497件中 61 - 70件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た江川卓 (野球)

    デビュー当初は菅原文太、桜田淳子のものまねや、当時人気だったプロ野球・阪神タイガースの小林繁の形態模写や漫談が主であった。ただし、同期の紳助によると菅原文太と桜田淳子の物真似は「死ぬぐらい似ていなかった」ようで、「あれではお金は取れない」と断言されている。そうした経緯もあってか名前が売れるようになってからはこの2人の物真似を人前ですることはほとんど無い。ピンで演じることもあったが、兄弟子の明石家小禄(後に五所の家小禄と改名)とのコンビで、コントスタイルで演じることもあった。ただし、最初は巨人の小林として形態模写をしており、江川卓とのトレードで阪神に移籍した際にこの芸を封印したが、トレード直後の阪神での小林の活躍に伴い、関西地区で小林の形態模写を熱望されるようになり、渋々再開したところ、小林と相乗効果で人気を集めるようになった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たマライア・キャリー

    ネスレ日本 「ブラック」「サンタマルタ」「モンテアルバン」(1993年 - 1999年)※この他マライア・キャリーと共演したCMもある。北島三郎、さとう珠緒とも共演。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た星野仙一

    阪神タイガース監督に親交のある星野仙一が就任した際「優勝したらパレードに参加して土下座します」と明言したが、その翌年の2003年に優勝。巨人ファンであるさんまであったが、約束通り11月3日のパレードに参加する予定だった。ところが星野監督が辞意を表明していたため、「自分がおふざけで行くわけにはいかない」と参加を辞退した。またこの当日、さんま司会の優勝特別番組が朝日放送・テレビ朝日系列で全国放送され、星野監督他、主力選手達がゲスト出演した。この特番の関西地区での視聴率は33.4%と高かった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たオリエンタルラジオ

    レギュラー降板後はもっぱら「テレフォンショッキング」に出演する。中でも2008年7月に放送されたFNS27時間テレビでの「増刊号生スペシャル」にて行われたテレフォンショッキングではビビる大木の紹介で登場し、11年ぶりの共演となるタモリと47分間しゃべり続けた。当日の新聞のラテ欄には「タモリとテレフォンショッキングで最長記録樹立か」と書かれていたがその言葉通り「増刊号生スペシャル」も含めた全てのテレフォンショッキングの中で最長記録を樹立した。翌2009年7月24日には明後日から行われる『FNSの日26時間テレビ2009 超笑顔パレード 爆笑!お台場合宿!!』の宣伝も兼ねて出演したがそこで小学校六年生の時、学校に行く途中で捕まえたムササビについて話し続け、オープニングコーナーを除くおよそ53分の放送時間の内およそ36分間喋り倒した。これは30年以上の歴史を誇る「テレフォンショッキング」史上3番目の長さ。その後のコーナーはもちろん大幅短縮と放送中止を余儀なくされ、当時レギュラーだったオリエンタルラジオは放送前にさんまと会話した際に「安心しとけ、俺がトークでお前らのコーナーの前、温めといたるから!」と言われたことを明かした上で「師匠、温めすぎて焼け野原になりました!」と放送中に語った。また、さんまの友達として次回のテレフォンゲストには「FNSの日26時間テレビ2009」の総合司会である島田紳助を紹介。電話でさんまと会話した紳助は「お前しゃべりすぎ‥・お前ホンマうざい‥・モモンガ捕まえた話、18(歳)の時に聞いたけど話変わってる…」と呆れていた。そして「増刊号生スペシャル」のテレフォンショッキングで22年ぶりに登場した紳助はタモリに対し、「あいつ(さんま)は自分のことしか考えていない。一生結婚できないタイプですよ。自分より愛したい人間はいませんから」と語っている。そして、コーナー終了・さんま本人のいいとも卒業から17年後の2012年11月30日のいいともで日付のごろ・いい(11月)さんま(30日)の日にちなんでさんまがゲストとして3年ぶりにスタジオアルタに登場し、「復活!タモリ・さんまの日本一の最低男」が行われた。久しぶりの二人のトークは25分間続き、途中には金曜日レギュラー陣も登場した。なお事前に「最低エピソード」を視聴者から番組ホームページで募集(1984年当時ははがきだった)ものの、それらは本番で一切紹介されなかった。さんまは珍しくオープニング明けすぐに登場し、テレフォンショッキング佐々木希の15分間を除く43分間全てに出演した。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た徳光和夫

    日本テレビが「チャリティー番組」として放送している『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』へは番組の顔的存在である徳光和夫と共演NGのため基本的に出演していない。同番組から出演依頼が来た際、さんまのノーギャラ出演の意向を制作者が拒否し出演辞退となった経緯があるが、その一方で2010年のフジテレビ『FNS26時間テレビ』内「さんま・中居の今夜も眠れない」内で「『24時間テレビ』の司会をやりながら、100キロ走って募金を集めたい」と語ったこともある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たFUNKY MONKEY BABYS

    2013年 ありがとう(FUNKY MONKEY BABYSの楽曲、ジャケット・PVの出演)明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た福山雅治

    WOWOW※福山雅治と漫才コンビを組んで出演。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た工藤静香

    1999年 明石家さんまさんに聞いてみないとネ(「明石家さんま&所ジョージ・ゲスト工藤静香」名義、作詞・作曲:所ジョージ)明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た島田洋七

    若手のころ、兄弟子の五所の家小禄と漫才、コントのコンビを組んだり、花月の舞台ではB&B(島田洋七・洋八)、西川のりお・上方よしお、ザ・ぼんち(ぼんちおさむ・里見まさと)らと、「ビールス7」というコントユニットを組んでいた時期もあった。「アトムスリム」と言う漫才コンビを組んでいた時期もある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た爆笑問題爆笑問題

    「『クイズ面白ゼミナール』に出演した際、「鉛筆」をテーマにした講義を聞いてあくびをして、その様子が放送されてしまい、苦情が寄せられたことでNHK出演が少なくなった」と度々ネタにしている。2013年2月1日放送の『NHK×日テレ 60番勝負』に出演した際、共演した中居や爆笑問題から同年の『NHK紅白歌合戦』(第64回)の司会就任を求められる場面があった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

497件中 61 - 70件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード