497件中 21 - 30件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た桑田佳祐

    怪人アミダ婆 - コシノジュンコデザインの服、桑田佳祐作詞作曲のアミダ婆の曲で登場。怪人ビックリ箱。ビックリ箱で人を驚かせる。感傷的なテーマソング曲の作詞作曲は松山千春。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た高見沢俊彦

    愛称は「さんちゃん」(所ジョージ、高見沢俊彦など同年代の親しい人物が使用)紳助は愛称だけでなく「杉本」と本名で呼ぶことがある。BIG3であるタモリ、ビートたけしからは「さんま」「さんちゃん」「さんまちゃん」「明石家さんま師匠」「出っ歯」「お前」「あんた」と呼ばれる。たけしは「明石家」と呼ぶこともある。またタモリは第三者とさんまのことについて話す際は、「あの男」と表現する。さんまは年上のタモリとたけしを基本的にはさん付けで呼ぶが、突っ込む時には、たけしを「ビート」、「たけ」、「たけし」、「おっさん」と呼び捨て、タモリを「タモリ」、「タモさん」、「森田」と呼び捨てにしたり、芸能界の後輩でもあることから「あんた」「お前」と呼ぶ場合もある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た毎日放送

    笑福亭松之助に弟子入りした当初の芸名は「笑福亭さんま」であった。なお、「さんま」という芸名は、さんまの実家が水産加工業を営んでいたことから命名。その後、「明石家さんま」に改名。「明石家」は師匠・笑福亭松之助の本名「明石徳三」から貰い受けたもので、当時は松之助門下の多くが「明石家」を名乗っていた(「明石屋さんま」は誤字)。亭号を「明石家」に改めた理由としては、落語を演じない者に一門の「笑福亭」を与えることは許されないとした、一門の方針によるというのが通説になっている。しかし師である松之助自身一時落語を離れ、喜劇役者に専念していた時期があったことや、吉本に所属していた月亭可朝、笑福亭仁鶴、6代目桂文枝らのタレントとしての活躍、兄弟子の明石家つる松(後の橘家圓三)は古典落語しか演じなかったこと、それに「明石家」自体が落語家的な亭号からして、落語をしないことが「明石家」を名乗る直接の理由ではないといえる。松之助の兄弟子にあたる6代目笑福亭松鶴は、直弟子の鶴瓶にはほとんど落語の稽古をつけていないし、当時鶴瓶も落語をほとんど演じなかった。対して松之助はさんまには落語を少ないながらも教えている。さんまもデビュー間もない頃は岩田寄席など地域寄席で古典落語を演じ、毎日放送の大喜利番組では着物を着て落語家として出演していた。松之助は長男には明石家のんき、次男にはパーポ明石と芸名を付けている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た讀賣テレビ放送

    大阪ほんわかテレビ(2013年3月17日)(よみうりテレビ明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たキッコーマン

    キッコーマン ぽん酢しょうゆ(1986年 - 1987年)、丸大豆しょうゆ(2009年 -)※2010年3月から広末涼子とフジテレビ系ドラマ『世界で一番パパが好き』以来約12年ぶりに共演。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たテレビ東京

    テレビ東京については、かつて自身が司会をした『サタデーナイトショー』が、さんまと淡路恵子とのトークが好評を博し深夜0時台の放送にも関わらず最高視聴率は13%を超え、当時のテレビ東京全番組中で最高視聴率を獲得したが、「局の最高視聴率番組がお色気番組とは体裁が悪い」という上層部の判断で、人気番組であったが終了となった。これが未だにさんまにとって遺恨を残し、本人もたびたび「人気番組だったのにテレ東の上層部に潰された」と語っており、現在もテレビ東京に出演を控える傾向がある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たテレビ朝日

    プロ野球・巨人ファンである。また高校野球も好きで、テレビ朝日アナウンサーの島本真衣とロケに行った際は、その時受けていたエステそっちのけで父の島本講平の話題に食いついていた。小学生の頃は軟式野球をしていたことがある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た日本ダービー

    同郷の杉本清(大和高田市出身)とも親交があり、桜花賞、天皇賞(春・秋)、日本ダービー、宝塚記念、菊花賞、エリザベス女王杯、ジャパンカップ、有馬記念の前日には『サタうま!』で予想トークをする。また年末に『夢競馬』として1年間のGI振り返りトークする番組がある(両番組とも関西テレビ制作である)。姓が同じ「杉本」なので、杉本清をお父さんと呼ぶこともある(杉本清が馬券を獲ったときに「お父さんからお小遣いをもらった」など)。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た連続テレビ小説

    また、その直前のNHK杯では、前年にNHK連続テレビ小説『澪つくし』に出演した関係もあり、「NHKのディレクターは歪んでいる」と発言し、4番人気ラグビーボールを本命として的中している。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た27時間テレビ

    1988年9月、女優の大竹しのぶと結婚。長女・いまるが誕生するが、1992年9月に離婚。子供には「お父さん」と呼ばせず「ボス」と呼ばせている。本人はその理由を、常々自分という人間は父親という器ではなく、昔から「ボス」と呼ばせることが夢だったと語っている。ただし、これには、さんまを「お父さん」と呼ぶことに抵抗があるかもしれない長男・二千翔(大竹しのぶの連れ子)への気遣いもあると大竹が著書で語っている。そんな二千翔は、さんまと母しのぶとの結婚当初から彼に大変なついており、離婚の際も、「ボスの方に行く!!」と訴えたという。さんまによると、長女・いまるの名前も座右の銘「生きているだけで丸もうけ(いきているだけでまるもうけ)」と「1=いまる・2=にちか・3=さんま・4=しのぶと並ぶようにした」から名付けたという。それに対して、大竹は「今を生きる(いまをいきる)から名付けた」と言っている。テレビなどでは名前が公表されているにもかかわらずさんまの番組などでは顔出ししたことが一切なかったが、2006年、大竹が出版した自叙伝の中で二人の顔が初めて公開された。『27時間テレビ』・今夜は眠れないのコーナーで、大竹や長男とともに電話出演が一度ある。その長女・いまるは芸名「IMALU」として2009年に芸能界にデビューしたが、父のさんまは今でも娘が芸能界にいることを嫌がっていて、「すぐにでも辞めてほしい。共演なんて絶対にあり得へん!」と語っている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

497件中 21 - 30件表示