535件中 21 - 30件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た雨上がり決死隊

    2009年8月6日放送分のテレビ朝日系『アメトーーク!』に、雨上がり決死隊の結成20周年企画のサプライズゲストとして出演。当初、さんまのテレビ朝日系の番組出演は14年ぶりと報道されたが、実際には1999年4月16日放送の『ミュージックステーション』の生放送にゲスト出演している。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た関根勤

    「映画秘宝」2010年2月号の「80年代傑作バラエティー特集」のミニコラムによるとピーター・セラーズの作品では特にハル・アシュビー監督の渋い風刺コメディの名作「チャンス」がお気に入り。余談だが、秘宝のメインライターの一人である江戸木純と、さんまと同期でさんまと公私ともに親しい関根勤が対談した著書によると関根もセラーズを尊敬しており特に「チャンス」を絶賛している。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た五所の家小禄

    なお、現在の松之助一門ではさんまの兄弟子2人は移門したり既に鬼籍に入ったりしているので、さんまが総領弟子(一番弟子)となっている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た日本テレビ放送網

    さんまは1976年1月、日本テレビ系でテレビデビューを果たす。「落語家の成人式」というテーマで、20歳を迎える上方落語家をゲスト出演させるという内容だった。師匠・松之助は、「人と同じことして売れるはずがない」として、さんまに「赤いブレザーを着ていけ」とアドバイスした。番組内では、女性漫才コンビ「海原千里・万里」の海原千里から、「性の四十八手以外に知っている技がある人は?」という質問に対し、「逆さ十文字落としでぇーす」と答えて技を説明した。スタジオは爆笑だったが司会の藤本義一から「さんまかいわしか知らんけどな、テレビで言うてええことと悪いことがあんねや。それぐらい覚えて出て来い!」とCM中に叱責される。しかし、横山やすしには「気に入った!飲みに行こ!」と気に入られ、その後やすしと共に朝まで飲みやすしの家に招待されて朝の5時に船のモーター音のテストをさせられたという。また、この放送を見ていた松之助は、のちにさんまを大いに絶賛している。松之助いわく、出演者の多くが着物姿の中、忠告に従って営業用の赤いブレザーを着用して放送に臨み、またよくしゃべったさんまは目立ったという。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た毎日放送

    1976年、毎日放送の人気番組「ヤングおー!おー!」に初出演。司会の桂三枝の目に留まり、1978年頃からレギュラー出演を果たす。「チャッピー」と名付けられ、三枝の愛と厳しさに育まれながら、次第に頭角をあらわす。4代目林家小染・月亭八方・桂きん枝・桂文珍の番組内ユニットを改編してさんまをメインにした「さんまアンド大阪スペシャル」を立ち上げ、諸先輩を差し置いて1コーナーを任されるまでになる。やがて、関西を中心にアイドル的な人気を勝ち取る。1981年4月より、10年余りにわたる同番組司会を卒業することとなった三枝からの指名によって後継司会者の座に付き、番組終了時まで2年9か月にわたり晩期の同番組の大黒柱として活躍した。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たキッコーマン

    キッコーマン「ぽん酢しょうゆ」(1986年 - 1987年)、「丸大豆しょうゆ」(2009年 -)明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た関西テレビ放送

    1979年、関西テレビで午後7時から放送された番組「誰がカバやねんロックンロールショー」で初の司会役に抜擢。フジテレビ系の「裸の大将放浪記」で、和菓子屋ぎおん堂の番頭としてゲスト出演。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た中村勘三郎 (18代目)

    2013年2月1日、NHKと日本テレビがテレビ放送開始60周年を記念して共同制作した大型特別番組『60番勝負』の第1夜に、日本テレビの土屋敏男からのオファーを受け出演。さんまのNHK出演自体は、1985年の連続テレビ小説『澪つくし』以来28年ぶりという触れ込みだが、実際には1999年に友人の中村勘九郎が主演した大河ドラマ『元禄繚乱』に笑福亭鶴瓶とともにゲスト出演している。NHK制作のバラエティ番組への出演は『クイズ面白ゼミナール』の1983年2月27日放送分以来、実に30年ぶりであったと本人は自覚しているがその後も同番組に数回出演している。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た日本ダービー

    同郷の杉本清とも親交があり、桜花賞、天皇賞(春・秋)、日本ダービー、宝塚記念、菊花賞、エリザベス女王杯、ジャパンカップ、有馬記念の前日には『サタうま!』で予想トークをする。また年末に『夢競馬』として1年間のGI振り返りトークする番組がある(両番組いずれも関西テレビ制作である)。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た連続テレビ小説

    2013年2月1日、NHKと日本テレビがテレビ放送開始60周年を記念して共同制作した大型特別番組『60番勝負』の第1夜に、日本テレビの土屋敏男からのオファーを受け出演。さんまのNHK出演自体は、1985年の連続テレビ小説『澪つくし』以来28年ぶりという触れ込みだが、実際には1999年に友人の中村勘九郎が主演した大河ドラマ『元禄繚乱』に笑福亭鶴瓶とともにゲスト出演している。NHK制作のバラエティ番組への出演は『クイズ面白ゼミナール』の1983年2月27日放送分以来、実に30年ぶりであったと本人は自覚しているがその後も同番組に数回出演している。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

535件中 21 - 30件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード