484件中 91 - 100件表示
  • トミー・ラソーダ

    トミー・ラソーダから見た星野仙一星野仙一

    1995年、日本の球団(近鉄)との契約がこじれてメジャーリーグに挑戦してきた野茂英雄と契約して、野茂を頻繁に登板させた監督として日本でも非常に有名になり、またラソーダ本人もその後幾度となく来日し、日本製品のCMに出演する程の親日家となった。「長嶋茂雄と星野仙一は俺の兄弟。野茂英雄は俺の歳の離れた息子」とも豪語している。トミー・ラソーダ フレッシュアイペディアより)

  • 1001%ドラゴンズ

    1001%ドラゴンズから見た星野仙一星野仙一

    番組タイトルは、番組がスタートした年にドラゴンズの監督に就任した星野仙一の名前と、その前年に大ヒットした1986オメガトライブの『君は1000%』(作詞 - 有川正沙子、作曲 - 和泉常寛)の曲名を掛けたものである。ドラゴンズはこの番組の放送期間中の1988年にセ・リーグ優勝を果たしており、中京テレビのドラゴンズ応援番組としては近藤貞雄監督時代の『ドラドラ生放送』(1982年)に続く“V体験番組”となった。1001%ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 高木時夫

    高木時夫から見た星野仙一星野仙一

    浦和高校から日本大学へ進学。東都大学リーグ通算31試合出場、73打数20安打、打率.274、0本塁打、6打点、ベストナイン1回受賞。富士鉄釜石(現在の新日鉄釜石)を経て1961年に中日ドラゴンズに入団。主に木俣達彦の控え捕手として活躍。1974年に引退後は中日のコーチ、スカウトを務めた。当時は無名だった山本昌をスカウトしたことで知られる。後に阪神タイガースに移籍しスカウトを務めた他、星野仙一が監督時には球団広報を務めていた。高木時夫 フレッシュアイペディアより)

  • 尼崎信用金庫

    尼崎信用金庫から見た星野仙一星野仙一

    2003年分では、優勝すれば当時の同球団監督星野仙一の背番号77に因んで金利が基本レートの7.7倍に設定され、実際に優勝したため金利が0.5%程度にまで上昇した。尼崎信用金庫 フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・スパイアー

    ライアン・スパイアーから見た星野仙一星野仙一

    は楽天の久米島での春季キャンプにテスト生として参加し、2月16日に入団が発表された。地震の影響で他の外国人選手が帰国する中、スパイアーだけは家族を説得して日本に残り、星野仙一監督から「人生を懸けているし、腹が据わっとる」と評価された。開幕戦から抑えとして起用され、初登板初セーブを記録した。しかし、その後勝ちゲームを壊す機会が増え、抑えの座をダレル・ラズナーに譲った。11月22日に戦力外通告を受け、11月29日に自由契約公示がなされた。ライアン・スパイアー フレッシュアイペディアより)

  • ティム・アンロー

    ティム・アンローから見た星野仙一星野仙一

    に中日ドラゴンズに入団。オジー・ティモンズと共に、前年に退団した4番打者・レオ・ゴメスの穴を埋める存在として期待され、入団当初は「日本の投手に慣れさえすれば、日本でうまくやっていく自信はある」と語っていた。また、当時監督だった星野仙一はローズ(元横浜)級の活躍が出来ると太鼓判を押していた。ところが、シーズンが始まっても中軸はおろか一軍に上がることさえままならず、結局5月にゴメスを復帰させることになった。7月のわずか4試合の出場に終わり、わずか1安打しか打てず、シーズン中の8月2日に退団となった。ティム・アンロー フレッシュアイペディアより)

  • 一枝修平

    一枝修平から見た星野仙一星野仙一

    からは再び毎日放送解説者・日刊スポーツ評論家を務めた。には阪神村山実監督の後任候補に浮上したが、本人は固辞し(後任監督には中村勝広が就任した)、翌から明治大学と中日時代の後輩星野仙一が監督を務めていた中日のヘッドコーチに就任し、に星野監督が退任するまでの2年間担当した。一枝修平 フレッシュアイペディアより)

  • REGGIE

    REGGIEから見た星野仙一星野仙一

    中日ドラゴンズがモデル。監督は言動が星野仙一に似ている足立祐二。オーナーは清水昭弘。REGGIE フレッシュアイペディアより)

  • 1989年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1989年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た星野仙一星野仙一

    前年、3年連続の日本一を達成した西武ライオンズの森祇晶監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグを制した中日ドラゴンズの星野仙一監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率いた1989年のオールスターゲーム。1月7日に昭和天皇が崩御し、元号が昭和から平成へ変わり、プロ野球界もオリックスブレーブスと福岡ダイエーホークスが誕生し、プロ野球も新時代に突入した。26年間、3試合制だった球宴がこの年から2試合に短縮された。1989年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た星野仙一星野仙一

    NHK総合(中継録画・サンデースポーツスペシャルに内包) 解説:星野仙一、鶴岡一人1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

484件中 91 - 100件表示

「星野仙一」のニューストピックワード