535件中 61 - 70件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た村上ショージ

    事務所は吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。節税と自身のマネージメントを目的とした個人事務所「オフィス事務所」も設けており、仕事やギャランティー管理はこちらで行っている。オフィス事務所には、ラサール石井や村上ショージ、松尾伴内らも所属している(さんまと同じく、皆それぞれに所属事務所は他に存在する)。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た片岡鶴太郎

    タモリ不在の場合は代理司会も務め、1991年10月3日には10周年記念週間の「最多代理司会者」として表彰され、同日のテレフォンショッキングの特別ゲストとなった。また、1987年4月から1990年3月までは関根勤、片岡鶴太郎、所ジョージ、笑福亭鶴瓶らと共にタモリを支える曜日リーダー(通称:いいとも!ビッグ5)として親しまれる。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た江川卓 (野球)

    デビュー当初は菅原文太、桜田淳子のものまねや、当時人気だったプロ野球・阪神タイガースの小林繁の形態模写や漫談が主であったが、周囲からは「似てない」と酷評され、名前が売れるようになってからはこの2人の物真似を人前ですることはほとんどない。ピンで演じることもあったが、兄弟子の明石家小禄(後に五所の家小禄と改名)とのコンビで、コントスタイルで演じることもあった。ただし、最初は巨人の小林として形態模写をしており、江川卓とのトレードで阪神へ移籍した際にこの芸を封印したが、トレード直後の阪神での小林の活躍に伴い、関西地区で小林の形態模写を熱望されるようになり、渋々再開したところ、小林と相乗効果で人気を集めるようになった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た木田優夫

    2014年9月13日、20年来の親交がある木田優夫がGM兼投手を務める独立リーグ・ルートインBCリーグの石川―福井戦(石川県立野球場)で石川の「一日コーチ」を務めた。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たザ・ぼんち

    若手の頃、兄弟子の五所の家小禄と漫才、コントのコンビを組んだり、花月の舞台ではB&B(島田洋七・洋八)、西川のりお・上方よしお、ザ・ぼんち(ぼんちおさむ・里見まさと)らと、「ビールス7」というコントユニットを組んでいた時期もあった。「アトムスリム」と言う漫才コンビを組んでいた時期もある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た千原ジュニア

    2011年7月2日、千原ジュニアをゲストに迎えた『さんまのまんま』にて、「いつ(お笑い芸人を)辞めるって決めてるんですか?」と質問されたさんまは「60歳くらいでと思てるよ、テレビはね」と答え、明石家さんまが60歳でテレビ引退を表明したとして話題となった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たリオネル・メッシ

    2011年12月18日に日本で開催されたサッカーのクラブ世界一を決めるFIFAクラブワールドカップ2011決勝では優勝しMVPに選ばれたFCバルセロナ(スペイン)のリオネル・メッシを特設スタジオに呼び出してインタビューを行い「サッカーの質問はみんな聞いてるやろうから、老後はどうしはるんですか」という質問をした。メッシは「引退はまだ先のことだから分からないよ」と冷静に回答したが特設スタジオに残らず早々に立ち去りチームメイトの輪に戻ってしまったため、インターネットでは「サッカーにくだらないお笑いは必要ない」「真剣に戦う選手に失礼」などの批判が殺到した。この模様は動画投稿サイトにアップされたほか、スペインやメッシの母国アルゼンチンのメディアでも報じられ、「バルサの10番は日本テレビの奇妙なインタビューの犠牲者になった」「シビアなインタビューに驚きをかくせない」「これまで経験したことのない奇妙なインタビュー」と述べた。さらにイギリスのサッカー専門メディアは「日本のコメディアン明石家さんまによるバルセロナのスターへの悲惨なインタビューはこの国のサッカー放送の下劣さを示した」と報じた。スウェーデンでは「独占インタビューに失敗」と報じた。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た笑福亭笑瓶

    他にもガダルカナル・タカ、桂雀々、笑福亭笑瓶、松尾伴内、中村勘三郎(2012年死去)、佐藤浩市、木村拓哉(SMAP)、児嶋一哉(アンジャッシュ)、浅田美代子、中村玉緒らと親交がある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たマライア・キャリー

    ネスレ日本 「ブラック」「サンタマルタ」「モンテアルバン」(1993年 - 1999年)※この他マライア・キャリーと共演した広告もある明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たASKA

    1986年 シングル・ベッド(カップリングは飛鳥涼作詞作曲の「TEKU TEKU」、作詞:澤地隆、作曲:CHAGE、シャ乱Qの曲とは同名異曲) - オリコン31位明石家さんま フレッシュアイペディアより)

535件中 61 - 70件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード