前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
535件中 1 - 10件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たビートたけし

    元々は落語家を志して2代目笑福亭松之助の弟子となり「笑福亭さんま」という芸名でデビューするが、師匠の推薦でお笑いタレントに転向。1970年代後半から現在まで芸能界の第一線で活躍を続けている国民的お笑いスターの1人であり、タモリ・ビートたけしと並び日本のお笑いBIG3の1人に称される。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た所ジョージ

    同年の7月に放送された『FNS27時間テレビ・FNSの日 十周年記念 1億2500万人の超夢リンピック』において実行副委員長として出演。ビートたけし、笑福亭鶴瓶、所ジョージ、田代まさし、そして番組パーソナリティーであったSMAPと共にFNS27時間テレビ最長の29時間30分の長丁場を乗り切った。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たタモリ

    元々は落語家を志して2代目笑福亭松之助の弟子となり「笑福亭さんま」という芸名でデビューするが、師匠の推薦でお笑いタレントに転向。1970年代後半から現在まで芸能界の第一線で活躍を続けている国民的お笑いスターの1人であり、タモリ・ビートたけしと並び日本のお笑いBIG3の1人に称される。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た笑福亭松之助

    元々は落語家を志して2代目笑福亭松之助の弟子となり「笑福亭さんま」という芸名でデビューするが、師匠の推薦でお笑いタレントに転向。1970年代後半から現在まで芸能界の第一線で活躍を続けている国民的お笑いスターの1人であり、タモリ・ビートたけしと並び日本のお笑いBIG3の1人に称される。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た島田紳助

    1980年代頃からは司会業が中心(トークのテンポを崩されると、すかさずツッコミやボケを入れ、それすら笑いに変える)。張り芸(声を張って笑いをとる芸)を得意としている。さんまのトークについて付き合いの長い島田紳助・中居正広・所ジョージ・中村勘三郎・桑田佳祐・マツコ・デラックス・元妻の大竹しのぶ・娘のIMALUからは「話を盛る」「話していることの九割は嘘」「どうしてそんなに嘘がつけるの?」などと辛辣な発言をされることがある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た大竹しのぶ

    1980年代頃からは司会業が中心(トークのテンポを崩されると、すかさずツッコミやボケを入れ、それすら笑いに変える)。張り芸(声を張って笑いをとる芸)を得意としている。さんまのトークについて付き合いの長い島田紳助・中居正広・所ジョージ・中村勘三郎・桑田佳祐・マツコ・デラックス・元妻の大竹しのぶ・娘のIMALUからは「話を盛る」「話していることの九割は嘘」「どうしてそんなに嘘がつけるの?」などと辛辣な発言をされることがある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たIMALU

    1985年8月12日、大阪でMBSラジオ『MBSヤングタウン』レギュラー出演のため、伊丹行きの日本航空123便に搭乗する予定だったが、直前の仕事である「ひょうきん族」の収録が早めに終わり、一便早い全日空の便に振り替えたため、日本航空123便墜落事故を免れた。同日の『ヤングタウン』では、「いつも使ってる便やから…」とショックを隠せず、この経験を機に、東京―大阪間の移動などは新幹線を利用するようになった。また、この経験から生まれたさんまの座右の銘が「生きてるだけで丸儲け」であり、娘IMALUの名前の由来になっている。この当時1年3ヶ月「同棲」関係のあった「東京の愛人」とのツーショット写真が掲載されるも明るく陽気に笑い飛ばし、大きなスキャンダルになることもなかった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たSMAP

    同年の7月に放送された『FNS27時間テレビ・FNSの日 十周年記念 1億2500万人の超夢リンピック』において実行副委員長として出演。ビートたけし、笑福亭鶴瓶、所ジョージ、田代まさし、そして番組パーソナリティーであったSMAPと共にFNS27時間テレビ最長の29時間30分の長丁場を乗り切った。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たフジテレビジョン

    1979年、関西テレビで午後7時から放送された番組「誰がカバやねんロックンロールショー」で初の司会役に抜擢。フジテレビ系の「裸の大将放浪記」で、和菓子屋ぎおん堂の番頭としてゲスト出演。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た小林繁

    舞台でのさんまは、プロ野球阪神タイガースの投手小林繁の投球フォームなどの形態模写の芸で知られるようになった。初めてのレギュラー番組は、1978年のMBSラジオ「ふれあい広場決定版」。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
535件中 1 - 10件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード