497件中 91 - 100件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た土屋敏男

    2月1日、NHKと日本テレビがテレビ放送開始60周年を記念して共同制作した大型特別番組『60番勝負』の第1夜に、日本テレビの土屋敏男からのオファーを受け出演。さんまのNHK出演自体は、1985年の連続テレビ小説『澪つくし』以来28年ぶり、NHK制作のバラエティ番組への出演は『クイズ面白ゼミナール』の1983年2月27日放送分以来、実に30年ぶりであった。深夜の生放送にも関わらずサプライズゲストとして登場したさんまは、『面白ゼミナール』で欠伸をしたために批判の投書が殺到したエピソードと、「紅白歌合戦の司会をする」という夢を語った。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たウッチャンナンチャンウッチャンナンチャン

    1990年代前半には『オレたちひょうきん族』も終わり、またダウンタウンやウッチャンナンチャンなどの人気が急上昇、5年連続して1位だったNHKの『好きなタレント調査』でトップ陥落するなど一時的に人気に陰りが見えたこともあったが、95年には6年ぶりに1位を記録、1998年以降は再び5年連続して1位になるなど返り咲いている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た松田聖子松田 聖子

    どっちもどっち(1990年11月1日公開、東宝、【W主演:松田聖子】) - 主演・村田正道 役明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たジミー大西

    また、村上ショージやジミー大西など付き合いの古い後輩芸人からは親しみを込めて「若」と呼ばれている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たビリー・ブランクス

    6月1日放送の「さんまのまんま」で後輩であるダウンタウン・松本人志と10年振りに共演。長年ささやかれていた不仲説もあり話題となった。6月13日放送の明石家さんちゃんねるで次長課長の河本がビリーズブートキャンプを紹介するが、さんまは一蹴するも、後日「明石家さんちゃんねる」2007年6月27日放送でビリー・ブランクス本人がスタジオ外のロビーで共演、さんまはさとうきび畑の唄の旧日本軍の軍服姿でビリーに最後まで抵抗、ビリーもさんまを挑発していた。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たアンジャッシュアンジャッシュ

    趣味はゴルフ・テレビでスポーツ観戦・ギャンブル(パチンコや競馬、麻雀)・テニス。漫画もよく読み、『タッチ』の浅倉南や『うる星やつら』のラムを理想の女性像に挙げている。『ドラゴンボール』ファンであり、多数のグッズをコレクションしている。ファンからグッズが送られて来ることもあると言う。2010年4月18日放送の「おしゃれイズム」においてコレクションの一部が公開された。2010年には麻雀仲間であるアンジャッシュの児嶋一哉に薦められてハマった『ONE PIECE』を読破し、2011年の『さんタク』では同じく『ONE PIECE』ファンである木村拓哉と会話を盛り上げていた。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たイチロー

    1996年、フジテレビの人気刑事ドラマ『古畑任三郎』シーズン2の初回スペシャルに犯人役でゲスト出演。古畑の部下である今泉巡査の知り合いでやり手の弁護士・小清水潔を演じる。当初は売れないロックシンガーの役の予定だったが、プロットを聞いたさんまは脚本家の三谷幸喜に対して軽い気持ちで「弁護士と古畑が闘うってのはおもしろいんじゃない?」と提案。すると自らも法廷モノが好きな三谷は快諾し脚本を書くが、あまりにもセリフが多くなりそれを覚えられないさんまに対し、主演の田村正和が撮影中に「今度間違えたら自分が帰りますよ」と言ったという。しかし、その直後に田村自身が「古畑任三郎」の中では初めてとなるNGを出してしまい、さんまが「あんた、これ貸しな。これでおあいこや。」と田村に発言した。スタッフ一同は凍りついたが無事に撮影は終了、さんまは今泉役の西村雅彦に別室に呼び出され、「さんまちゃん。あれはダメなの」と叱られたという。そういったこともあり、さんまは撮影後、「法廷物はもう嫌だ」と漏らしたと言われているが、後にゲスト出演したイチローがさんまが出演した回が好きだと語っているように古畑ファンからの人気は高い作品となっている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た里見まさと

    若手のころ、兄弟子の五所の家小禄と漫才、コントのコンビを組んだり、花月の舞台ではB&B(島田洋七・洋八)、西川のりお・上方よしお、ザ・ぼんち(ぼんちおさむ・里見まさと)らと、「ビールス7」というコントユニットを組んでいた時期もあった。「アトムスリム」と言う漫才コンビを組んでいた時期もある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た雨上がり決死隊

    8月6日放送分のテレビ朝日系『アメトーーク!』に、雨上がり決死隊の結成20周年企画のサプライズゲストとして出演。当初、さんまのテレビ朝日系の番組出演は14年ぶりと報道されたが、実際には1999年4月16日放送の『ミュージックステーション』の生放送にゲスト出演している。この回の『アメトーーク!』はさんまが司会、雨上がりの2人がゲストとして雨上がり決死隊が歩んできた20年の歴史を振り返る企画が放送されたが、さんまが何度もトークを本題から脱線させるため、全てを振り返ることができなかった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た安藤勝己

    2004年の日本ダービーに岡田美佐子が所有するコスモバルクで勝負し惨敗。コスモバルクの枠が5枠(黄色)だったため、黄色のスーツに黄色のネクタイを着用。表彰式では勝利したキングカメハメハの手綱を取った安藤勝己に対して、トロフィー授与のプレゼンターを務めた。その際、馬券が外れた腹いせか片手でトロフィーを渡そうとしたり、レッドカーペットの上で土下座をしたりした。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

497件中 91 - 100件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード