222件中 81 - 90件表示
  • 昆虫

    昆虫から見た側系統

    昆虫綱は、単系統の汎甲殻類に含まれる。汎甲殻類には他に、甲殻類(側系統)、昆虫以外の六脚類が含まれる。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た鳥類

    最小の哺乳類や鳥類(1?2g)を越える体重を持つものは少数であり、小さいものは0.2mm、5μg以下と大型の原生動物(大型のゾウリムシなど)を下回る。食性の上でも、草食性、肉食性、雑食性など様々である。草食性では植物の種に特異性を持つ例も多く、そのため植物の種ごとに決まった昆虫がある、という状況が見られる。寄生性のものもあり、カエルキンバエやラセンウジバエのように脊椎動物に寄生するものもある。昆虫に寄生するものでは、捕食寄生という独特な寄生の型を持つ例も多い。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た郷土料理

    今日の日本においては、昆虫食はあまり一般的ではなく、どちらかと言うとゲテモノ料理や珍味として扱われる機会が多い。その中でイナゴ(佃煮)は全国的に食べられていると言ってもよく、ハチ、セミ、ゲンゴロウ、トビケラやカワゲラ(ざざむし)、カイコガ、カミキリムシ等も食用とされることがある。長野県のハチの子の佃煮のように郷土料理や名物になっている地域もある。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た卵胎生

    多くは卵生だが、フタバカゲロウのような卵胎生、アブラムシやツェツェバエのような胎生昆虫もいる。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た外骨格

    昆虫は、硬い外骨格をもった節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれる。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た第四紀

    昆虫は地球の歴史上、4億年前、動物の陸上進出が始まった頃に上陸した動物群の一つである。3億6000万年前に上陸した脊椎動物門の両生類よりも早い時期であった。昆虫の生活様式、形態は非常にバラエティに富んでおり、様々な環境ニッチに適応して繁殖しており、その種類も非常に多い。恐竜より前の2-3億年前には、現在のゴキブリやトンボなどの祖先がすでに登場しており、大繁栄した。恐竜の時代、恐竜絶滅後の第三紀、そして第四紀の現在まで、昆虫の繁栄は続いている。昆虫は陸上で最も成功した生き物であると言えよう。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た解剖学

    大部分の昆虫は頭部に1対の複眼と少数の単眼を持つ。両者を有する場合、片方だけの場合、ごく一部に両方とも持たない例がある。複眼は主要な視覚器として働き、よく発達したものでは優れた視覚を持つと考えられる。また、紫外線を視覚する能力を持っている。すなわち解剖学的に、昆虫の目には紫外線を感知する細胞がある。 人の目ではオスとメスの色の区別ができない昆虫(たとえば、モンシロチョウの羽根の色)でも、実際には紫外線反射率がオスとメスの羽根で大きな差がある。そのため、モンシロチョウ自身の目には、ヒトの目と違ってオスとメスの羽根は全く別の色であると認識できているものと推察される。単眼は明暗のみを感知する。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たヨコバイ亜目

    ヨコバイ亜目(同翅亜目) : セミ、ヨコバイ、カイガラムシ、ウンカ、アブラムシ など昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見た

    昆虫は、硬い外骨格をもった節足動物の中でも、特に陸上で進化したグループである。ほとんどの種は陸上で生活し、淡水中に棲息するものは若干、海中で棲息する種は例外的である。水中で生活する昆虫は水生昆虫(水棲昆虫)とよばれる。昆虫 フレッシュアイペディアより)

  • 昆虫

    昆虫から見たロイヤルゼリー

    歴史的にもっとも広範に利用されている産業用昆虫として、絹糸を生産するためのカイコガがある。柞蚕糸が取れるサクサンも同様に飼育されている。またミツバチ類は、蜂蜜やロイヤルゼリーの採取目的で飼育されている。カイコとミツバチは昆虫でありながら家畜になっているといえる。イボタロウムシも蝋の生産に重要。昆虫 フレッシュアイペディアより)

222件中 81 - 90件表示

「昆虫」のニューストピックワード