208件中 61 - 70件表示
  • 昆虫

    昆虫から見た珍味

    今日の日本においては、昆虫食はあまり一般的ではなく、どちらかと言うとゲテモノ料理や珍味として扱われる機会が多い。その中でイナゴ(佃煮)は全国的に食べられていると言ってもよく、ハチ、セミ、ゲンゴロウ、トビケラやカワゲラ(水生昆虫の幼虫をまとめてざざむしと総称)、カイコガ、カミキリムシ等も食用とされることがある。商品として売り出されたところもある。2008年現在、はちの子、イナゴの缶詰はともに1トン弱、カイコのサナギが300キロ、まゆこ(カイコのガ)が100キロ、ザザムシが300キロ製造されている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たマムシ

    漢字の「虫」(キ、)は本来、毒蛇(マムシ)を型取った象形文字であるが、蛇など爬虫類の一部や、両生類、環形動物など、果ては架空の動物である竜までを含めた広い範囲の生物群を指す「蟲」(チュウ、)の略字として古代から使われている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た複眼

    大部分の昆虫は頭部に1対の複眼と少数の単眼を持つ。両者を有する場合、片方だけの場合、ごく一部に両方とも持たない例がある。複眼は主要な視覚器として働き、よく発達したものでは優れた視覚を持つと考えられる。また、紫外線を視覚する能力を持っている。すなわち解剖学的に、昆虫の目には紫外線を感知する細胞がある。 人の目ではオスとメスの色の区別ができない昆虫(たとえば、モンシロチョウの翅の色)でも、実際にはオスとメスの翅で紫外線反射率に大きな差がある。そのため、モンシロチョウ自身の目には、ヒトの目と違ってオスとメスの翅は全く別の色であると認識できているものと推察される。また単眼は明暗のみを感知する。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た

    ハエ目(双翅目) - ハエ・・アブなどの仲間、15万種昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た観葉植物

    採集その他の手段で入手した昆虫を集めたり飼育したりする娯楽は古くから存在する。ダーウィン、ウォーレス等の泰斗を輩出している博物学の祖国イギリスで顕著であるが、広くヨーロッパにみられ、チョウの幼虫やオサムシ類を飼育する例が多い。現代ではナナフシの人気が高く、観葉植物感覚で飼育される。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た多足類

    伝統的な系統学では、多足類とともに触角類としてまとめられ、甲殻類、鋏角類とともに、節足動物の三つの大きな群をなすと考えられてきた。この説では、多足類の先祖が陸上進出し、その一部から昆虫が進化したとする。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たチョウ目

    チョウ目(鱗翅目) - チョウ、ガの仲間、17万種昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た爬虫類

    漢字の「虫」(キ、)は本来、毒蛇(マムシ)を型取った象形文字であるが、蛇など爬虫類の一部や、両生類、環形動物など、果ては架空の動物である竜までを含めた広い範囲の生物群を指す「蟲」(チュウ、)の略字として古代から使われている。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たダンゴムシ

    現代の日常会話では、昆虫を単に「虫」(むし)と呼ぶことが多いが、ダンゴムシやフナムシなどの用法でわかるとおり、ムシとは本来はもっと広い範囲の意味を持つ言葉で、獣、鳥、魚介類以外の全動物を指す言葉であった。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た腹部

    節足動物の体は、体節と呼ばれる節(ふし)の繰り返し構造でできているが、昆虫の成虫では、体節がいくつかずつセットになり、頭部、胸部、腹部の3つにまとまっている。胸部には肢が6本ある。呼吸器官として気管がある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

208件中 61 - 70件表示

「昆虫」のニューストピックワード