1046件中 81 - 90件表示
  • 柳葉敏郎

    柳葉敏郎から見た明石家さんま明石家さんま

    『すてきな片想い』で共演した中山美穂に100本のバラを送ったことがある。そのことを当時『君の瞳をタイホする!』で共演していた浅野ゆう子にからかわれ、彼女の誕生日にも100本のバラを送った。『心はロンリー気持ちは「…」IV』『男女7人秋物語』で共演した明石家さんまとも仲がよく、『恋のから騒ぎ』の初期メンバーで元スチュワーデス(客室乗務員)の島田律子のことを二人で話題にしていたという。柳葉敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • ヤングおー!おー!

    ヤングおー!おー!から見た明石家さんま明石家さんま

    吉本興業所属の若手芸人の元祖登龍門的番組で、1950年代後半から1970年代前半までは松竹芸能の独走状態であった上方演芸界の勢力図を、現在のような吉本中心へと至らしめる骨格を築き上げたとされる。この番組で全国区の人気者へと上り詰めた仁鶴と三枝は、3か月遅れで番組レギュラー入りし大ヒット曲『嘆きのボイン』で猛追した月亭可朝を加えて俗に「上方落語若手三羽烏」と呼ばれた。また仁鶴・三枝・やすきよは「吉本御三家」と並び称された。ほかにもこの番組を「出世作」として人気に火が付き、全国進出のきっかけを作ったタレントは多い(後述)。明石家さんまが、ブレイクのきっかけとなるプロ野球の投手・小林繁のものまねを披露したのは、この番組が最初だった。ヤングおー!おー! フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のテレビ (日本)

    2015年のテレビ (日本)から見た明石家さんま明石家さんま

    土曜23:10 - 23:40に『オレたちひょうきん族』以来26年ぶりとなる明石家さんま司会によるバラエティ番組『さんまのお笑い向上委員会』が放送開始。2015年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ザッツお台場エンターテイメント!

    ザッツお台場エンターテイメント!から見た明石家さんま明石家さんま

    司会 明石家さんま、中村江里子(フジテレビアナウンサー、当時)ザッツお台場エンターテイメント! フレッシュアイペディアより)

  • 2017年のラジオ (日本)

    2017年のラジオ (日本)から見た明石家さんま明石家さんま

    モーニング娘。の元メンバーで、芸能活動を休止していた道重さゆみが、3月18日に放送される毎日放送『ヤングタウン土曜日』に出演・芸能活動に復帰することが、この日放送の同番組でパーソナリティーの明石家さんま(コメディアン・司会者)から発表される。2017年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんまのコンプレッくすっ杯

    明石家さんまのコンプレッくすっ杯から見た明石家さんま明石家さんま

    司会は、明石家さんまが務める。明石家さんまのコンプレッくすっ杯 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本清

    杉本清から見た明石家さんま明石家さんま

    日本中央競馬会 ※過去に明石家さんまと共演したことがある杉本清 フレッシュアイペディアより)

  • ライオンのいただきます

    ライオンのいただきますから見た明石家さんま明石家さんま

    東京・新宿のスタジオアルタにおいて公開生放送を行っていた。前の時間帯(12:00 - 13:00)に放送していた『森田一義アワー 笑っていいとも!』の観客を入れたまま、同じスタジオを続けて利用した。金曜日には、『笑っていいとも!』の曜日レギュラーであり、小堺とも親交が深い明石家さんまが、『いいとも!』終了後の流れでほぼ毎週オープニングトークに出演し、小堺と漫才チックなトークを繰り広げた。これは最初からコーナーとして設定したわけではなく、番組初期に正に流れでさんまが本番組のオープニングに顔を出したのが、そのまま恒例化したものである。なお、当初は特に時間制限はなかったが、トークが白熱し過ぎて本編の開始が遅れたこともあったため、後に5分程度を目処とした時間制限が設けられた。これ以降は時間切れを知らせるチャイムが鳴ると、即座にさんまが退場するようになった。番組開始から1年後の1985年10月には、小堺と「コサキン」として共演することの多い関根勤が『いいとも!』の金曜レギュラーに加入したため、さんまとコサキンの3人でオープニングトークを行っていたが、関根がいったん金曜レギュラーから離れたため、その後は小堺とさんまの2人だけに戻る。ライオンのいただきます フレッシュアイペディアより)

  • 澪つくし

    澪つくしから見た明石家さんま明石家さんま

    ラッパの弥太郎を演じた明石家さんまは、立っているだけのシーンにもかかわらず、リハーサルへの参加を強制されることに腹を立て、リハーサルだけではなく本番もさぼった。実際のシーンではトイレに行っていることとして処理された。さらに、出演することに嫌気がさしてきたため、自分の役の人物を殺してしまおうと、脚本にないにもかかわらず、醤油樽の中に自ら落ちて自殺を図った。樽から引き上げられた後、脚本を担当した三木から、さんまが演じた弥太郎のモデルは自分であることなどを打ち明けられるなど、コーヒー一杯で2時間あまり説教をされ、後には徐々に出演回数やセリフが減っていった。また、撮影中にNGが出たときは、大物共演者へは何の注意もなかったが、当時新人の沢口だけがディレクターから何度も叱責された。さんまが沢口の尻を触るシーンでは、沢口に配慮して最初触るふりだけをしていたのだが、沢口の演技に納得がいかないディレクターは本当に尻を触るように指示したが、それでも納得がいかなかったため、最後には尻を掴むようさんまに指示した。何テイクも撮り直しをしたこのシーンが最も大変だったとさんま本人が述べている。その影響からか、さんまは本作以降、NHKの番組へはほとんど出演しなくなった。澪つくし フレッシュアイペディアより)

  • オリンピックショウ 地上最大のクイズ

    オリンピックショウ 地上最大のクイズから見た明石家さんま明石家さんま

    1988年3月31日にフジテレビ開局30周年特番として放送された『開局30周年特別企画 フジテレビ30年史 秘蔵VTR一挙大公開』において本番組を再現するという企画が放送された。本番組のセットも再現され(ただし同番組では日清食品はスポンサーに付かなかったため、解答席の「日清食品」の文字は省略された)、司会は明石家さんまと楠田枝里子、出題のソクラテス役は本番組の司会者だった桂小金治が務めた。出場者はアナウンサー、ディレクターらを含むフジテレビの社員100人で、問題は全てフジテレビの歴史に関するものが出題された。オリンピックショウ 地上最大のクイズ フレッシュアイペディアより)

1046件中 81 - 90件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード