前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • 星孝典

    星孝典から見た嶋基宏

    初盗塁:2011年8月18日、対東北楽天ゴールデンイーグルス14回戦(西武ドーム)、6回裏に二盗(投手:ケルビン・ヒメネス、捕手:嶋基宏星孝典 フレッシュアイペディアより)

  • 星孝典

    星孝典から見た菊池雄星

    5月17日に昇格すると終盤の守備固めとして試合に出場し、銀仁朗が人差し指の骨折で戦線を離脱してからはスタメンマスクを任され、プロ初打点もあげた。銀仁朗が復帰して以降は、菊池雄星が先発のときにスタメンマスクを任されている。11月13日、背番号が25に変更されることが発表された。星孝典 フレッシュアイペディアより)

  • 星孝典

    星孝典から見た黒田博樹

    初打席:同上、2回裏に黒田博樹の前に投ゴロ星孝典 フレッシュアイペディアより)

  • 星孝典

    星孝典から見た上本達之

    西武への移籍の背景には、前年までの正捕手細川亨が移籍し、その穴は二番手捕手だった銀仁朗が正捕手に昇格して埋めたものの、当時二番手捕手であった上本達之は守備面よりも評価されていた打撃面が絶不調に陥っており、若手の岳野竜也や荒川雄太、中田祥多は経験不足、ベテランの野田浩輔や米野智人も故障明けと、銀仁朗の後を任せられる選手がいなかったため、経験もあり守備に定評のある働き盛りの捕手が求められていたこともあった。星孝典 フレッシュアイペディアより)

  • 星孝典

    星孝典から見た中田祥多

    西武への移籍の背景には、前年までの正捕手細川亨が移籍し、その穴は二番手捕手だった銀仁朗が正捕手に昇格して埋めたものの、当時二番手捕手であった上本達之は守備面よりも評価されていた打撃面が絶不調に陥っており、若手の岳野竜也や荒川雄太、中田祥多は経験不足、ベテランの野田浩輔や米野智人も故障明けと、銀仁朗の後を任せられる選手がいなかったため、経験もあり守備に定評のある働き盛りの捕手が求められていたこともあった。星孝典 フレッシュアイペディアより)

  • 星孝典

    星孝典から見た炭谷銀仁朗

    西武への移籍の背景には、前年までの正捕手細川亨が移籍し、その穴は二番手捕手だった銀仁朗が正捕手に昇格して埋めたものの、当時二番手捕手であった上本達之は守備面よりも評価されていた打撃面が絶不調に陥っており、若手の岳野竜也や荒川雄太、中田祥多は経験不足、ベテランの野田浩輔や米野智人も故障明けと、銀仁朗の後を任せられる選手がいなかったため、経験もあり守備に定評のある働き盛りの捕手が求められていたこともあった。星孝典 フレッシュアイペディアより)

  • 星孝典

    星孝典から見た實松一成

    阿部慎之助の控え捕手候補として實松一成・加藤健と比べた場合、1軍昇格前から2軍ではクリーンナップクラスの打撃をみせていた2人に比べて打撃面が弱み。とはいえ最近はシーズン打率なども向上、結果を残している。ただし2008年シーズン途中に実績のある鶴岡一成が加入したため、競争はさらに激しくなっていた。星孝典 フレッシュアイペディアより)

  • 星孝典

    星孝典から見た阿部慎之助

    阿部慎之助の控え捕手候補として實松一成・加藤健と比べた場合、1軍昇格前から2軍ではクリーンナップクラスの打撃をみせていた2人に比べて打撃面が弱み。とはいえ最近はシーズン打率なども向上、結果を残している。ただし2008年シーズン途中に実績のある鶴岡一成が加入したため、競争はさらに激しくなっていた。星孝典 フレッシュアイペディアより)

  • 星孝典

    星孝典から見た細川亨

    西武への移籍の背景には、前年までの正捕手細川亨が移籍し、その穴は二番手捕手だった銀仁朗が正捕手に昇格して埋めたものの、当時二番手捕手であった上本達之は守備面よりも評価されていた打撃面が絶不調に陥っており、若手の岳野竜也や荒川雄太、中田祥多は経験不足、ベテランの野田浩輔や米野智人も故障明けと、銀仁朗の後を任せられる選手がいなかったため、経験もあり守備に定評のある働き盛りの捕手が求められていたこともあった。星孝典 フレッシュアイペディアより)

  • 星孝典

    星孝典から見たジョン・ベイル

    初安打:2005年10月5日、対広島東洋カープ22回戦(東京ドーム)、9回裏にジョン・ベイルから左前安打星孝典 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「星孝典」のニューストピックワード