535件中 91 - 100件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た小田和正

    初出演は1984年2月13日の「テレフォンショッキング」のテレフォンゲスト。この時に翌日のテレフォンゲストとして、司会のタモリがかねてから「嫌い」と公言していた小田和正を紹介した。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た間寛平

    さんま自身が毎年出演し番組の顔になっている『FNS27時間テレビ』の基になった、「チャリティー番組」『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』へは1995年8月26・27日放送回でマラソンランナーを務めた間寛平の応援でチアリーダーに扮して出演したのみで、基本的には「自身が出ると嘘臭く見える」「毎日地球を救いたい気持ちで生きているのに、あの日に限ってそういったことをする事に疑問を持っている」という理由で断っている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た横山やすし

    さんまは1976年1月、日本テレビ系でテレビデビューを果たす。「落語家の成人式」というテーマで、20歳を迎える上方落語家をゲスト出演させるという内容だった。師匠・松之助は、「人と同じことして売れるはずがない」として、さんまに「赤いブレザーを着ていけ」とアドバイスした。番組内では、女性漫才コンビ「海原千里・万里」の海原千里から、「性の四十八手以外に知っている技がある人は?」という質問に対し、「逆さ十文字落としでぇーす」と答えて技を説明した。スタジオは爆笑だったが司会の藤本義一から「さんまかいわしか知らんけどな、テレビで言うてええことと悪いことがあんねや。それぐらい覚えて出て来い!」とCM中に叱責される。しかし、横山やすしには「気に入った!飲みに行こ!」と気に入られ、その後やすしと共に朝まで飲みやすしの家に招待されて朝の5時に船のモーター音のテストをさせられたという。また、この放送を見ていた松之助は、のちにさんまを大いに絶賛している。松之助いわく、出演者の多くが着物姿の中、忠告に従って営業用の赤いブレザーを着用して放送に臨み、またよくしゃべったさんまは目立ったという。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たポール・ニューマン

    映画も好きで役者では特にハンフリー・ボガートやピーター・セラーズ、ポール・ニューマン、スティーブ・マックイーン、菅原文太、ジェームズ・ディーン、ケヴィン・コスナー、ヴィヴィアン・リー、薬師丸ひろ子の大ファン。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た里見まさと

    若手の頃、兄弟子の五所の家小禄と漫才、コントのコンビを組んだり、花月の舞台ではB&B(島田洋七・洋八)、西川のりお・上方よしお、ザ・ぼんち(ぼんちおさむ・里見まさと)らと、「ビールス7」というコントユニットを組んでいた時期もあった。「アトムスリム」と言う漫才コンビを組んでいた時期もある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た忌野清志郎

    1982年 い・け・な・いお化粧マジック(島田紳助と)(「い・け・な・いルージュマジック」(忌野清志郎+坂本龍一)のパロディ)明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たしずちゃん

    2009年7月24日金曜日の「テレフォンショッキング」にもしずちゃんの紹介で出演。この時さんまは友達として次回のテレフォンゲストに同年の第23回FNSの日『FNSの日26時間テレビ2009 超笑顔パレード 爆笑!お台場合宿!!』総合司会の島田紳助を紹介した。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たナインティナイン

    1995年12月22日金曜日に翌年年明け放送・自身が司会の年末年始特番「明石家福禄寿の史上最大のプレゼントショー "正月なのに…"編」番宣のため、降板以来3ヶ月ぶりにいいとも!にゲスト出演。後輩のナインティナインがコーナー司会を務めていた「ジジィびんびん物語」のコーナーに出演する。ゲストとしては珍しい後説のコーナー(増刊号の「放送終了後」のコーナー)出演も行い、タモリ・金曜レギュラー後任のナイナイ・K2の勝俣州和・田原俊彦とフリートークを繰り広げた。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たシャ乱Q

    1986年 シングル・ベッド(カップリングは飛鳥涼作詞作曲の「TEKU TEKU」、作詞:澤地隆、作曲:CHAGE、シャ乱Qの曲とは同名異曲) - オリコン31位明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た安藤勝己

    2004年の日本ダービーに岡田美佐子が所有するコスモバルクで勝負し惨敗。コスモバルクの枠が5枠(黄色)だったため、黄色のスーツに黄色のネクタイを着用。表彰式では勝利したキングカメハメハの手綱を取った安藤勝己に対して、トロフィー授与のプレゼンターを務めた。その際、馬券が外れた腹いせか片手でトロフィーを渡そうとしたり、レッドカーペットの上で土下座をしたりした。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

535件中 91 - 100件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード