497件中 11 - 20件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た木村拓哉

    ドラマ『空から降る一億の星』でダブル主演を務めた木村拓哉と交友を深めたことがきっかけで、2003年1月3日に放送された『さんタク』をすることになったと言われている。2003年以降、毎年、お正月に放送されており、2005年には、ついに元日に放送された。この『さんタク』を始めたことにより、SMAPの中居正広『さんま・中居の今夜も眠れない』と木村拓哉『さんタク』それぞれと番組を持ったことになる。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た小林繁

    デビュー当初は菅原文太、桜田淳子のものまねや、当時人気だったプロ野球・阪神タイガースの小林繁の形態模写や漫談が主であった。ただし、同期の紳助によると菅原文太と桜田淳子の物真似は「死ぬぐらい似ていなかった」ようで、「あれではお金は取れない」と断言されている。そうした経緯もあってか名前が売れるようになってからはこの2人の物真似を人前ですることはほとんど無い。ピンで演じることもあったが、兄弟子の明石家小禄(後に五所の家小禄と改名)とのコンビで、コントスタイルで演じることもあった。ただし、最初は巨人の小林として形態模写をしており、江川卓とのトレードで阪神に移籍した際にこの芸を封印したが、トレード直後の阪神での小林の活躍に伴い、関西地区で小林の形態模写を熱望されるようになり、渋々再開したところ、小林と相乗効果で人気を集めるようになった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たSMAP

    現在では司会業が中心で、20年以上続く番組もある。聞き手に回りながらも、相手の何気ない一言を即席の持ちネタにし、話の節目やオチで効果的に連呼し使用する特徴がある。トークのテンポに関してはこだわりを持っており、テンポを崩されるとすかさずツッコミやボケを入れる。例えば、番組中に質問した際に相手が考え込んでしまうと、たいていは「早よ言え」などとツッコんだり自らボケを挟んで笑いを取りにかかる(本人曰く、嘘や適当な答えでも話が広がりさえすればそれでいいので、とにかくパッと早く答えて欲しいという)。それ故に、付き合いの長い島田紳助や中居正広(SMAP)、元妻の大竹しのぶからは「話を盛る」「話していることの九割は嘘」「どうしてそんなに嘘がつけるの?」などと辛辣な言葉を掛けられることがある。さらに、多少親交のある人物と会話すると、相手の話をほとんど聞かずに自分でひたすらしゃべり倒してしまう。時たま相手に話を聞くときもあるが、途中で「そんな話はええねん!」などと言って強引に止めさせたり、相手の話に細かくツッコミを入れて笑いに変えてしまうので会話は弾まない傾向にある。また、暇があると自分が出演した番組を自分で視聴し、自分の演技を見て自分で笑っているらしい。元妻の大竹しのぶによるとさんまのこの行動がきっかけとなって離婚話が決まったという。普段、自分の番組は絶対見ないというタモリや島田紳助は「人が出ている所は早送りにして、自分が出てくると引き笑いをする」「自分ファンだから」と呆れていた。張り芸(声を張って笑いをとる芸)を得意とする。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た関西テレビ放送

    同郷の杉本清(大和高田市出身)とも親交があり、桜花賞、天皇賞(春・秋)、日本ダービー、宝塚記念、菊花賞、エリザベス女王杯、ジャパンカップ、有馬記念の前日には『サタうま!』で予想トークをする。また年末に『夢競馬』として1年間のGI振り返りトークする番組がある(両番組とも関西テレビ制作である)。姓が同じ「杉本」なので、杉本清をお父さんと呼ぶこともある(杉本清が馬券を獲ったときに「お父さんからお小遣いをもらった」など)。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た桂文枝 (6代目)

    笑福亭松之助に弟子入りした当初の芸名は「笑福亭さんま」であった。なお、「さんま」という芸名は、さんまの実家が水産加工業を営んでいたことから命名。その後、「明石家さんま」に改名。「明石家」は師匠・笑福亭松之助の本名「明石徳三」から貰い受けたもので、当時は松之助門下の多くが「明石家」を名乗っていた(「明石屋さんま」は誤字)。亭号を「明石家」に改めた理由としては、落語を演じない者に一門の「笑福亭」を与えることは許されないとした、一門の方針によるというのが通説になっている。しかし師である松之助自身一時落語を離れ、喜劇役者に専念していた時期があったことや、吉本に所属していた月亭可朝、笑福亭仁鶴、6代目桂文枝らのタレントとしての活躍、兄弟子の明石家つる松(後の橘家圓三)は古典落語しか演じなかったこと、それに「明石家」自体が落語家的な亭号からして、落語をしないことが「明石家」を名乗る直接の理由ではないといえる。松之助の兄弟子にあたる6代目笑福亭松鶴は、直弟子の鶴瓶にはほとんど落語の稽古をつけていないし、当時鶴瓶も落語をほとんど演じなかった。対して松之助はさんまには落語を少ないながらも教えている。さんまもデビュー間もない頃は岩田寄席など地域寄席で古典落語を演じ、毎日放送の大喜利番組では着物を着て落語家として出演していた。松之助は長男には明石家のんき、次男にはパーポ明石と芸名を付けている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た田村正和

    1996年、フジテレビの人気刑事ドラマ『古畑任三郎』シーズン2の初回スペシャルに犯人役でゲスト出演。古畑の部下である今泉巡査の知り合いでやり手の弁護士・小清水潔を演じる。当初は売れないロックシンガーの役の予定だったが、プロットを聞いたさんまは脚本家の三谷幸喜に対して軽い気持ちで「弁護士と古畑が闘うってのはおもしろいんじゃない?」と提案。すると自らも法廷モノが好きな三谷は快諾し脚本を書くが、あまりにもセリフが多くなりそれを覚えられないさんまに対し、主演の田村正和が撮影中に「今度間違えたら自分が帰りますよ」と言ったという。しかし、その直後に田村自身が「古畑任三郎」の中では初めてとなるNGを出してしまい、さんまが「あんた、これ貸しな。これでおあいこや。」と田村に発言した。スタッフ一同は凍りついたが無事に撮影は終了、さんまは今泉役の西村雅彦に別室に呼び出され、「さんまちゃん。あれはダメなの」と叱られたという。そういったこともあり、さんまは撮影後、「法廷物はもう嫌だ」と漏らしたと言われているが、後にゲスト出演したイチローがさんまが出演した回が好きだと語っているように古畑ファンからの人気は高い作品となっている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た上沼恵美子

    同学年でもある上沼恵美子とは、若手同士の時代に関西で何度か共演もしてきたが、2004年に関西テレビ『さんまのまんま』に上沼がゲスト出演した際にさんまが上沼を不愉快にさせるような発言したことで、以後上沼はさんまと共演NGの意向であるという。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た松山千春松山 千春

    怪人アミダ婆 - コシノジュンコデザインの服、桑田佳祐作詞作曲のアミダ婆の曲で登場。怪人ビックリ箱。ビックリ箱で人を驚かせる。感傷的なテーマソング曲の作詞作曲は松山千春明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た東京03東京03

    11月17日放送分の『踊る!さんま御殿!!』に東京03が出演。この時、同番組司会のさんまは、10月3日に放送されたTBS『オールスター感謝祭』で総合司会の島田紳助が「本番前に挨拶に来なかったから」と解答者の東京03に暴行した話題に触れ、東京03は「(出演者の人数が多いのであいさつに行くのは逆に失礼だと思い)本番前に挨拶に行かなかったため」と弁明。さんまは東京03の気遣いを紳助が誤解していた部分もあったとして、「互いに誤解して起きたことだから、仕方ない」とフォローした。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た笑福亭鶴瓶笑福亭 鶴瓶

    笑福亭松之助(さんまの師匠)と6代目笑福亭 松鶴(鶴瓶の師匠)の師匠(5代目笑福亭 松鶴)が同じ縁で、笑福亭鶴瓶を「兄さん」と呼んでいる。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

497件中 11 - 20件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード