前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
589件中 1 - 10件表示
  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た星野仙一星野仙一

    キャンプイン直前に西沢監督が十二指腸潰瘍の悪化により辞任、杉下茂が監督に復活。4月20日から5月1日まで9連勝するが翌日から8連敗を喫するなどチーム状態が安定せず。5月16日、ノースリーブユニフォームが登場した阪神戦で連敗が止まるが、5月29日から11連敗。6月12日に止まったものの翌日から連敗。3回目の7連敗となった6月24日に杉下監督が解任。本多逸郎二軍コーチが監督代行となるものの8月24日から再び11連敗を喫するなど立ち直る気配が見られず、2リーグ分立以降初めて同一リーグの全球団に負け越しての最下位となる。オフに元巨人・東映監督の水原茂が監督に就任。ドラフトでは1位で星野仙一、3位で大島康徳、6位で竹田和史、9位で島谷金二と、後に1974年の優勝に主力として活躍する選手を獲得。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た星野仙一星野仙一

    第9回優勝者で、主に中日ドラゴンズ選手時代の落合博満のモノマネを行う。バットは応援用のカンフーバットを使用している。この他にも、第10回では広島東洋カープ時代の江夏豊、第11回では中日監督としての落合を披露するなど、レパートリーも幅広い。近年では、山本昌(第17回、第20回、第22回)、大豊泰昭(第18回、第21回)、横浜監督時代の権藤博(第18回)、楽天監督時代の星野仙一(第18回、第20回)及び野村克也(第20回)、達川光男(第19回,第22回)、小松辰雄 、中日監督時代の近藤貞雄(第21回)、八重樫幸雄(第21回、第22回)、岩瀬仁紀、加藤博一、長嶋茂雄(第22回)を披露するなど、更に幅が広がっている。第3回紅白では、大学時代に似ていると言われていたという経歴を買われ、野球関係者ではない田中康夫のモノマネでも出演した。博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩二

    山本浩二から見た星野仙一星野仙一

    4月12日の開幕戦で6番打者・中堅手としてスタメン出場し、初出場を果たす。レギュラーの座を勝ち取ると、シーズン後半には4番打者などのクリーンナップを任されるようになり、は3番打者、は主に5番打者、は主に1番打者や5番打者を務めるなど、チームの主力として活躍した。5月11日の中日ドラゴンズ戦では星野仙一からサヨナラヒットを放っている。しかし打撃の成績自体は特筆されるようなものがなく、長らく平凡な中距離打者として脇を固めていた。その後、根本陸夫監督、関根潤三打撃コーチ、上田利治コーチ(ルーキー時に退団)、広岡達朗内野守備コーチら指導者にも恵まれ、徐々に成長を見せる。山本浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 平松政次

    平松政次から見た星野仙一星野仙一

    限りで現役引退。リーグ優勝は経験できなかった(Aクラス経験はある)。同じ岡山県出身の星野仙一(中日)、松岡弘(ヤクルト)と共に、「打倒巨人」に燃え、巨人キラーとして活躍。彼の投げるシュートボールは「カミソリシュート」と呼ばれ、数多くの右打者のバットを根元からへし折った。全盛期には、ど真ん中のボールが、右打者の体に当たるくらいまで変化したとまで言われている。平松政次 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見た星野仙一星野仙一

    4年連続の最下位。長打力が大幅に弱体化した打線を、走力で補うため俊足の若手を重用。個人としては、井川慶が防御率リーグ2位、赤星憲広が盗塁王、新人王を獲得、前年ロッテからテスト入団した成本年秀がクローザーとして台頭しカムバック賞を受賞、4番に定着した桧山は初のシーズン打率3割を達成した。しかし、この年のチーム最多本塁打はクルーズの14本という状況であった。シーズン途中、交換トレードで西武から谷中真二、新外国人トム・エバンスを獲得。シーズン後に吉田剛、酒井弘樹が退団、塩谷和彦をトレードで放出。オリックスからジョージ・アリアス、FAで日本ハムから片岡篤史、交換トレードでオリックスから斉藤秀光、デリック・ホワイトらの外国人選手が加入。12月5日、野村は成績不振に加えて夫人の野村沙知代の脱税容疑での逮捕の責任を取る形で監督辞任。後任はこの年まで中日の監督を務めた星野仙一が就任。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た星野仙一星野仙一

    また1987年の優勝は、巨人の試合がなかった日に決定(2位の広島が敗れた)したため、宿舎で胴上げが行われた。12年後に王は再び宙に舞うこととなったが、王は最初に胴上げされた当時の印象が薄いという。同年5月10日、江川は、作新学院時代にバッテリーを組んだ小倉偉民の実姉・睦美の夫だった男性(二人は1983年に離婚)の叔父である亀岡高夫(衆議院議員)と小倉自身が前年秋に養子縁組をした記念にホテルニューオータニで開催された政治資金パーティーにゲスト参加した。本来、そのパーティーは丸1か月前の4月10日に予定されていたが、当日は星野仙一新監督が率いる中日ドラゴンズ(この年、トレードによって落合博満が新加入)との開幕戦の日だったことから、(江川が開幕投手となることを想定して)パーティーの開催日は1か月延期された。しかし、開幕投手には西本が選ばれたため、江川は王監督に不信感を抱いたという。江川は翌11日の開幕第2戦に先発、7回を投げて自責点2に抑え、シーズン初勝利を挙げているが。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木孝政

    鈴木孝政から見た星野仙一星野仙一

    1972年のプロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズに1位指名されて入団。中日はこの年のドラフトで球団、親会社と仲根正広の指名を希望していたがこのドラフト会議に監督の与那嶺要の代理で出席したヘッド兼投手コーチの近藤貞雄がミーティングでのスカウト報告を聞いたときに引っかかるものを感じ、鈴木のとにかくボールが速いの評価に近藤はこれほど魅力的な要素はないと判断し中日の指名順番が回ってきたときに仲根が残っているにもかかわらず鈴木を1位指名した。また鈴木自身もプロからの指名がなければ明治大学への進学が内定(島岡吉郎からとくに気に入られたという)していたが中日からの1位指名を受けてこれを辞退した。本人によるとこの一件で島岡から星野仙一(当時中日のエースで明大OB)に連絡が入り、それを受けて星野がルーキーだった自身をキャンプでの練習パートナーに指名したりなど色々気を遣ってくれたためにプロの水にすんなり馴れることができたのではないかと述懐している。鈴木孝政 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県倉敷スポーツ公園野球場

    岡山県倉敷スポーツ公園野球場から見た星野仙一星野仙一

    スポーツ資料室 - 地元出身野球選手の記念品を中心に展示。通常は閉鎖されているため、見学には球場事務所に申込が必要。なお、星野仙一の現役時代のものは倉敷美観地区の星野仙一記念館に移設されている。岡山県倉敷スポーツ公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見た星野仙一星野仙一

    8月12日 - 阪神は対横浜戦(札幌ドーム)で勝利し、星野仙一が監督通算900勝、NPB史上13人目2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 松井稼頭央

    松井稼頭央から見た星野仙一星野仙一

    ロッキーズ時代にMLBのスカウトから「バントのうまさはメジャー有数」と評されていたが、星野仙一からは「欠点を探せばバントが下手なことくらい。」と評されている。松井稼頭央 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
589件中 1 - 10件表示

「星野仙一」のニューストピックワード