1046件中 11 - 20件表示
  • 1987年のテレビ (日本)

    1987年のテレビ (日本)から見た明石家さんま明石家さんま

    TBS系にてこの日、ドラマ『男女7人夏物語』のスペシャル番組として、『男女7人夏物語評判編 生放送だよ!さんちゃん・しーちゃんのなんでもトーク』を生放送(21:00 - 22:48)。同作主演の明石家さんまと大竹しのぶが進行役を務め、ドラマのNG集、名珍場面、舞台裏などを紹介した。平均視聴率は31.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録。1987年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • すぽると!

    すぽると!から見た明石家さんま明石家さんま

    放送開始当初は、スタジオセットの刷新と三宅のパートナー役の女性アナウンサーが交代しただけで、前番組『プロ野球ニュース』から引き続きフジテレビ系列のプロ野球解説者(日替わり)等がコメンテーターとして出演したほか、プロ野球シーズンオフを中心とした明石家さんまの出演も継続した(肩書は「工場長」)。すぽると! フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た明石家さんま明石家さんま

    2012年に桂文枝を襲名するまで長く「桂三枝」で活動し、弟子や吉本の後輩芸人からは「三枝師匠」と呼ばれ、愛称は「サニー」「さんちゃん」であった(「さんちゃん」については、後輩である明石家さんまの愛称となり、そちらの方が一般的な認識となった)。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 高見沢俊彦

    高見沢俊彦から見た明石家さんま明石家さんま

    「真っ赤なウソ」歌:明石家さんま(作詞・作曲)高見沢俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見た明石家さんま明石家さんま

    1992年10月より、在京放送局でテレビ・ラジオ合わせて3本のレギュラー番組を持つも、東京に嫌気が差し半年後に全て降板。また、この年は後述する『晴れ時々たかじん』における朝日放送でも局長の失言が原因で、結果としてたかじんは東西のテレビ朝日の系列局で激昂したことにより、テレビ朝日は勿論、在京テレビ局および朝日放送とは絶縁し、出演することがほとんど無くなった。これ以降は、歌手活動と並行しながら関西ローカルで数本のレギュラーを持つようになる。とは言え、1994年から2004年頃までは、親交のある明石家さんまや島田紳助などが司会の東京収録の番組にも義理でゲスト出演していた(『恋のから騒ぎ』、『開運!なんでも鑑定団』、『料理バンザイ!』など)が、やはり、キー局とそりが合わずトラブルを起こした。結果的に、1998年頃から2004年に『さんまのまんま』と『幸せって何だっけ 〜カズカズの宝話〜』にゲスト出演するまで、東京収録の番組には全く出演しなかった。また、1994年10月から2年半の間は大阪発全国ネット番組『たかじん・ナオコのシャベタリーノ』(毎日放送)の司会を務めた。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル

    FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャルから見た明石家さんま明石家さんま

    番組終了後、同日の深夜に明石家さんまと楠田枝里子の司会で『なんだかナ〜!深夜の祭典スペシャル』が放送された。文字通り深夜番組が集まっての大会で、クイズ内容は『春の祭典』内で起きた事を答えるもの。その結果『オールナイトフジ』チームが優勝。同チームは『秋の祭典』(下記)に参加出来る資格が与えられた。FNS番組対抗!なるほど!ザ・春秋の祭典スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 男女7人秋物語

    男女7人秋物語から見た明石家さんま明石家さんま

    『男女7人秋物語』(だんじょしちにんあきものがたり)は、1987年10月9日から12月18日まで毎週金曜日21:00 - 21:54に、TBS系で放送された日本のテレビドラマ。主演は明石家さんま男女7人秋物語 フレッシュアイペディアより)

  • 古畑任三郎

    古畑任三郎から見た明石家さんま明石家さんま

    彼女は、やり手の弁護士・小清水潔(明石家さんま、第14回の犯人)の弁護により無罪判決を受け、結婚してアトランタで幸せな生活をしているという後日談が語られている。古畑を結婚式に呼んだり(第20回)、アメリカに招待したり(第23回はちなみを訪ねた帰途でのエピソードである)と懇意にしており、ほかにも彼女の愛犬・万五郎は古畑の友人・安斎亨(津川雅彦、第32回のゲスト)に預けられ、第1回の事件の舞台となった山荘「ボーズヘッド荘」は古畑が借りて使用している(「消えた古畑任三郎」)。古畑任三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日放送

    毎日放送から見た明石家さんま明石家さんま

    1969年(昭和44年)7月3日 - 桂三枝(現・6代桂文枝)が司会のバラエティ番組『ヤングおー!おー!』放送開始。吉本興業の若手お笑い芸人の登竜門として、明石家さんま、島田紳助らを輩出した。毎日放送 フレッシュアイペディアより)

  • 行列のできる法律相談所

    行列のできる法律相談所から見た明石家さんま明石家さんま

    初代所長の島田紳助(以下「紳助」と表記)の芸能界引退後は正式な2代目所長は置かず、主に行列メンバー(後述)でもある3人が交代で所長を務めている。年内最初と改編期(春・秋)のスペシャル回には明石家さんまが所長を務める。行列のできる法律相談所 フレッシュアイペディアより)

1046件中 11 - 20件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード