948件中 11 - 20件表示
  • 恋のバカンス (テレビドラマ)

    恋のバカンス (テレビドラマ)から見た明石家さんま明石家さんま

    『恋のバカンス』(こいのバカンス)は、1997年1月8日から同年3月12日まで、日本テレビ系列で放送された明石家さんま主演のラブコメディのテレビドラマである。放送時間は、毎週水曜22:00 - 22:54(JST、第1話と最終話は22:00 - 23:24)。全10回。1997年10月1日にはスペシャルが放送された。恋のバカンス (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 1億人の大質問!?笑ってコラえて!

    1億人の大質問!?笑ってコラえて!から見た明石家さんま明石家さんま

    2004年より年末スペシャルには明石家さんまが登場し、所・さんまとサブ司会のみで放送を進める方式をとっている。1億人の大質問!?笑ってコラえて! フレッシュアイペディアより)

  • 島田洋七

    島田洋七から見た明石家さんま明石家さんま

    佐賀市立赤松小学校、佐賀市立城南中学校と進むが、母親への思慕が募り、また野球がうまかったこともあり、1965年春、高校野球の名門・広島広陵高校に入学し、故郷・広島に戻る。洋七は新人のころ、島田紳助や明石家さんまら、芸人仲間に「広陵高校の野球部出身で、甲子園にセカンドで出た」と言いふらしていたため、皆これを信じていたが、後にウソが発覚した。広陵入学から大阪に行くまでの経歴は、はっきり分からないが以下のようなものと考えられている。野球特待生として推薦入学したが、練習中に打球が左腕を直撃して肘を痛め野球をあきらめた。野球部には一年生の夏まで在籍した。当時の野球部監督は森岡栄司である(名将といわれた三原新二郎監督の就任は1966年)。広島東洋カープの主力投手だった佐伯和司は3学年下となる。島田洋七 フレッシュアイペディアより)

  • 恋のから騒ぎ

    恋のから騒ぎから見た明石家さんま明石家さんま

    『恋のから騒ぎ』(こいのからさわぎ、英称:Much Ado About Love)は、1994年(平成6年)4月16日から2011年(平成23年)3月25日まで毎週土曜日 23:00 - 23:30(JST)(2010年4月2日からは、金曜 23:30 - 23:58(JST)に放送された日本テレビ系列の恋愛トークバラエティ番組である。通称「恋から」「から騒ぎ」。司会は明石家さんま恋のから騒ぎ フレッシュアイペディアより)

  • FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル

    FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャルから見た明石家さんま明石家さんま

    番組終了後、同日の深夜に明石家さんまと楠田枝里子の司会で『なんでかな?!深夜の祭典』が放送された。文字通り深夜番組が集まっての大会で、クイズ内容は『春の祭典』内で起きた事を答えるもの。その結果『オールナイトフジ』チームが優勝。同チームは『秋の祭典』(下記)に参加出来る資格が与えられた。FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 水曜ドラマ (日本テレビ)

    水曜ドラマ (日本テレビ)から見た明石家さんま明石家さんま

    1月-3月:『恋も2度目なら』 出演:明石家さんま、佐藤浩市、葉月里緒菜、浅田美代子、羽野晶紀ほか水曜ドラマ (日本テレビ) フレッシュアイペディアより)

  • その気になるまで

    その気になるまでから見た明石家さんま明石家さんま

    「男女7人夏物語・秋物語」から10年経った96年、男女7人と同じスタッフが集結し、役どころは違うものの「男女7人から10年経った、中年になった良介というコンセプト」で描いた作品。主演は明石家さんまだが、前述通り今井良介の役ではない。だが、内容は良介の10年後のそれを感じさせるもので、男女7人シリーズと同様、主に7人の男女関係を描く。その気になるまで フレッシュアイペディアより)

  • 逸見政孝

    逸見政孝から見た明石家さんま明石家さんま

    1984年4月からは、全国ニュース『FNNニュースレポート6:00』のキャスターを務める。そして同年10月にスタートした『FNNスーパータイム』の初代メインキャスターに抜擢され、幸田シャーミンとのコンビで人気を博す。当時大人気を博していたバラエティ番組『夕やけニャンニャン』内に設けられていた同番組の予告コーナーにて、女子高生集団の中に1人だけ堅い中年が登場していたことへの違和感から、ギャグでとんねるずに「明石家さんまさん、どうぞ」と振ったところ大受けして大ブレイク。以後、司会の片岡鶴太郎やとんねるずとの当意即妙なやりとりが視聴者の注目を集めて人気が全国区となり、ブロマイドまで発行された。当時のニュースキャスターといえばまだお堅いイメージしかなく、当時の彼の外見も「七三分け」に「黒縁メガネ」と、その例に漏れなかったが(フリーに転身してからは、徐々におしゃれをするようになっていった)、関西出身のひょうきんなキャラクター、そしてそのギャグセンスの高さとのギャップが視聴者に意外性をもって受け入れられ、従来のニュースキャスターとは一線を画すキャラクターで人気が高まったものと思われる。逸見政孝 フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑問題

    爆笑問題から見た明石家さんま明石家さんま

    毎年行われる日経エンタテイメントの好きな芸人調査では常に高順位を記録しており10年連続5位以内は明石家さんまと爆笑問題のみである。爆笑問題 フレッシュアイペディアより)

  • 高見沢俊彦

    高見沢俊彦から見た明石家さんま明石家さんま

    「真っ赤なウソ」歌:明石家さんま(作詞・作曲)高見沢俊彦 フレッシュアイペディアより)

948件中 11 - 20件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード