589件中 31 - 40件表示
  • 強竜打線

    強竜打線から見た星野仙一星野仙一

    別名「恐竜打線」。までナゴヤ球場(改修前)を一軍ホームグラウンドにしていた時期の中日は、狭い球場を生かした打力が売り物のチームだった。しかしにナゴヤドームへと移転してからはチームが不振に陥り、星野仙一監督(当時)の方針のもと一転して投手を中心とした守備重視のチームへと切り替え、現在に至る。強竜打線 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た星野仙一星野仙一

    1995年のシーズン終了後、翌シーズンから再び監督に就任する事になっていた星野仙一からオフの間に20kg減量してくる事を命じられており、言われた通り110kgあった体重を90kgまで落として春季キャンプを迎えた。去年の活躍もあり、この年は打順こそ下位であったが開幕からレフトに固定され、同じく下位に固定された大豊とともに快打を連発する。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の日本シリーズ

    1994年の日本シリーズから見た星野仙一星野仙一

    NHK衛星第1テレビ(中継録画) 実況:高山典久 解説:藤田元司、星野仙一 ゲスト解説:広瀬哲朗(日本ハム)1994年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 西本聖

    西本聖から見た星野仙一星野仙一

    4月10日に後楽園球場で行われた中日ドラゴンズとの開幕戦で開幕投手として先発し、この年にロッテオリオンズから移籍してきた中日の4番・落合博満との対戦で、西本は落合に対し全打席全球シュートを投げた。その結果、1本だけはセンター前にヒットを打たれたものの4打数1安打と封じ込め、自身も完封勝利を収めた。「パ・リーグで三冠王だといってもここはセ・リーグ、パ・リーグとは違う」というセ・リーグの投手としてのプライドがあったからだといわれている。また『全球シュート』は研究に研究を重ねてたどり着いたのではなく、当日のマウンドで落合と向かい合ったときにひらめいたという。なお、落合はこの年無冠に終わっている。これには西本は「もし江川投手が開幕投手だったら江川さんは僕みたいに偏ったピッチングはしないので、他チームの投手は江川さんの攻め方を参考にしたはず。僕の攻め方があったからこそ落合さんは無冠に終わったんだろう。」と語っている。また、この時に中日の監督だった星野仙一はこのピッチングを見ていつか西本を獲得しようと決意し、2年後にトレードを実現させた。西本聖 フレッシュアイペディアより)

  • 第54回NHK紅白歌合戦

    第54回NHK紅白歌合戦から見た星野仙一星野仙一

    監督としてプロ野球・阪神タイガースを18年ぶりの優勝に導いた星野仙一監督が審査員を務めた。また、この年メジャーリーグ・ニューヨーク・ヤンキースに移籍し、4番打者としてワールドシリーズ出場を果たした松井秀喜とその父親の松井昌雄さんが「デジタルお茶の間審査員」となり、自宅からの中継もあった。ちなみに、昌雄さんはこの年本紅白出場歌手である香西かおりとデュエット曲「ゆきずり物語」を発表しており、歌手としての出演も噂されたが、実現しなかった。第54回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 牛島和彦

    牛島和彦から見た星野仙一星野仙一

    オフ、ロッテオリオンズの主砲落合博満と1対4の大型トレードが発表される。最後まで納得せずに抵抗するが、当時監督に就任した星野仙一が自宅に呼んで牛島を説得した。そして、、落合とのトレードで上川誠二・平沼定晴・桑田茂と共にロッテへ移籍した。移籍に当たっては星野が「将来中日の指導者として呼び戻す」と述べたが、結局中日復帰は実現せず口約束で終わっている。牛島和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の阪神タイガース

    2003年の阪神タイガースから見た星野仙一星野仙一

    この年の阪神タイガースは、星野仙一監督の2年目のシーズンであり、1985年以来、18年ぶり8度目のリーグ優勝に輝いたシーズンである。2003年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 島野育夫

    島野育夫から見た星野仙一星野仙一

    コーチ時代は相手の癖を盗む特技を生かし、球界屈指の名参謀と言われていた。 三宅博も著書の中でセンスを持ったクセ盗みの名人と記している。特に星野仙一との監督・コーチコンビでは中日ドラゴンズ・阪神タイガースで優勝を経験しており、低迷期の長かった阪神にあっては島野が在籍していた時期は最下位になったことは一度もなかった。島野育夫 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た星野仙一星野仙一

    この年の日本シリーズでは、井口が復帰したため、再び二塁手に戻ってシリーズに全試合スタメン出場したが、シーズンオフの秋季キャンプで王は、遊撃手としては守備の正確性に欠けていた井口を二塁手にコンバートさせ、からは鳥越を遊撃手のレギュラーとして起用すると明言、レギュラー確約を手にする。この日本シリーズに際して、出場できなかった古巣中日に対して「拝啓、星野仙一様」(後述)とコメントした。なお星野は大学の先輩でもある。鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • ナゴヤ球場

    ナゴヤ球場から見た星野仙一星野仙一

    試合は中日星野仙一、阪神江夏豊が先発。2-2で迎えた4回裏に中日が木俣達彦の本塁打で3?2と勝ち越し、8回裏にも1点を加え4?2で勝利した。デーゲームで行われたこの試合中、新幹線で移動していた巨人の選手達は、試合経過を知るために車窓から中日球場のスコアボードを見ようとしたがはっきり確認できず、名古屋駅に到着した時にファンから中日が勝ち越していることを知らされた。この知らせによって、車中の雰囲気は一気に明るくなったと言われている。ナゴヤ球場 フレッシュアイペディアより)

589件中 31 - 40件表示

「星野仙一」のニューストピックワード