535件中 41 - 50件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た吉永小百合

    番組オリジナルのキャラクターではないが、フライデー襲撃事件でたけし不在となっていた時期、吉永小百合の「奈良の春日野」をバックに鹿の着ぐるみを着て踊った。1987年に『笑っていいとも!』のトークコーナーで、吉永のファンであるタモリをいじるため、楽曲中に「鹿のふん」という吉永のイメージらしからぬ歌詞が出てくる同曲を発掘・放送し大きな話題になったことを流用したもの。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た玉山鉄二

    玉山鉄二 Netflixオリジナルドラマ「Jimmy ?アホみたいなホンマの話?」(2018年)明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た研ナオコ

    ものまね王座決定戦(一時研ナオコと司会をつとめた。出場者としての経験あり)明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た林家染丸 (4代目)

    さんまは、入門して半年もしないうちに初舞台を踏んだ。場所は京都花月。『西の旅』と総称される古典落語のうち『播州めぐり』を10日間ほど口演した。本人いわく「初舞台では緊張で頭が真っ白になって、ネタをやり直した」という。「15分ぐらいのところで頭が真っ白になり始めからやり直した、そしたら所要時間が45分にもなった」ともされる。「この後二人は横山エンタツ・花菱アチャコとなり漫才を始めました」と言ってサゲたという。4代目林家染丸も、この頃に自身が主宰した落語会で『播州めぐり』に真剣に取り組むさんまを目の当たりにしている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た三谷幸喜

    1996年、フジテレビの人気刑事ドラマ『古畑任三郎』シーズン2の初回スペシャルに犯人役でゲスト出演。古畑の部下である今泉巡査の知り合いでやり手の弁護士・小清水潔を演じる。当初は売れないロックシンガー役の予定だったが、プロットを聞いたさんまは脚本家の三谷幸喜に対して軽い気持ちで「弁護士と古畑が闘うってのはおもしろいんじゃない?」と提案。すると自らも法廷モノが好きな三谷は快諾し脚本を書くが、あまりにもセリフが多くなりそれを覚えられないさんまに対し、主演の田村正和が撮影中に「今度間違えたら自分が帰りますよ」と言ったという。しかし、その直後に田村自身が「古畑任三郎」の中では初めてとなるNGを出してしまい、さんまが「あんた、これ貸しな。これでおあいこや」と田村に発言した。スタッフ一同は凍りついたが無事に撮影は終了、さんまは今泉役の西村雅彦に別室に呼び出され、「さんまちゃん。あれはダメなの」と叱られたという。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た桂文珍

    1976年、毎日放送の人気番組「ヤングおー!おー!」に初出演。司会の桂三枝の目に留まり、1978年頃からレギュラー出演を果たす。「チャッピー」と名付けられ、三枝の愛と厳しさに育まれながら、次第に頭角をあらわす。4代目林家小染・月亭八方・桂きん枝・桂文珍の番組内ユニットを改編してさんまをメインにした「さんまアンド大阪スペシャル」を立ち上げ、諸先輩を差し置いて1コーナーを任されるまでになる。やがて、関西を中心にアイドル的な人気を勝ち取る。1981年4月より、10年余りにわたる同番組司会を卒業することとなった三枝からの指名によって後継司会者の座に付き、番組終了時まで2年9か月にわたり晩期の同番組の大黒柱として活躍した。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た高田純次

    人気の火種となったコーナー「THE タケちゃんマン」の敵役・ブラックデビルは、当初は高田純次が務めていたが、第2回収録前に高田がおたふく風邪で入院してしまったので、出演者の中で唯一高田と衣装のサイズが合ったさんまが代役に抜擢され、以降レギュラーとなった。代表的なキャラクターとしては以下のものがある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た黒柳徹子

    2012年1月2日、『さんまのまんま』に黒柳徹子が出演、黒柳とは1991年の徹子の部屋以来の共演となった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た桂きん枝

    1976年、毎日放送の人気番組「ヤングおー!おー!」に初出演。司会の桂三枝の目に留まり、1978年頃からレギュラー出演を果たす。「チャッピー」と名付けられ、三枝の愛と厳しさに育まれながら、次第に頭角をあらわす。4代目林家小染・月亭八方・桂きん枝・桂文珍の番組内ユニットを改編してさんまをメインにした「さんまアンド大阪スペシャル」を立ち上げ、諸先輩を差し置いて1コーナーを任されるまでになる。やがて、関西を中心にアイドル的な人気を勝ち取る。1981年4月より、10年余りにわたる同番組司会を卒業することとなった三枝からの指名によって後継司会者の座に付き、番組終了時まで2年9か月にわたり晩期の同番組の大黒柱として活躍した。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た浅田美代子

    他にもガダルカナル・タカ、桂雀々、笑福亭笑瓶、松尾伴内、中村勘三郎(2012年死去)、佐藤浩市、木村拓哉(SMAP)、児嶋一哉(アンジャッシュ)、浅田美代子、中村玉緒らと親交がある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

535件中 41 - 50件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード