1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示
  • 安部友裕

    安部友裕から見た星孝典星孝典

    初盗塁:2012年6月17日、対埼玉西武ライオンズ4回戦(西武ドーム)、7回表に二盗(投手:十亀剣、捕手:星孝典安部友裕 フレッシュアイペディアより)

  • フリーエージェント (日本プロ野球)

    フリーエージェント (日本プロ野球)から見た星孝典星孝典

    なお、星孝典は、「選手側の立場として」と前置きした上で、「新たな環境に自ら飛び込むのは、かなりの勇気がいるのは間違いありません。それに、FAという権利は誰もが取れるものではなく、長い年月を経てやっと勝ち取ることのできるもの」「実際プレーする選手は移籍する人間に対して裏切られたと言う気持ちはない」という趣旨のことを述べている。フリーエージェント (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 村田善則

    村田善則から見た星孝典星孝典

    星孝典や加藤健などの起用が多く、出場機会が減った。また、自身も6月9日のロッテ戦でスイングの際に肩を故障し、9月中旬まで出場選手登録を抹消された。再昇格後も出場機会ゼロに終わるなど、シーズン出場数は6試合だった。うち1試合は同い年でプロ入り同期で自主トレも合同実施の親友野口茂樹が5月15日にインボイスSEIBUドームでの西武ライオンズとのセパ交流戦で、移籍後初登板初先発した際の先発マスクであった。村田善則 フレッシュアイペディアより)

  • 東北学院大学硬式野球部

    東北学院大学硬式野球部から見た星孝典星孝典

    星孝典(巨人→西武、コーチ)東北学院大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 實松一成

    實松一成から見た星孝典星孝典

    は阿部の故障もあり久々の一軍出場とスタメン出場を果たしたが、2試合の出場に留まった。打撃力不足から守備要員として第3もしくは第4捕手となり、ファームでも正捕手には星孝典などが起用され厳しい立場となった。實松一成 フレッシュアイペディアより)

  • 小林誠司

    小林誠司から見た星孝典星孝典

    ''は阿部慎之助の後継者として期待され、開幕戦で阿部に代わって途中出場。4月6日の中日ドラゴンズ戦で8番・捕手で初先発出場を果たした。巨人の新人捕手が先発マスクをかぶるのは2005年の星孝典以来約9年ぶり。この年は阿部がケガの影響で一塁手として出場する機会が増えたため、小林のスタメンでの起用も多く与えられた。最終的に63試合に出場し、打率.255、2本塁打、14打点を記録。守備では盗塁阻止率.417と強肩も見せ、リーグ3連覇に貢献した。一方で「故意死球」が疑われる場面も度々見られた。オフの10月9日には日米野球2014の日本代表に選出された事が発表された。また、10月21日に「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された。小林誠司 フレッシュアイペディアより)

  • 森福允彦

    森福允彦から見た星孝典星孝典

    クライマックスシリーズファイナルステージでは11月4日第2戦で8回1点リードで登板し1回を無失点に抑えてホールドを記録、11月5日第3戦では10回1点日ビハインド二死満塁から星孝典をサードフライに打ち取り、援護により同点となった11回は3者凡退に抑えて後続へ繋ぎ、CS突破を決定付ける長谷川勇也のサヨナラ打を呼んだ。森福允彦 フレッシュアイペディアより)

  • 5月4日

    5月4日から見た星孝典星孝典

    1982年 - 星孝典、プロ野球選手5月4日 フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た星孝典星孝典

    5月4日 - 星孝典、プロ野球選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
19件中 11 - 19件表示

「星孝典」のニューストピックワード