535件中 11 - 20件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た桑田佳祐

    1980年代頃からは司会業が中心(トークのテンポを崩されると、すかさずツッコミやボケを入れ、それすら笑いに変える)。張り芸(声を張って笑いをとる芸)を得意としている。さんまのトークについて付き合いの長い島田紳助・中居正広・所ジョージ・中村勘三郎・桑田佳祐・マツコ・デラックス・元妻の大竹しのぶ・娘のIMALUからは「話を盛る」「話していることの九割は嘘」「どうしてそんなに嘘がつけるの?」などと辛辣な発言をされることがある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た笑福亭鶴瓶

    同年の7月に放送された『FNS27時間テレビ・FNSの日 十周年記念 1億2500万人の超夢リンピック』において実行副委員長として出演。ビートたけし、笑福亭鶴瓶、所ジョージ、田代まさし、そして番組パーソナリティーであったSMAPと共にFNS27時間テレビ最長の29時間30分の長丁場を乗り切った。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た吉本興業

    明石家さんま(あかしやさんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、ラジオパーソナリティー。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。吉本興業所属。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た桂文枝 (6代目)

    新婚さんいらっしゃい!(朝日放送) - 桂三枝(現・六代桂文枝)の代理の司会(片平なぎさと共演)明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た菅原文太

    デビュー当初は菅原文太、桜田淳子のものまねや、当時人気だったプロ野球・阪神タイガースの小林繁の形態模写や漫談が主であったが、周囲からは「似てない」と酷評され、名前が売れるようになってからはこの2人の物真似を人前ですることはほとんどない。ピンで演じることもあったが、兄弟子の明石家小禄(後に五所の家小禄と改名)とのコンビで、コントスタイルで演じることもあった。ただし、最初は巨人の小林として形態模写をしており、江川卓とのトレードで阪神へ移籍した際にこの芸を封印したが、トレード直後の阪神での小林の活躍に伴い、関西地区で小林の形態模写を熱望されるようになり、渋々再開したところ、小林と相乗効果で人気を集めるようになった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た中居正広

    1980年代頃からは司会業が中心(トークのテンポを崩されると、すかさずツッコミやボケを入れ、それすら笑いに変える)。張り芸(声を張って笑いをとる芸)を得意としている。さんまのトークについて付き合いの長い島田紳助・中居正広・所ジョージ・中村勘三郎・桑田佳祐・マツコ・デラックス・元妻の大竹しのぶ・娘のIMALUからは「話を盛る」「話していることの九割は嘘」「どうしてそんなに嘘がつけるの?」などと辛辣な発言をされることがある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た月亭八方

    1976年、毎日放送の人気番組「ヤングおー!おー!」に初出演。司会の桂三枝の目に留まり、1978年頃からレギュラー出演を果たす。「チャッピー」と名付けられ、三枝の愛と厳しさに育まれながら、次第に頭角をあらわす。4代目林家小染・月亭八方・桂きん枝・桂文珍の番組内ユニットを改編してさんまをメインにした「さんまアンド大阪スペシャル」を立ち上げ、諸先輩を差し置いて1コーナーを任されるまでになる。やがて、関西を中心にアイドル的な人気を勝ち取る。1981年4月より、10年余りにわたる同番組司会を卒業することとなった三枝からの指名によって後継司会者の座に付き、番組終了時まで2年9か月にわたり晩期の同番組の大黒柱として活躍した。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た松山千春

    ナンデスカマン - 大阪万博のテーマソングである「世界の国からこんにちは」に似せた歌と共に登場。甲高い声で「ナンデスカー」と聞き返し相手に不快感を与える。対決の時にビックリ箱を使ってタケちゃんマンと戦う為、さんまが頼んで松山千春が「ビックリ箱の唄」を作った。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たビビる大木

    1997年12月11日木曜日に「テレフォンショッキング」に、前妻である大竹しのぶの紹介でゲスト出演。前日の電話の際には大竹に対し「俺、お前の友達ちゃうやろ!」と発言した。以後同番組への出演はなかったが、自身が総合司会を務めた2008年7月の『FNS27時間テレビ』内の「増刊号生スペシャル」にて行われた「テレフォンショッキング」にビビる大木の紹介で登場、タモリと約47分間のフリートークを繰り広げた。当日の新聞のラテ欄には「タモリとテレフォンショッキングで最長記録樹立か」と書かれていたが、その言葉通り「増刊号生スペシャル」も含めた全てのテレフォンショッキングの中で最長記録を樹立した。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たBEGIN (バンド)

    2011 FNS歌謡祭(2011年12月7日) - BEGIN、SMAPとのコラボレーションで「笑顔のまんま」を披露。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

535件中 11 - 20件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード