1046件中 41 - 50件表示
  • 荻野繁

    荻野繁から見た明石家さんま明石家さんま

    酒席で当時ADだった栗原美和子(現:フジテレビドラマ制作センター副部長)とキスをして、翌日から栗原は上司にも関わらず荻野を「オギリ〜ン」と呼ぶようになった。この事実を知った明石家さんまは「上司に対して、何やその口のきき方は!」と注意したところ、荻野は「ゴメン、昨日彼女(栗原)とキスしちゃって…今日から彼女にとって僕はオギリンなの。」と弁明。この弁明にさんまは呆れて注意をあきらめたとのこと。荻野繁 フレッシュアイペディアより)

  • 心はロンリー気持ちは「…」

    心はロンリー気持ちは「…」から見た明石家さんま明石家さんま

    『心はロンリー気持ちは「…」』(こころはロンリーきもちは。「…」部分は通常読まないが、「てんてんてん」とする場合もある)とは、明石家さんま主演のフジテレビの特別番組である。心はロンリー気持ちは「…」 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年のテレビドラマ (日本)

    2000年のテレビドラマ (日本)から見た明石家さんま明石家さんま

    出演:明石家さんま、生瀬勝久、恵俊彰、一色紗英 他2000年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • さんま&岡村のプレミアムトークショー 笑う!大宇宙スペシャル!!

    さんま&岡村のプレミアムトークショー 笑う!大宇宙スペシャル!!から見た明石家さんま明石家さんま

    『さんま&岡村のプレミアムトークショー 笑う!大宇宙スペシャル!!』(さんまアンドおかむらのプレミアムトークショー わらうだいうちゅうスペシャル)とは、日本テレビ系列で2011年9月20日の19:56 - 22:48(JST)と、23:58 - 24:29(JST)に放送されたトークバラエティ番組の特別番組であり、明石家さんまと岡村隆史の冠番組でもある。さんま&岡村のプレミアムトークショー 笑う!大宇宙スペシャル!! フレッシュアイペディアより)

  • 大倉利晴

    大倉利晴から見た明石家さんま明石家さんま

    明石家さんまとは、1983年からニッポン放送の『明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン大放送』で共演、以後『オレたちひょうきん族』などさんま出演の番組の構成を務め、また同じラジオでは『明石家さんまのおしゃべりツバメ返し』(TBSラジオ)でも共演するなど、明石家ファミリーの一員に数えられるほどの親交となっていく。ひょうきん族のエンディングテロップでは大倉ヨイショ利晴と表示されるほど、ラジオなどで披露するそのヨイショぶりが周囲に評判となっていった。その他にも1990年頃に放送されていた「DANCE DANCE DANCE」(フジテレビ)で徐々に人気を得つつあったダウンタウンと共演したりもしている。大倉利晴 フレッシュアイペディアより)

  • タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ

    タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチから見た明石家さんま明石家さんま

    通称は「ゴルフマッチ」「BIG3ゴルフマッチ」「世紀のゴルフマッチ」「BIG3ゴルフ」。お笑いタレントタモリ・ビートたけし・明石家さんまの『BIG3』3名の冠番組である。タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんまのスポーツするぞ!大放送

    明石家さんまのスポーツするぞ!大放送から見た明石家さんま明石家さんま

    明石家さんまのスポーツするぞ!大放送(あかしやさんまのスポーツするぞ だいほうそう)は、1993年から1997年にフジテレビ系で放送されていた特別番組であり、明石家さんまの冠番組である。通称「さんスポ」。全部で11回行われたほか、正月特番『大新年会』として2回、『FNSの日』内のコーナーとして放送された。明石家さんまのスポーツするぞ!大放送 フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけしのオールナイトニッポン

    ビートたけしのオールナイトニッポンから見た明石家さんま明石家さんま

    これ以降翌年の3月19日まではオーディション番組「お笑い新人類大集合!!」(1987年1月いっぱい)やビートきよし、やしきたかじん・円広志、片岡鶴太郎、明石家さんまなどのスペシャルパーソナリティで繋ぎ、3月26日からは代理パーソナリティを主に大竹まことが務めた。ただしこの期間の番組タイトルにパーソナリティ名はなかった。ビートたけしのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • B&B (お笑いコンビ)

    B&B (お笑いコンビ)から見た明石家さんま明石家さんま

    しかし、この人気が原因で漫才のネタを考える時間が無くなり(移動時が唯一睡眠出来る時間だったと言われている)、同じネタを繰り返し使うようになって、徐々に観衆から飽きられるようになってしまう。事務所が小さく、来る仕事は全部受けて、自身もすり減った。ビートたけしは「B&Bとかザ・ぼんちとか、漫才ブームのなかのトップを目指したから潰れてしまったわけね。オレは漫才ブームのときには、自分で1位になってやろうなんて思ってなかったから。そのときから違うことやろうと思ってたからね。その後の勝負だとおもっていた」と述べている。1981年5月から始まった「オレたちひょうきん族」(フジテレビ)では、B&Bは裏番組の『爆笑ヒット大進撃!!』(日本テレビ)でレギュラーを持っており『ひょうきん族』への参加は半年遅れ、その頃には既にビートたけしと明石家さんまがメインになっておりB&Bは完全に脇にまわった。1982年の「笑ってる場合ですよ!」終了と同時に人気が急降下、1983年秋にB&Bを解散。B&Bは関西育ちの漫才コンビではあるが、当時は「漫才ブーム・東の主役」とも、「東京漫才御三家」ともいわれていた。吉本興業は当時、演芸場を三館経営し、テレビもラジオも制作していたため、西の漫才師はまず演芸場に出して、テレビで顔を売って、人気が無くなれば、また演芸場に戻すという「還流システム」を成功させていた。これに対して東の漫才師にとっては厳しい時代であった。東の常打ち演芸場は1980年8月に日比谷東宝演芸場が閉鎖されて以降、浅草松竹演芸場一館しかなく、しかも東京は落語が強く『色物』と呼ばれる漫才は漫談や奇術などと同じく添え物扱いを受け、寄席と落語協会、落語芸術協会の間には興行協定が結ばれ、漫才師などはその落語二協会の同意がなければ、寄席に出られない仕組みになっていた。そうした事情もあって1980年当時、東京の漫才コンビは60組程度であった。更に浅草松竹演芸場も浅草六区の再開発で1983年11月に閉鎖が決まっていた。B&Bの解散で「東京漫才御三家」は全て漫才を放棄した。洋七は精神的な理由で6年間の休養生活に入り、表舞台から姿を消した。B&B (お笑いコンビ) フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんまのずっとあなたが好きだった!

    明石家さんまのずっとあなたが好きだった!から見た明石家さんま明石家さんま

    『明石家さんまのずっとあなたが好きだった!』(あかしやさんまのずっとあなたがすきだった!)とは、TBS系列で放送されている感動バラエティ・特別番組であり、明石家さんまの冠番組である。明石家さんまのずっとあなたが好きだった! フレッシュアイペディアより)

1046件中 41 - 50件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード