前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
484件中 1 - 10件表示
  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た星野仙一星野仙一

    1974年は?木守道、星野仙一、松本幸行、トーマス・マーチン、谷沢健一らが活躍し、巨人のV10を阻止して2回目のリーグ優勝を果たした。しかし日本シリーズではロッテオリオンズに2勝4敗で敗退。翌1975年は広島の「赤ヘル旋風」の前に2位で終わり、1976年は後楽園球場の人工芝に全く馴染めず、後楽園での対巨人戦に全敗したのが響いて4位、Bクラス転落。与那嶺監督は1977年まで務めた。1978年から中利夫が監督になり、初年度は5位、1979年は3位とAクラス入りを果たすも、1980年は最下位と振るわず同年限りで辞任。この年、?木守道が現役引退。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見た星野仙一星野仙一

    、ルーキーや若手が台頭。井川慶が防御率2位となり、福原も先発、リリーフに奮闘。赤星憲広が盗塁王、新人王を獲得、沖原佳典と藤本敦士も常時レギュラーを張り、濱中治と上坂太一郎らの台頭。ロッテからテスト入団した成本年秀が抑えの切り札として復活カムバック賞を受賞した。更に交換トレードで谷中真二を西武、酒井弘樹を近鉄からそれぞれ獲得。エドワード・ペレスとイバン・クルーズら外国人選手を獲得、中盤にはトム・エバンスを獲得して戦力補強も行うも、外国人打者の期待外れ、中堅、ベテラン選手が軒並み不調。井川、谷中、福原以外の先発陣の不振、酒井も一軍未登板もあって、球団創設以来初となる4年連続最下位。シーズン後に吉田剛が引退、酒井弘樹が退団、塩谷和彦をトレードで放出する。野村監督はチームの柱となる選手の獲得を球団に要請するも金銭的な理由で断られ、12月5日、結局野村は、成績不振に加えて夫人の野村沙知代の脱税容疑での逮捕の責任を取る形で監督辞任。後任はこの年まで中日の監督を務めた星野仙一が就任。オリックスからジョージ・アリアスを獲得、FAで日本ハムから片岡篤史、交換トレードでオリックスから斉藤秀光が加入、更にはデリック・ホワイトらの外国人選手を獲得。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見た星野仙一星野仙一

    【NPB】楽天が次期監督について、元中日・阪神監督で阪神オーナー付シニアディレクターの星野仙一 (63)に要請することを明らかにした。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 平松政次

    平松政次から見た星野仙一星野仙一

    限りで現役引退。リーグ優勝は経験できなかった(Aクラス経験はある)。同じ岡山県出身の星野仙一(中日)、松岡弘(ヤクルト)と共に、「打倒巨人」に燃え、巨人キラーとして活躍。彼の投げるシュートボールは「カミソリシュート」と呼ばれ、数多くの右打者のバットを根元からへし折った。全盛期には、ど真ん中のボールが、右打者の体に当たるくらいまで変化したとまで言われている。平松政次 フレッシュアイペディアより)

  • 中村武志

    中村武志から見た星野仙一星野仙一

    花園高校では甲子園出場こそ無かったが強肩強打で知られていた。1984年のドラフト会議で中日ドラゴンズから竹田光訓の外れ1位として指名され入団。入団2年目まではまったく活躍の場がなかったが、星野仙一が監督に就任した3年目のから星野に才能を見出され一軍で出場し、翌の6月頃からはレギュラーに定着。本人冗談めかして曰く「もともといい男だったが、もとの顔が変形するほど殴られ続けた」という星野の厳しい教育を吸収、以後、10年以上に渡り、ドラゴンズの正捕手の座を保ち続ける。打撃も次第に開花し、には20本塁打を放つなど、現役通算で137本塁打を記録した。同年7月19日の対巨人戦(ナゴヤ球場)では足を痛めてスタメン落ちしていたが、8回裏に同点に追いつく代打満塁本塁打、10回裏にはサヨナラ本塁打を放った。1988年と1999年の日本シリーズで通算26打数7安打1本塁打の成績を残す。中村武志 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た星野仙一星野仙一

    キャンプの囲み取材でなぜかイチャイチャする星野仙一(昇平)と田淵幸一(昇司)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 虎バン

    虎バンから見た星野仙一星野仙一

    また、放送開始から2010年12月放送の「マンスリー虎バン」までは、番組内や関連グッズで使われるタイトルロゴに星野仙一(元・阪神一軍監督)の書を使っていた。しかし、星野が東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍監督に就任する2011年度の放送から、タイトルロゴを一新。同年1月29日放送の「マンスリー虎バン」からは、当番組でコメンテーターを務める吉田義男(元・阪神一軍監督、ABC野球解説者)の書をタイトルロゴに採用したほか、2010年入社のアナウンサー・角野友紀が堀からナビゲーターを引き継いだ。4月2日から11月12日まで、前年度と同じ時間帯でレギュラー放送を実施した。虎バン フレッシュアイペディアより)

  • ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん

    ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくんから見た星野仙一星野仙一

    ホシノ監督(星野仙一ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん フレッシュアイペディアより)

  • 王貞治

    王貞治から見た星野仙一星野仙一

    監督経験を重ねた力が実を結び、1999年に球団創設11年目にして初のリーグ優勝、さらに中日との日本シリーズも制し監督として初の日本一になった。両リーグ優勝監督は三原脩、水原茂、広岡達朗、野村克也に次いで5人目。翌はリーグ優勝してV2を成し遂げるも日本シリーズで敗退するが、2003年に再び日本一に輝く (日本一になった年の対戦チームの監督はいずれも星野仙一であった) 。1999年の日本一時は同日に偶然ZONEでダイエーホークスを取り上げておりエンディングでは日本一と胴上げのシーンが挿入された。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 田中俊幸

    田中俊幸から見た星野仙一星野仙一

    1987年5月2日、広島球場での広島対中日戦。中日が2対1でリードしていた場面で中日川又米利のヒットで走者中尾孝義が生還した際に広島の捕手達川光男のタッチを顔面に受け流血、中日の星野仙一監督が達川に抗議。再開後、二盗を試みた川又のミゾオチに広島の二塁手正田耕三のタッチが入ったことから川又が正田の胸を突き、両チーム入り乱れての乱闘となった。この際に暴力行為を働いたのは両チームで20人以上に及んだが、全て退場させると試合ができないと考えた田中は星野と広島の伊勢孝夫コーチに対して退場を宣告した。田中俊幸 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
484件中 1 - 10件表示

「星野仙一」のニューストピックワード