前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1046件中 1 - 10件表示
  • MBSヤングタウン

    MBSヤングタウンから見た明石家さんま明石家さんま

    通称は「ヤンタン」で、番組開始から1970年9月までのタイトルは『歌え! MBSヤングタウン』であった。笑福亭鶴瓶は1975年から、明石家さんまは1976年から出演している。MBSヤングタウン フレッシュアイペディアより)

  • 島田紳助

    島田紳助から見た明石家さんま明石家さんま

    なお引退後も、明石家さんまや、松本人志らが、テレビで紳助の名前を出すことがある。島田紳助 フレッシュアイペディアより)

  • ジミー大西

    ジミー大西から見た明石家さんま明石家さんま

    高校卒業後は、就職を希望したが、成績の悪さから就職先が見つからないため、担任教師が吉本興業に雇ってくれるよう頼み込んだ事で、アルバイトの形で、高校在学中から吉本に入り、放課後や休日に、なんば花月の裏方(幕引きや進行)を務める。明石家さんまとはこの頃に出会っている。高校卒業後に正式に吉本入りし、その後、さんまの勧めによりぼんちおさむに弟子入り。当時の憧れは間寛平だった。吉本新喜劇などを経て「おおにしこにし」という漫才コンビを結成したが、どうしてもジミーだけが目立ってしまうため長続きしなかった。「ジミー」という芸名は、さんまがテレビで視た野生のゴリラの名前に因んで名付けたものである。ジミー大西 フレッシュアイペディアより)

  • 板東英二

    板東英二から見た明石家さんま明石家さんま

    2013年11月23日に、インターネットテレビ番組『めちゃ×2ユルんでるッ!』(ゼロテレビ)へのゲスト出演によって、芸能活動を事実上再開した。同年12月9日には、ラジオ番組『吉田照美 飛べ!サルバドール』(文化放送)のスタジオゲストとして、活動再開後初めて地上波での生放送およびラジオ番組に登場。前述の記者会見で明かした植毛のきっかけについて、最初に行ったのは20数年前の俳優活動中で、当時両面テープを使って行ったことを明かしている。同月25日の未明には、『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』(フジテレビ)の生放送中に、明石家さんまへの電話を通じて地上波のテレビ番組へ1年振りに出演した。板東英二 フレッシュアイペディアより)

  • めちゃ×2イケてるッ!の企画

    めちゃ×2イケてるッ!の企画から見た明石家さんま明石家さんま

    加藤が救助犬のバリーとともに27時間100キロメートルマラソンに挑戦した。途中TBSの『スーパーサッカー』への生出演のため、一旦TBSへ移動。スーパーサッカーには加藤に加えバリーも出演した。スーパーサッカー放送終了後、『さんま・中居の今夜も眠れない』のトークで明石家さんまらのトークに10分おされ、移動。再びマラソンにチャレンジするが、27時間テレビの放送終了時間に間に合わず87.2キロメートル地点でエンディングを迎えた。番組放送終了後も走り続け、深夜にフジテレビに到着。その模様は後日めちゃイケで放映された。TBSへの出演と移動に要した約6時間10分と、休憩中にそうめんを食べ過ぎてパワーダウンした事が大きく影響したとされる。25日の8:00には西川のりお・ぼんちおさむの「にせ狩人」が加藤の100キロメートルマラソンの伴走に挑戦した。放送中のゴールとはならなかったが、加藤がゴールしたことを想定した予定の感動演出はお台場のスタジオで滞りなく行われた。身重の妻(カオリちゃん)と娘が感動の手紙の朗読をし、加藤が歌う予定だった「あの素晴しい愛をもう一度」は、深野が代理で熱唱した。加藤が中継先で唖然としている状況でスタジオ全員で大合唱。ただし深野の歌声は輪唱のように伴奏からどんどんずれまくり、感動とともに爆笑も呼び起こした。この企画は2008年の27時間テレビにて「最も残念だった企画トップ3」の3位に選ばれた。またこの際、山本には「自粛」のモザイクが入り、明石家さんまは「ある意味最も残念」とコメントした。また、加藤自身も2013年の27時間テレビの生爆烈お父さんで「(間に合わなかったため)飛鳥さん(片岡飛鳥)が怒られていた」と言っていた。めちゃ×2イケてるッ!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • 恋のバカンス (テレビドラマ)

    恋のバカンス (テレビドラマ)から見た明石家さんま明石家さんま

    『恋のバカンス』(こいのバカンス)は、1997年1月8日から同年3月12日まで、日本テレビ系列で放送されていた明石家さんま主演のラブコメディの日本の連続テレビドラマ。放送時間は、毎週水曜22:00 - 22:54(JST、第1話と最終話は22:00 - 23:24)。全10回。1997年10月1日にはスペシャルが放送された。恋のバカンス (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • G1 Grouper

    G1 Grouperから見た明石家さんま明石家さんま

    歴代レギュラーパーソナリティは、河相我聞、永作博美、国分太一、グレートチキンパワーズ、武内由紀子、hitomi、明石家さんま、伊達杏子 DK-96・平野友康、真矢、椎名へきるであった(詳細は後述)。G1 Grouper フレッシュアイペディアより)

  • 浅田美代子

    浅田美代子から見た明石家さんま明石家さんま

    現在では人気女優としてドラマや映画で活躍する一方、親交がある明石家さんま司会のバラエティー番組の常連としても活躍(特に『さんまのSUPERからくりTV』で見せた強烈な天然キャラで人気に)。さんまは「天然(おバカキャラ)で有名になった里田まいなどよりも天然である元祖天然」と語り、数々のエピソードが持ちネタの1つでもある。浅田美代子 フレッシュアイペディアより)

  • 大平サブロー

    大平サブローから見た明石家さんま明石家さんま

    大阪府守口市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部所属。旧芸名は太平 サブロー(読み同じ)。血液型はO型。2人兄弟の長男。若手芸人からはサブロー師匠、トミーズやハイヒールからはサブロー兄さん(略してサブ兄)、やしきたかじんや明石家さんまからはサブやんと呼ばれている。大阪市立此花工業高等学校(後に大阪市立此花総合高等学校、閉校済)卒業。大平サブロー フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のテレビ (日本)

    2017年のテレビ (日本)から見た明石家さんま明石家さんま

    【バラエティ】関西テレビ制作・フジテレビ系で明石家さんま司会の新春恒例トーク特番『新春大売り出し!さんまのまんま』 が放送され、ロックバンド・ウルフルズが番組のために書き下ろしたエンディングテーマ曲「なんでなん」がこの回で初OAされた。2017年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1046件中 1 - 10件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード