前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
497件中 1 - 10件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た島田紳助

    現在では司会業が中心で、20年以上続く番組もある。聞き手に回りながらも、相手の何気ない一言を即席の持ちネタにし、話の節目やオチで効果的に連呼し使用する特徴がある。トークのテンポに関してはこだわりを持っており、テンポを崩されるとすかさずツッコミやボケを入れる。例えば、番組中に質問した際に相手が考え込んでしまうと、たいていは「早よ言え」などとツッコんだり自らボケを挟んで笑いを取りにかかる(本人曰く、嘘や適当な答えでも話が広がりさえすればそれでいいので、とにかくパッと早く答えて欲しいという)。それ故に、付き合いの長い島田紳助や中居正広(SMAP)、元妻の大竹しのぶからは「話を盛る」「話していることの九割は嘘」「どうしてそんなに嘘がつけるの?」などと辛辣な言葉を掛けられることがある。さらに、多少親交のある人物と会話すると、相手の話をほとんど聞かずに自分でひたすらしゃべり倒してしまう。時たま相手に話を聞くときもあるが、途中で「そんな話はええねん!」などと言って強引に止めさせたり、相手の話に細かくツッコミを入れて笑いに変えてしまうので会話は弾まない傾向にある。また、暇があると自分が出演した番組を自分で視聴し、自分の演技を見て自分で笑っているらしい。元妻の大竹しのぶによるとさんまのこの行動がきっかけとなって離婚話が決まったという。普段、自分の番組は絶対見ないというタモリや島田紳助は「人が出ている所は早送りにして、自分が出てくると引き笑いをする」「自分ファンだから」と呆れていた。張り芸(声を張って笑いをとる芸)を得意とする。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たビートたけしビートたけし

    1980年代後半以降から国民的お笑いスターとして活躍を続けている。タモリ、ビートたけしとともに、日本のお笑い芸人BIG3の1人として称される。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たフジテレビジョン

    睡眠時間が極度に少ない。本人曰く、「今までの人生で10時間以上寝たことは一度もない」とのこと。寝顔を人に見られるのを極端に嫌い、新幹線で寝ていた際、すぐ後ろに座っていた宮迫博之が寝ていると思った次の瞬間、パッと起き上がって振り返り、宮迫に「(俺が寝ていたこと)絶対言うなや」と言った。また、東野幸治によると吉本興業の若手芸人の中では「さんまさんの寝顔を三回見たら願いが叶う」という言い伝えがある。TBS『明石家さんちゃんねる』では、さんまがあまりにも寝顔を見せないため、「さんまの寝顔写真大募集」という企画が行われた。しかし、送られてきたのはたったの1通で、しかも13年前に1度だけ寝顔を撮られた写真やフジテレビ『さんタク』にて、キムタクが勝手に撮影した写真ぐらいである。娘のIMALUでさえも、「父の寝顔は見たことがない」と語る。なお寝ない理由については、自分が録画した番組を観るという理由と、「自分に「寝る」というキャラクターが無いと考えているので寝ない」という理由だという。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た大竹しのぶ大竹 しのぶ

    現在では司会業が中心で、20年以上続く番組もある。聞き手に回りながらも、相手の何気ない一言を即席の持ちネタにし、話の節目やオチで効果的に連呼し使用する特徴がある。トークのテンポに関してはこだわりを持っており、テンポを崩されるとすかさずツッコミやボケを入れる。例えば、番組中に質問した際に相手が考え込んでしまうと、たいていは「早よ言え」などとツッコんだり自らボケを挟んで笑いを取りにかかる(本人曰く、嘘や適当な答えでも話が広がりさえすればそれでいいので、とにかくパッと早く答えて欲しいという)。それ故に、付き合いの長い島田紳助や中居正広(SMAP)、元妻の大竹しのぶからは「話を盛る」「話していることの九割は嘘」「どうしてそんなに嘘がつけるの?」などと辛辣な言葉を掛けられることがある。さらに、多少親交のある人物と会話すると、相手の話をほとんど聞かずに自分でひたすらしゃべり倒してしまう。時たま相手に話を聞くときもあるが、途中で「そんな話はええねん!」などと言って強引に止めさせたり、相手の話に細かくツッコミを入れて笑いに変えてしまうので会話は弾まない傾向にある。また、暇があると自分が出演した番組を自分で視聴し、自分の演技を見て自分で笑っているらしい。元妻の大竹しのぶによるとさんまのこの行動がきっかけとなって離婚話が決まったという。普段、自分の番組は絶対見ないというタモリや島田紳助は「人が出ている所は早送りにして、自分が出てくると引き笑いをする」「自分ファンだから」と呆れていた。張り芸(声を張って笑いをとる芸)を得意とする。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たタモリ

    1980年代後半以降から国民的お笑いスターとして活躍を続けている。タモリ、ビートたけしとともに、日本のお笑い芸人BIG3の1人として称される。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た笑福亭松之助

    明石家 さんま(あかしや さんま、1955年〈昭和30年〉7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティー。落語家を志して2代目笑福亭松之助門下となったが、師匠命令でお笑いタレントに転向した。 本名、杉本 高文(すぎもと たかふみ)。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た所ジョージ所 ジョージ

    愛称は「さんちゃん」(所ジョージ、高見沢俊彦など同年代の親しい人物が使用)紳助は愛称だけでなく「杉本」と本名で呼ぶことがある。BIG3であるタモリ、ビートたけしからは「さんま」「さんちゃん」「さんまちゃん」「明石家さんま師匠」「出っ歯」「お前」「あんた」と呼ばれる。たけしは「明石家」と呼ぶこともある。またタモリは第三者とさんまのことについて話す際は、「あの男」と表現する。さんまは年上のタモリとたけしを基本的にはさん付けで呼ぶが、突っ込む時には、たけしを「ビート」、「たけ」、「たけし」、「おっさん」と呼び捨て、タモリを「タモリ」、「タモさん」、「森田」と呼び捨てにしたり、芸能界の後輩でもあることから「あんた」「お前」と呼ぶ場合もある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た日本テレビ放送網

    日本テレビが「チャリティー番組」として放送している『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』へは番組の顔的存在である徳光和夫と共演NGのため基本的に出演していない。同番組から出演依頼が来た際、さんまのノーギャラ出演の意向を制作者が拒否し出演辞退となった経緯があるが、その一方で2010年のフジテレビ『FNS26時間テレビ』内「さんま・中居の今夜も眠れない」内で「『24時間テレビ』の司会をやりながら、100キロ走って募金を集めたい」と語ったこともある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たIMALUIMALU

    睡眠時間が極度に少ない。本人曰く、「今までの人生で10時間以上寝たことは一度もない」とのこと。寝顔を人に見られるのを極端に嫌い、新幹線で寝ていた際、すぐ後ろに座っていた宮迫博之が寝ていると思った次の瞬間、パッと起き上がって振り返り、宮迫に「(俺が寝ていたこと)絶対言うなや」と言った。また、東野幸治によると吉本興業の若手芸人の中では「さんまさんの寝顔を三回見たら願いが叶う」という言い伝えがある。TBS『明石家さんちゃんねる』では、さんまがあまりにも寝顔を見せないため、「さんまの寝顔写真大募集」という企画が行われた。しかし、送られてきたのはたったの1通で、しかも13年前に1度だけ寝顔を撮られた写真やフジテレビ『さんタク』にて、キムタクが勝手に撮影した写真ぐらいである。娘のIMALUでさえも、「父の寝顔は見たことがない」と語る。なお寝ない理由については、自分が録画した番組を観るという理由と、「自分に「寝る」というキャラクターが無いと考えているので寝ない」という理由だという。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た中居正広

    現在では司会業が中心で、20年以上続く番組もある。聞き手に回りながらも、相手の何気ない一言を即席の持ちネタにし、話の節目やオチで効果的に連呼し使用する特徴がある。トークのテンポに関してはこだわりを持っており、テンポを崩されるとすかさずツッコミやボケを入れる。例えば、番組中に質問した際に相手が考え込んでしまうと、たいていは「早よ言え」などとツッコんだり自らボケを挟んで笑いを取りにかかる(本人曰く、嘘や適当な答えでも話が広がりさえすればそれでいいので、とにかくパッと早く答えて欲しいという)。それ故に、付き合いの長い島田紳助や中居正広(SMAP)、元妻の大竹しのぶからは「話を盛る」「話していることの九割は嘘」「どうしてそんなに嘘がつけるの?」などと辛辣な言葉を掛けられることがある。さらに、多少親交のある人物と会話すると、相手の話をほとんど聞かずに自分でひたすらしゃべり倒してしまう。時たま相手に話を聞くときもあるが、途中で「そんな話はええねん!」などと言って強引に止めさせたり、相手の話に細かくツッコミを入れて笑いに変えてしまうので会話は弾まない傾向にある。また、暇があると自分が出演した番組を自分で視聴し、自分の演技を見て自分で笑っているらしい。元妻の大竹しのぶによるとさんまのこの行動がきっかけとなって離婚話が決まったという。普段、自分の番組は絶対見ないというタモリや島田紳助は「人が出ている所は早送りにして、自分が出てくると引き笑いをする」「自分ファンだから」と呆れていた。張り芸(声を張って笑いをとる芸)を得意とする。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
497件中 1 - 10件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード