497件中 31 - 40件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た佐藤浩市

    恋も2度目なら(1995年1月11日 - 3月15日、NTV、【共演:葉月里緒奈、佐藤浩市】)- 主演・三上耕介 役明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た月亭可朝月亭 可朝

    笑福亭松之助に弟子入りした当初の芸名は「笑福亭さんま」であった。なお、「さんま」という芸名は、さんまの実家が水産加工業を営んでいたことから命名。その後、「明石家さんま」に改名。「明石家」は師匠・笑福亭松之助の本名「明石徳三」から貰い受けたもので、当時は松之助門下の多くが「明石家」を名乗っていた(「明石屋さんま」は誤字)。亭号を「明石家」に改めた理由としては、落語を演じない者に一門の「笑福亭」を与えることは許されないとした、一門の方針によるというのが通説になっている。しかし師である松之助自身一時落語を離れ、喜劇役者に専念していた時期があったことや、吉本に所属していた月亭可朝、笑福亭仁鶴、6代目桂文枝らのタレントとしての活躍、兄弟子の明石家つる松(後の橘家圓三)は古典落語しか演じなかったこと、それに「明石家」自体が落語家的な亭号からして、落語をしないことが「明石家」を名乗る直接の理由ではないといえる。松之助の兄弟子にあたる6代目笑福亭松鶴は、直弟子の鶴瓶にはほとんど落語の稽古をつけていないし、当時鶴瓶も落語をほとんど演じなかった。対して松之助はさんまには落語を少ないながらも教えている。さんまもデビュー間もない頃は岩田寄席など地域寄席で古典落語を演じ、毎日放送の大喜利番組では着物を着て落語家として出演していた。松之助は長男には明石家のんき、次男にはパーポ明石と芸名を付けている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た鈴木杏樹鈴木 杏樹

    恋のバカンス(1997年1月8日 - 3月12日、NTV、【共演:鈴木杏樹】)- 主演・黛勘九郎 役明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た芳村真理芳村 真理

    数々演じてきたキャラクターの中で「パーデンネン」だけは恥ずかしかったと語る。逆に一番好きだったキャラクターは「ブラックデビル」。一方、たけしがさんまのキャラで一番好きだったものは、「サラリーマン」である。このサラリーマンはスーツにネクタイ、メガネといったありきたりの風貌で「高卒、手取り18万」という境遇でタケちゃんマンに難癖をつけて絡むというキャラクターだったが、視聴者から「夢がない」と苦情がきてわずが3週で消えてしまう。カルチャークラブのボーイ・ジョージにパーデンネンの格好を見られたとき"You crazy"と言われた。「パーデンネン」に扮装したさんまは、派手な服装や髪型で有名だった芳村真理から「さんまちゃん、派手ねー」と言われたことがある。芳村は当時フジテレビの歌番組『夜のヒットスタジオDELUXE』の司会をしており、1985年に同番組の放送曜日が変更となってから、収録日が『ひょうきん族』と同じ水曜日になっていた。また、芳村の代名詞ともなっていた「どうもー」というあいさつであるが、芳村本人が「どうもー」を言ったことは少ない。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た広末涼子広末 涼子

    世界で一番パパが好き(1998年7月8日 - 9月23日、CX、【共演:広末涼子】)- 主演・岡田善三 役明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た桜田淳子

    デビュー当初は菅原文太、桜田淳子のものまねや、当時人気だったプロ野球・阪神タイガースの小林繁の形態模写や漫談が主であった。ただし、同期の紳助によると菅原文太と桜田淳子の物真似は「死ぬぐらい似ていなかった」ようで、「あれではお金は取れない」と断言されている。そうした経緯もあってか名前が売れるようになってからはこの2人の物真似を人前ですることはほとんど無い。ピンで演じることもあったが、兄弟子の明石家小禄(後に五所の家小禄と改名)とのコンビで、コントスタイルで演じることもあった。ただし、最初は巨人の小林として形態模写をしており、江川卓とのトレードで阪神に移籍した際にこの芸を封印したが、トレード直後の阪神での小林の活躍に伴い、関西地区で小林の形態模写を熱望されるようになり、渋々再開したところ、小林と相乗効果で人気を集めるようになった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た長澤まさみ長澤 まさみ

    ハタチの恋人(2007年10月14日 - 12月16日、TBS、日曜劇場、【W主演:長澤まさみ】)- 主演・井上圭祐 役明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た淡路恵子

    テレビ東京については、かつて自身が司会をした『サタデーナイトショー』が、さんまと淡路恵子とのトークが好評を博し深夜0時台の放送にも関わらず最高視聴率は13%を超え、当時のテレビ東京全番組中で最高視聴率を獲得したが、「局の最高視聴率番組がお色気番組とは体裁が悪い」という上層部の判断で、人気番組であったが終了となった。これが未だにさんまにとって遺恨を残し、本人もたびたび「人気番組だったのにテレ東の上層部に潰された」と語っており、現在もテレビ東京に出演を控える傾向がある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た榊原郁恵榊原 郁恵

    風の中のあいつ(1984年5月12日 - 9月29日、NTV、【共演:渡辺徹・榊原郁恵】) 明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たさとう珠緒さとう 珠緒

    ネスレ日本 「ブラック」「サンタマルタ」「モンテアルバン」(1993年 - 1999年)※この他マライア・キャリーと共演したCMもある。北島三郎、さとう珠緒とも共演。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

497件中 31 - 40件表示