208件中 51 - 60件表示
  • 昆虫

    昆虫から見た六脚類

    昆虫(こんちゅう)は、節足動物門汎甲殻類六脚亜門昆虫綱(学名: )の総称である。昆虫類という言葉もあるが、多少意味が曖昧で、六脚類の意味で使うこともある。なお、かつては全ての六脚虫を昆虫綱に含めていたが、分類体系が見直され、現在はトビムシなど原始的な群のいくつかが除外されることが多い。この項ではこれらにも触れてある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たタンパク質

    昆虫の血糖としてのトレハロース濃度は、400-3,000 mg/dL(10-80 mM)の範囲にある。この値はヒトのグルコースとしての通常の血糖値100-200mg/dLに比べてはるかに高い。この理由の一つとして、トレハロースがタンパク質に対して糖化反応を起こさずグルコースに比べて生体に有害性をもたらさないためである。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た遺伝学

    モデル生物として重要なものもある。ショウジョウバエやカイコが遺伝学で、アズキゾウムシやコクヌストモドキが個体群生態学で演じた役割は非常に大きい。昆虫は小型で扱いやすく、狭い環境でも飼育が可能で、また短い時間で複数世代が観察できる。上記のような昆虫はそのような点でモデル生物として好適であった。また、処理のしやすさについても独特である。は著書『虫の惑星』で昆虫の変態ホルモンに関する実験で複数の幼虫の首を切ってつなぎ合わせてその変態を見る実験について説明した後、この実験をネコで行うことが想像できるか?と述べている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たトビケラ

    今日の日本においては、昆虫食はあまり一般的ではなく、どちらかと言うとゲテモノ料理や珍味として扱われる機会が多い。その中でイナゴ(佃煮)は全国的に食べられていると言ってもよく、ハチ、セミ、ゲンゴロウ、トビケラやカワゲラ(水生昆虫の幼虫をまとめてざざむしと総称)、カイコガ、カミキリムシ等も食用とされることがある。商品として売り出されたところもある。2008年現在、はちの子、イナゴの缶詰はともに1トン弱、カイコのサナギが300キロ、まゆこ(カイコのガ)が100キロ、ザザムシが300キロ製造されている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た植物

    最小の哺乳類や鳥類(1 - 2g)を越える体重を持つものは少数であり、小さいものは0.2mm、5μg以下と大型の原生動物(大型のゾウリムシなど)を下回る。食性の上でも、草食性、肉食性、雑食性など様々である。草食性では植物の種に特異性を持つ例も多く、そのため植物の種ごとに決まった昆虫がある、という状況が見られる。寄生性のものもあり、カエルキンバエやラセンウジバエのように脊椎動物に寄生するものもある。昆虫に寄生するものでは、捕食寄生という独特な寄生の型を持つ例も多い。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たカイガラムシ

    この他、海外では染料などの原料としてのカイガラムシ類、特にシェラックを生産するためのラックカイガラムシも重要。また、幼虫(ウジ)を釣り餌として利用するために累代飼育されているハエや爬虫類の餌として飼育販売されているコオロギなどのような例もある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た側系統

    昆虫綱は、単系統の汎甲殻類に含まれる。汎甲殻類には他に、甲殻類(側系統)、昆虫以外の六脚類が含まれる。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た鳥類

    最小の哺乳類や鳥類(1 - 2g)を越える体重を持つものは少数であり、小さいものは0.2mm、5μg以下と大型の原生動物(大型のゾウリムシなど)を下回る。食性の上でも、草食性、肉食性、雑食性など様々である。草食性では植物の種に特異性を持つ例も多く、そのため植物の種ごとに決まった昆虫がある、という状況が見られる。寄生性のものもあり、カエルキンバエやラセンウジバエのように脊椎動物に寄生するものもある。昆虫に寄生するものでは、捕食寄生という独特な寄生の型を持つ例も多い。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た解剖学

    大部分の昆虫は頭部に1対の複眼と少数の単眼を持つ。両者を有する場合、片方だけの場合、ごく一部に両方とも持たない例がある。複眼は主要な視覚器として働き、よく発達したものでは優れた視覚を持つと考えられる。また、紫外線を視覚する能力を持っている。すなわち解剖学的に、昆虫の目には紫外線を感知する細胞がある。 人の目ではオスとメスの色の区別ができない昆虫(たとえば、モンシロチョウの翅の色)でも、実際にはオスとメスの翅で紫外線反射率に大きな差がある。そのため、モンシロチョウ自身の目には、ヒトの目と違ってオスとメスの翅は全く別の色であると認識できているものと推察される。また単眼は明暗のみを感知する。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た聴覚

    聴覚に特化した器官を持つ例は多くなく、コオロギやセミなど一部に限られる。昆虫 フレッシュアイペディアより)

208件中 51 - 60件表示

「昆虫」のニューストピックワード