535件中 51 - 60件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た岡田茉莉子

    1978年、毎日放送が大阪で制作していた『妻そして女シリーズ』のドラマで『母の償い』(原作 関幸輔、脚本西沢裕子、岡田茉莉子+加茂さくら+吉沢京子主演)の第一回に酒屋の店員役で出演したのが、ドラマ初出演であるが、『ヤングおー!おー!』ではすでにアイドル的な人気を獲得していた。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た木村拓哉

    他にもガダルカナル・タカ、桂雀々、笑福亭笑瓶、松尾伴内、中村勘三郎(2012年死去)、佐藤浩市、木村拓哉(SMAP)、児嶋一哉(アンジャッシュ)、浅田美代子、中村玉緒らと親交がある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た片平なぎさ

    新婚さんいらっしゃい!(朝日放送) - 桂三枝(現・六代桂文枝)の代理の司会(片平なぎさと共演)明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た斎藤工

    「さんまのまんま」ではボギーとディーン、ヴィヴィアンの写真つき枕が飾ってあり、過去には薬師丸の代表作の『セーラー服と機関銃』のポスターが貼ってあった。2014年の正月特番の「ホンマでっか!?TV」で、自身もかなりの映画通であるゲストの斎藤工にボギーネタなどを振ったり、ニューマンの細かい芝居について語った。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た市村正親

    市村正親とはメール友達。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た丹波哲郎

    丹波哲郎の大霊界2 死んだらおどろいた!!(1990年、松竹)明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た桂小枝

    吉本の同期には島田紳助のほかにはオール阪神・巨人、落語家桂小枝などがおり友好な関係を築いている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た田村正和

    1996年、フジテレビの人気刑事ドラマ『古畑任三郎』シーズン2の初回スペシャルに犯人役でゲスト出演。古畑の部下である今泉巡査の知り合いでやり手の弁護士・小清水潔を演じる。当初は売れないロックシンガー役の予定だったが、プロットを聞いたさんまは脚本家の三谷幸喜に対して軽い気持ちで「弁護士と古畑が闘うってのはおもしろいんじゃない?」と提案。すると自らも法廷モノが好きな三谷は快諾し脚本を書くが、あまりにもセリフが多くなりそれを覚えられないさんまに対し、主演の田村正和が撮影中に「今度間違えたら自分が帰りますよ」と言ったという。しかし、その直後に田村自身が「古畑任三郎」の中では初めてとなるNGを出してしまい、さんまが「あんた、これ貸しな。これでおあいこや」と田村に発言した。スタッフ一同は凍りついたが無事に撮影は終了、さんまは今泉役の西村雅彦に別室に呼び出され、「さんまちゃん。あれはダメなの」と叱られたという。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た薬師丸ひろ子

    映画も好きで役者では特にハンフリー・ボガートやピーター・セラーズ、ポール・ニューマン、スティーブ・マックイーン、菅原文太、ジェームズ・ディーン、ケヴィン・コスナー、ヴィヴィアン・リー、薬師丸ひろ子の大ファン。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たピーター・セラーズ

    映画も好きで役者では特にハンフリー・ボガートやピーター・セラーズ、ポール・ニューマン、スティーブ・マックイーン、菅原文太、ジェームズ・ディーン、ケヴィン・コスナー、ヴィヴィアン・リー、薬師丸ひろ子の大ファン。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

535件中 51 - 60件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード