484件中 11 - 20件表示
  • 牛島和彦

    牛島和彦から見た星野仙一星野仙一

    オフ、ロッテオリオンズの主砲落合博満と1対4の大型トレードが発表される。最後まで納得せずに抵抗するが、星野仙一新監督が自宅に出向き牛島を説得した。そして、、落合とのトレードで上川誠二・平沼定晴・桑田茂と共にロッテへ移籍した。移籍に当たっては当時の星野監督が「将来中日の指導者として呼び戻すから」と言ったが、結局中日復帰は実現せず口約束で終わっている。牛島和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た星野仙一星野仙一

    全パ(オールパシフィック・リーグ)監督は前年、日本一になった福岡ダイエーホークスの王貞治が務め、全セ(オールセントラル・リーグ)の監督は前年、リーグ優勝した阪神タイガース監督の星野仙一が務めるべきところだが、2003年の日本シリーズ終了とともに勇退したために、後任の岡田彰布が全セを率いた。長野オリンピックスタジアムで行なわれた第2戦の3回裏、捕手矢野燿大が福原忍(いずれも阪神)の投球を返球した瞬間、3塁ランナーだった全パのSHINJO(北海道日本ハムファイターズ)が、オールスター史上初、単独ホームスチールを成功させた。この試合で、SHINJOは「これからは、パ・リーグです!!」とヒーローインタビューでスピーチした。再編問題でリーグの存続の危ぶまれた全パが1990年以来、14年ぶりに2戦全勝した。2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の日本シリーズ

    1994年の日本シリーズから見た星野仙一星野仙一

    NHK衛星第1テレビ(中継録画) 実況:高山典久 解説:藤田元司、星野仙一 ゲスト解説:広瀬哲朗(日本ハム)1994年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 井野修

    井野修から見た星野仙一星野仙一

    2000年(平成12年)5月6日ナゴヤドームでの中日対横浜戦、橘高淳球審の判定を不服とした中日立浪和義、大西崇之両選手と星野仙一(当時中日監督)が同球審に暴行を働き3人が退場となる乱闘事件で二塁塁審。井野修 フレッシュアイペディアより)

  • 第24回アジア野球選手権大会

    第24回アジア野球選手権大会から見た星野仙一星野仙一

    日本(前回優勝国)(監督:星野仙一第24回アジア野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜

    石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜から見た星野仙一星野仙一

    テレビ東京の場合、アナログ放送では2010年4月から6月までの放映分は4:3コンバート(サイドカット)だったが、7月4日(星野仙一・渡邉美樹編第2回)から16:9レターボックスとなった。石川遼スペシャル RESPECT 〜ゴルフを愛する人々へ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 川又米利

    川又米利から見た星野仙一星野仙一

    1990年のシーズンは星野仙一監督の鉄拳制裁が話題になっていた当時だったが、ある試合で川又がチャンスでタイムリーヒットを打った時に、(相手の守備にエラーなどあり十分に2塁に進めるチャンスがあった筈だったが)1塁ベース上で味方のランナーのホームインに見とれてしまい、その走塁の怠慢さに星野がベンチで激怒し、ベンチ内の扇風機を叩き壊してしまい、その光景を1塁ベース上で見た川又は喜びから顔面蒼白になったというシーンがよく珍プレーで出てきた。なお川又は星野と現役時代を共にしながら、第一次星野政権下で放出されなかった数少ない中日OBの一人である。川又米利 フレッシュアイペディアより)

  • たかじんnoばぁ〜

    たかじんnoばぁ〜から見た星野仙一星野仙一

    第1回のゲストは、星野仙一と鳳蘭で、たかじんが鳳蘭と宝塚で共演した話で盛り上がり落ち着いた雰囲気の放送だった。また、この2人はたかじん本人がブッキングしたという(『たかじんのそこまで言って委員会』公式HP内『辛坊たまらん!もっと言っても委員会』2007年10月21日更新分でのたかじんの発言より)。たかじんnoばぁ〜 フレッシュアイペディアより)

  • ミスタータイガース

    ミスタータイガースから見た星野仙一星野仙一

    トレードで西武に移籍・福岡ダイエーで監督を務めた田淵に関しては、「引退するまでタイガース一筋でなければ、ミスタータイガースではない」と主張して除外するファンと、「田淵は自分の意思でタイガースを出たわけではない」として擁護するファンとで意見が真っ向から対立している(実際、1978年オフのスポーツ紙で田淵はトレード直前に「阪神が好きだ」「阪神でずっとやっていきたい」と発言しており、トレードが通告された際も素直には受諾せず、球団としばらく口論した。また、トレード受諾直後の会見でも「優勝ができなかったことに悔いが残る」と無念の表情で語っており、以上のことを踏まえても、西武移籍が田淵の意思によるものでないことは明らかである)。移籍後には田淵は除外され、掛布が3代目ミスタータイガースと呼ばれるようになった。しかし2002年に田淵が星野仙一監督の下で打撃コーチとして復帰して2003年に18年ぶりの優勝を果たして以降は、田淵を含めた4人とされることが増えている。ミスタータイガース フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た星野仙一星野仙一

    との案を明らかにした。しかし翌日に行われた12球団代表者会議ではセ・リーグ側の同意が得られず、球団の合併や破産時の選手救済策である支配下選手枠の臨時拡大(1球団当たり70人を80人に)と、新球団の日本プロフェッショナル野球組織(NPB)への加盟料(30億円)免除を決めただけで終わった。特に阪神タイガースは2フランチャイズ制に強硬に反対。ただ、阪神も高校野球の関係でダブル本拠地を望んでいたためにこの件については矛盾が生じており、実際、阪神球団内部は、岡田彰布監督(当時)ら容認派と星野仙一前監督、野崎勝義球団社長ら選手に同情する者らとで態度が分かれていた。また、28人枠についても新人選手・フリーエージェント選手・外国人選手の扱いを巡って紛糾した。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

484件中 11 - 20件表示

「星野仙一」のニューストピックワード