535件中 71 - 80件表示
  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たマツコ・デラックス

    1980年代頃からは司会業が中心(トークのテンポを崩されると、すかさずツッコミやボケを入れ、それすら笑いに変える)。張り芸(声を張って笑いをとる芸)を得意としている。さんまのトークについて付き合いの長い島田紳助・中居正広・所ジョージ・中村勘三郎・桑田佳祐・マツコ・デラックス・元妻の大竹しのぶ・娘のIMALUからは「話を盛る」「話していることの九割は嘘」「どうしてそんなに嘘がつけるの?」などと辛辣な発言をされることがある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た星野仙一

    2002年、阪神タイガース監督に親交のある星野仙一が就任した際、「優勝したらパレードに参加して土下座します」と明言したが、その翌年の2003年に優勝。巨人ファンであるさんまであったが、約束通り11月3日のパレードに参加する予定だった。ところが星野監督が辞意を表明していたため、「自分がおふざけで行くわけにはいかない」と参加を辞退した。またこの当日、さんま司会の優勝特別番組が朝日放送・テレビ朝日系列で全国放送され、星野監督他、主力選手達がゲスト出演した。この特番の関西地区での視聴率は33.4%と高かった。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た坂本龍一

    1982年 い・け・な・いお化粧マジック(島田紳助と)(「い・け・な・いルージュマジック」(忌野清志郎+坂本龍一)のパロディ)明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たケヴィン・コスナー

    映画も好きで役者では特にハンフリー・ボガートやピーター・セラーズ、ポール・ニューマン、スティーブ・マックイーン、菅原文太、ジェームズ・ディーン、ケヴィン・コスナー、ヴィヴィアン・リー、薬師丸ひろ子の大ファン。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た岡村隆史

    ビートたけしが著書『コマネチ!』ISBN 9784101225500(頁未確認)の中で「こいつには負けた、と思った数少ない中の1人」とさんまのことを評した。岡村隆史などの後輩芸人達は「この人を越えるのは誰にも不可能。死を待つしかない。」と語っている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たオール阪神・巨人

    吉本の同期には島田紳助のほかにはオール阪神・巨人、落語家桂小枝などがおり友好な関係を築いている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見たFUJIWARA

    2008年7月27日日曜日には自身が総合司会を担当した「FNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!」内コーナー・さんま in 笑っていいとも!「テレフォンショッキング」にビビる大木の紹介で出演。その他のコーナーには参加しなかったが、いいとも!としての出演は11年ぶりのこととなった。CM明けに先述のレギュラー時代のコーナー「最低男」のジングルが流された。後輩のFUJIWARAを紹介した。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た北野武

    映画監督として世界的評価が高い北野武こと、ビートたけしとは公私共に親しいが、北野映画のような重くて暗いアート系作品が苦手である。前述した『仁義なき戦い』やマックイーンの『荒野の七人』や『大脱走』『ブリット』『ゲッタウェイ』などの男臭いアクション映画、ニューマンの『スティング』のような軽妙洒脱な作品、ピーター・セラーズの『チャンス』のような人間ドラマ等を好み、北野映画はそんなに見ていない。ちなみに北野が監督した『龍三と七人の子分たち』には「早撃ちのマック」という『ブリット』のスティーブ・マックイーンに憧れているキャラが登場しており、作中には『ブリット』のポスターも映っているシーンがある。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た徳光和夫

    なお、番組の顔的存在である徳光和夫と共演NGであるのと(徳光自身がさんまとの共演を拒否しているため)、番組側から出演依頼が来た際、さんまのノーギャラ出演の意向を制作者が拒否し出演辞退となったなどと週刊誌では報じられているが、真相の程は不明。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た勝俣州和

    1995年12月22日金曜日に翌年年明け放送・自身が司会の年末年始特番「明石家福禄寿の史上最大のプレゼントショー "正月なのに…"編」番宣のため、降板以来3ヶ月ぶりにいいとも!にゲスト出演。後輩のナインティナインがコーナー司会を務めていた「ジジィびんびん物語」のコーナーに出演する。ゲストとしては珍しい後説のコーナー(増刊号の「放送終了後」のコーナー)出演も行い、タモリ・金曜レギュラー後任のナイナイ・K2の勝俣州和・田原俊彦とフリートークを繰り広げた。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

535件中 71 - 80件表示

「明石家さんま」のニューストピックワード