484件中 21 - 30件表示
  • 明治大学硬式野球部

    明治大学硬式野球部から見た星野仙一星野仙一

    星野仙一 - 投手、1968年度主将、倉敷商業出身 / 1966年秋の立教戦でノーヒットノーラン。のち中日、阪神、日本代表(北京五輪)、楽天監督明治大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の野球

    2001年の野球から見た星野仙一星野仙一

    9月25日 - 中日監督の星野仙一が辞任。後任は、ヘッド兼投手コーチの山田久志が就任。2001年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1978年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た星野仙一星野仙一

    朝日放送≪テレビ朝日系列≫ 実況:植草貞夫 解説:小山正明 ゲスト解説:星野仙一(中日)、佐藤道郎(南海)1978年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 西本聖

    西本聖から見た星野仙一星野仙一

    4月10日に後楽園球場で行われた中日ドラゴンズとの開幕戦で開幕投手として先発し、この年にロッテオリオンズから移籍してきた中日の4番・落合博満との対戦で、西本は落合に対し全打席全球シュートを投げた。その結果、1本だけはセンター前にヒットを打たれたものの4打数1安打と封じ込め、自身も完封勝利を収めた。「パ・リーグで三冠王だといってもここはセ・リーグ、パ・リーグとは違う」というセ・リーグの投手としてのプライドがあったからだといわれている。また『全球シュート』は研究に研究を重ねてたどり着いたのではなく、当日のマウンドで落合と向かい合ったときにひらめいたという。なお、落合はこの年無冠に終わっている。これには西本は「もし江川投手が開幕投手だったら江川さんは僕みたいに偏ったピッチングはしないので、他チームの投手は江川さんの攻め方を参考にしたはず。僕の攻め方があったからこそ落合さんは無冠に終わったんだろう。」と語っている。また、この時に中日の監督だった星野仙一はこのピッチングを見ていつか西本を獲得しようと決意し、2年後にトレードを実現させた。西本聖 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年の日本シリーズ

    1983年の日本シリーズから見た星野仙一星野仙一

    NHK総合 実況:羽佐間正雄 解説:星野仙一 ゲスト解説:鈴木啓示(近鉄)1983年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 島野育夫

    島野育夫から見た星野仙一星野仙一

    コーチ時代は相手の癖を盗む特技を生かし、球界屈指の名参謀と言われていた。特に星野仙一との監督・コーチコンビでは中日ドラゴンズ・阪神タイガースで優勝を経験しており、低迷期の長かった阪神にあっては島野が在籍していた時期は最下位になったことが一度もなかった。島野育夫 フレッシュアイペディアより)

  • 1974年の日本シリーズ

    1974年の日本シリーズから見た星野仙一星野仙一

    金田正一監督率いるロッテオリオンズと読売ジャイアンツのV10を阻んだ与那嶺要監督率いる中日ドラゴンズの対決となった同年の日本シリーズはロッテが4勝2敗で勝利し、毎日時代の1950年の第1回以来2度目の日本一を果たした。中日の高木守道、トーマス・マーチン、谷沢健一、木俣達彦、星野仙一、松本幸行とロッテの山崎裕之、有藤通世、弘田澄男、ジム・ラフィーバー、村田兆治、木樽正明の野手・投手陣の戦いは、第1・2・4戦が逆転、第6戦が延長戦と混戦だった。また、両チームともに守りにミスが多かったのがこの混戦の原因とも言える。8対5とロッテが制した第2戦では、両チームともに3失策。6試合で17失策というお粗末さ。また、両チームともに決め手を欠く投手陣で投手起用数も多く、第2戦では両チーム合わせて13人の投手を起用する試合になった(新記録)。MVPは弘田澄男が獲得。1974年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 根本陸夫

    根本陸夫から見た星野仙一星野仙一

    中日の主力選手であった田尾安志や平野謙をトレードで獲得。一方で、西武が囲い込みに失敗した小島弘務を中日がドラフト1位で指名するなど、星野仙一とのパイプを築く。根本陸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 田淵幸一

    田淵幸一から見た星野仙一星野仙一

    、親友である星野仙一の監督就任に伴い古巣・阪神のチーフ打撃コーチに就任。翌のリーグ優勝に大きく貢献する。「うねり打法」と称した打撃理論で濱中おさむ・関本健太郎などを育成する。その反面、成績が奮わない選手や見込みがない選手に対しては早々に見限る事もあり、シビアな側面もあった。デリック・ホワイトの成績不振に対しては「もう(あいつに)直接教える事はない。後は本人次第で頑張ってもらうだけだから」と「戦力外」の烙印を押し、後にホワイトの解雇につながった。田淵幸一 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球珍プレー・好プレー大賞

    プロ野球珍プレー・好プレー大賞から見た星野仙一星野仙一

    当番組の売り物でもあるみののナレーションは、初放映時から一貫して務めている他、実は台本を一切貰っておらず、映像は前もって見るだけでその後は全てアドリブで収録を行っている。そのため、見逃し三振でストライクゾーンに抗議している選手に、「振ってないよ?」というアフレコを当てたこともある。放送当初は選手名を積極的に連呼していたが、1990年代半ばからは、長嶋茂雄や星野仙一以外の選手や監督名はアフレコの中にほとんど登場しなくなり、ナレーションがワンパターン化した。番組最晩年は字幕で選手名を紹介していた。中日ドラゴンズ・山本昌によると、中日監督当時の星野の台詞は、「かなり近い」という。これがきっかけで、元番組『プロ野球ニュース』でみのは「コメディリリーフ」的なキャスターとして注目されるようになった。以下はよく使われているセリフの一部である。プロ野球珍プレー・好プレー大賞 フレッシュアイペディアより)

484件中 21 - 30件表示

「星野仙一」のニューストピックワード