948件中 31 - 40件表示
  • 大竹 しのぶ

    大竹しのぶから見た明石家さんま明石家さんま

    東京都立小岩高等学校を経て、桐朋学園大学短期大学部演劇専攻科中退。モデル・IMALUは明石家さんまとの娘。大竹しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 水曜バラエティ

    水曜バラエティから見た明石家さんま明石家さんま

    タモリ、明石家さんま、片岡鶴太郎らのお笑いタレントが持ち回りで担当といった内容で、このほかに映画『キャプテンEO』の最新作の宣伝を兼ねた番組が、菊池桃子をナビゲーターにオンエアされたこともあった。また、『がんばれ!キッカーズ』、『所さんの勝ったも同然!! → いい!!かもしんない』が打ち切られた後の穴埋め番組(つなぎ番組)の役割も担っていた。1972年11月から同年12月までTBS系列で放送された『水曜バラエティー』(『歌と笑いでつっぱしれ!』から改題)とは、タイトルが類似しているが関連はない。水曜バラエティ フレッシュアイペディアより)

  • 栗原美和子

    栗原美和子から見た明石家さんま明石家さんま

    酒席で当時上司だった荻野繁(現:BSフジ)とキスをして、翌日から上司にもかかわらず荻野を「オギリ?ン」と呼ぶようになった。この事実を知った明石家さんまは「上司に対して、何やその口のきき方は!」と注意したところ、荻野は「ゴメン、昨日彼女(栗原)とキスしちゃって…今日から彼女にとって僕はオギリンなの。」と弁明。この弁明にさんまは呆れて注意をあきらめ、ひょうきん族のレギュラーを本気で降板しようかと考えたという。栗原美和子 フレッシュアイペディアより)

  • タモリ&さんまの爆笑タッグマッチ

    タモリ&さんまの爆笑タッグマッチから見た明石家さんま明石家さんま

    『タモリ&さんまの爆笑タッグマッチ』(タモリ&さんまのばくしょうタッグマッチ)は、日本テレビ系列にて、1987年1月1日から過去2回に渡り、不定期で放送されていたトークを展開するバラエティ番組・新春特別番組である。タモリ、明石家さんまの冠番組である。ステレオ放送、文字多重放送を実施。タモリ&さんまの爆笑タッグマッチ フレッシュアイペディアより)

  • 平成教育テレビ

    平成教育テレビから見た明石家さんま明石家さんま

    再びメインスタジオに切り替えた後、うじきつよしが熟睡して、逸見をはじめ出演者陣が小声で進行し明石家さんまが登場。その後、天本英世がハリセンで2発そしてさんまもハリセン2発で起こし始まった。平成教育テレビ フレッシュアイペディアより)

  • ハタチの恋人

    ハタチの恋人から見た明石家さんま明石家さんま

    明石家さんまは、フジテレビ系ドラマ『空から降る一億の星』(木村拓哉と共演)以来5年ぶりの連続ドラマ主演で、TBS・日曜劇場枠(当時は『東芝日曜劇場』)での連続ドラマ出演は1996年4月7日から6月30日に放送された『その気になるまで』(テレパック制作)以来、11年ぶりとなる。ハタチの恋人 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内 健

    堀内健から見た明石家さんま明石家さんま

    明石家さんまは『しゃべくり007』の中で、司会がこなせれば「ポストさんま」もあり得ると評した。松本人志は自身のラジオ番組『放送室』において、「意外に的確にお笑いの分析が出来ている」「酔拳のよう」などと高く評価している。堀内健 フレッシュアイペディアより)

  • 大倉利晴

    大倉利晴から見た明石家さんま明石家さんま

    明石家さんまとは、1983年からニッポン放送の『明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン大放送』で共演、以後『オレたちひょうきん族』などさんま出演の番組の構成を務め、また同じラジオでは『明石家さんまのおしゃべりツバメ返し』(TBSラジオ)でも共演するなど、明石家ファミリーの一員に数えられるほどの親交となっていく。ひょうきん族のエンディングテロップでは大倉ヨイショ利晴と表示されるほど、ラジオなどで披露するそのヨイショぶりが周囲に評判となっていった。その他にも1990年頃に放送されていた「DANCE DANCE DANCE」(フジテレビ)で徐々に人気を得つつあったダウンタウンと共演したりもしている。大倉利晴 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田正樹

    吉田正樹から見た明石家さんま明石家さんま

    このことを「明石家さんまの春のフジテレビ大反省会」や「めちゃ²イケてるッ!」などで触れられ、明石家さんまからは「嫁の力で出世しやがって。お前ナベプロの看板で出世しとるやないか!」などといじられていた。このため、「めちゃ?イケてるッ!」2004年12月4日放送「フジTV警察'04 密着24時!! 逮捕の瞬間100連発」でギター侍刑事として参加したナベプロ所属の波田陽区が斬れなかった人物の一人でもある。吉田正樹 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼瓦権造

    鬼瓦権造から見た明石家さんま明石家さんま

    職業は元サラリーマンの土木作業員で、髪型は角刈りで、丸い髭を生やしている。また、「アルプス工業」と会社名が刺繍されているジャンパーを着ている。吉田小十郎と名乗っていた時もある。手を前にかざし首をカクカク振りながら「冗談じゃないよ」と言うのが定番のギャグである。『オレたちひょうきん族』のコーナー「タケちゃんマン7」ではタケちゃんマン7に変身してもこのメイクのままで「タケちゃんマン手鼻7」と名乗っていたこともあった。『ひょうきん族』だけでなく『タケちゃんの思わず笑ってしまいました』『FNSスーパースペシャルテレビ夢列島』『たけし・さんまの有名人の集まる店』でもたけしはこの扮装で出演した。『有名人の集まる店』での権造の職業は焼き鳥屋(ただし、トノサマガエルなど得体のしれないものを使っている)である。また、この番組で明石家さんまが扮する貴子ママとは男と女の関係。鬼瓦権造 フレッシュアイペディアより)

948件中 31 - 40件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード