムシ類、特にシェラックを生産するためのラックカイガラムシも重要。また、釣り餌として累代飼育されているハエや爬虫類の餌として飼育販売されているコオロギなどもある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た

    現代の日常会話では、昆虫を単に「」(むし)と呼ぶことが多いが、ダンゴムシやフナムシなどの用法でわかるとおり、ムシとは本来はもっと広い範囲の意味を持つ言葉で、獣、鳥、魚介類以外の全動物を指す言葉であった。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た

    チョウ目(鱗翅目)(チョウ、の仲間) 17万種昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た節足動物

    昆虫(こんちゅう)は、節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱 () の総称である。昆虫類という言葉もあるが多少意味が曖昧で、六脚類の意味で使うこともある。なお、分類体系の見直しから、六脚虫はかつてはすべて昆虫綱に含めたが、現在はトビムシなど原始的な群のいくつかをここから外している。この項ではこれらにも触れてある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た

    ハエ目(双翅目)(ハエ・・アブなどの仲間) 15万種昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たナナフシ

    2002年に、ナナフシに似た外観をもつ昆虫カカトアルキが新目新科新属新種として記載され、マントファスマ目という新しいグループがつくられた。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たオサムシ

    採集その他の手段で入手した昆虫を集めたり飼育する娯楽は古くから存在する。ダーウィン、ウォーレス等の泰斗を輩出している博物学の祖国イギリスで顕著であるが、広くヨーロッパにみられ、チョウの幼虫やオサムシ類が多い。現代ではナナフシの人気が高く、観葉植物感覚で飼育される。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た爬虫類

    漢字の「虫」(キ、)は本来、毒蛇(マムシ)を型取った象形文字であるが、蛇など爬虫類の一部や、両生類、環形動物など、果ては架空の動物である竜までを含めた広い範囲の生物群を指す「蟲」(チュウ、)の略字として古代から使われている。詳しくは虫を参照のこと。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た日本

    日本においては、平安時代の貴族階級において、スズムシ、マツムシ、コオロギ等の「鳴く虫」(直翅目)の飼育、鳴き声の観賞がはじまり、江戸時代中期にはそれらを行商人が売り歩く商業も確立、江戸町民を中心に鳴く虫飼育の文化が広く普及した。元々これらの文化は、中国から伝播したとも、独自に並行発生したともいわれるが定かでない。また、中国では鳴き声の鑑賞のみならずコオロギの格闘を楽しむ娯楽「闘蟋」があり、その歴史は1200年に及ぶ。一方、児童年齢の子供がカブトムシやノコギリクワガタ等に相撲を取らせる古典的遊びも、江戸時代からあり、それらの昆虫は「サイカチ」「オニガラ」「オニムシ」などと呼ばれた。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た脊椎動物

    最小の哺乳類や鳥類(1?2g)を越える体重を持つものは少数であり、小さいものは0.2mm、5μg以下と大型の原生動物(大型のゾウリムシなど)を下回る。食性の上でも、草食性、肉食性、雑食性など様々である。草食性では植物の種に特異性を持つ例も多く、そのため植物の種ごとに決まった昆虫がある、という状況が見られる。寄生性のものもあり、カエルキンバエやラセンウジバエのように脊椎動物に寄生するものもある。昆虫に寄生するものでは、捕食寄生という独特な寄生の型を持つ例も多い。昆虫 フレッシュアイペディアより)

222件中 51 - 60件表示

「昆虫」のニューストピックワード