948件中 41 - 50件表示
  • 松尾 伴内

    松尾伴内から見た明石家さんま明石家さんま

    主に明石家さんまから「松ちゃん」「ばんち(伴内の読み違い)」などと呼ばれている。松尾伴内 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇の料理番

    天皇の料理番から見た明石家さんま明石家さんま

    また、当時大阪を活動の拠点としていた明石家さんまが役者として全国区に進出したことでも話題になった。ナレーションは渥美清が務めた。天皇の料理番 フレッシュアイペディアより)

  • 心はロンリー気持ちは「…」

    心はロンリー気持ちは「…」から見た明石家さんま明石家さんま

    心はロンリー気持ちは「…」(こころはロンリーきもちは。「…」部分は通常読まないが、「てんてんてん」とする場合もある)とは、明石家さんま主演のフジテレビの特別番組である。心はロンリー気持ちは「…」 フレッシュアイペディアより)

  • あっぱれさんま大先生

    あっぱれさんま大先生から見た明石家さんま明石家さんま

    『あっぱれさんま大先生』(あっぱれさんまだいせんせい)は、フジテレビ系列で放送されていたフジテレビ制作のトークバラエティ番組。および同番組のメインテーマであり、明石家さんまのシングルCDのタイトル。2009年9月まで放送されていた『あっぱれ!!さんま新教授』の源流である。あっぱれさんま大先生 フレッシュアイペディアより)

  • ヤングおー!おー!

    ヤングおー!おー!から見た明石家さんま明石家さんま

    吉本若手芸人の元祖登龍門的番組で、昭和30年代から40年代までは松竹芸能独走状態であった上方演芸界の勢力図を現在のような吉本中心へと至らしめる、その骨格を築き上げた。全国区の人気者へと上り詰めた仁鶴・三枝は、3ヵ月遅れで番組レギュラー入りし大ヒット曲「嘆きのボイン」で猛追した月亭可朝を加えて俗に“上方落語若手三羽烏”。また、やはり番組レギュラーだった横山やすし・西川きよしと共に“吉本御三家”と並び称された。ほかにも桂きん枝、林家小染 (4代目)、オール阪神・巨人、明石家さんま、桂文珍、月亭八方、島田紳助らは(チンチラチンという名称を番組内で使用)、この番組で人気に火が付き、さらに「出世作」でもあり、全国進出のきっかけを作った。さんまが、当時阪神タイガースの投手だった小林繁のものまねを披露したのも、この番組が最初だった。番組初期は、文珍、八方、きん枝、小染の吉本の若手落語家4人で「ザ・パンダ」を結成、後にさんまが加入し「SOS(サニー・オオサカ・スペシャル)」阪神・巨人、紳助・竜介が加入し「チンチラチン」を結成。このときに得た、ユニット作りによる若手スター売り出しを伴う番組制作は、後に、ダウンタウン司会で心斎橋筋2丁目劇場より生中継された『4時ですよーだ』(毎日放送、1987年 - 1989年)、さらにはナインティナインを中心とした「吉本印天然素材」などへと発展。吉本独特のスター工法がお家芸として定着していくことになる。ヤングおー!おー! フレッシュアイペディアより)

  • ジャイケルマクソン

    ジャイケルマクソンから見た明石家さんま明石家さんま

    2009年11月25日の放送では、当企画からの派生企画として、「ジャイケル大御所コレクション」を放送。第1回目は上島竜兵(ダチョウ倶楽部)と穂のか(石橋貴明の娘)をスタジオに招いて、大御所(明石家さんま、ビートたけし、タモリ、とんねるず)にまつわる伝説を語り合った。第2回目では、ゲストに小藪千豊、すっちー、アメリカザリガニ、団長安田(安田大サーカス)を迎え、関西の大御所(西川きよし、海原はるか・かなたなど)にまつわる伝説を語り合った。ジャイケルマクソン フレッシュアイペディアより)

  • 井上聡

    井上聡から見た明石家さんま明石家さんま

    芸能界一のドラゴンボールファンとも言われる。『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』では多数の有名人と共に「ドラゴンボール芸人」として登場。その博識を披露した。大先輩である明石家さんまから「読みたいので揃えてくれ」との依頼を受けると、渡す際にオリジナルエピソードのあるアニメ版ではなく、必ず原作漫画から読むように推奨したという。また、本人によると「ほぼ全ての番組でドラゴンボール好きと言った」為か、これを伝え聞いた原作者の鳥山明とはメール交換をするまでに交流を深め、鳥山から、同作品のキャラクターであるラディッツを模した井上の似顔絵イラストをもらった。その後、麒麟・川島の為にも似顔絵を描いてもらい、ブログ(宝島)のトップページにもこれらのイラストが使われている。井上聡 フレッシュアイペディアより)

  • ビビる大木

    ビビる大木から見た明石家さんま明石家さんま

    中山秀征、明石家さんまを尊敬している。特にさんまは自らの師匠として慕っており、さんまのような芸人になりたいという。一時期は仲の良いネプチューンの堀内健と一緒にさんまから「オレたちひょうきん族」当時の出来事などを頻繁に聞きだしていた。ビビる大木 フレッシュアイペディアより)

  • 大平サブロー

    大平サブローから見た明石家さんま明石家さんま

    大阪府守口市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部所属。旧芸名は太平 サブロー(読み同じ)。血液型はO型。若手芸人からはサブロー師匠、トミーズやハイヒールからはサブロー兄さん(略してサブ兄)、やしきたかじんや明石家さんまからはサブやんと呼ばれている。大阪市立此花工業高等学校(後に大阪市立此花総合高等学校、閉校済)卒業。大平サブロー フレッシュアイペディアより)

  • ライオンのいただきます

    ライオンのいただきますから見た明石家さんま明石家さんま

    前の時間帯(12:00 - 13:00)に放送している『森田一義アワー 笑っていいとも!』を放送しているスタジオアルタをそのまま使用。ほぼ毎週、『笑っていいとも!』の金曜レギュラーであり、小堺とも親交が深い明石家さんまが、いいとも!終了後の流れでオープニングトークに出演。小堺と漫才チックなトークを繰り広げた。これは最初からコーナーとして設定したわけではなく、番組初期に正に流れでさんまが本番組のオープニングに顔を出したのが、そのまま恒例化したものである。なお、当初は特に時間制限は無かったが、トークが白熱し過ぎて本編の開始が遅れたこともあったため、のちに5分程度を目処とした時間制限が設けられた。これ以降は時間切れを知らせるチャイムが鳴ると、即座にさんまが退場するようになった。ライオンのいただきます フレッシュアイペディアより)

948件中 41 - 50件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード