589件中 41 - 50件表示
  • たけし・所のドラキュラが狙ってる

    たけし・所のドラキュラが狙ってるから見た星野仙一星野仙一

    星野監督が嫌いだ。(3つとも中日ドラゴンズ時代の落合博満)たけし・所のドラキュラが狙ってる フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た星野仙一星野仙一

    入団当時、野球解説者だった星野仙一(1987年より監督)は「背番号が34で左投げというから『金田2世』と期待してブルペンを見に行ったが、ただの大柄な男で、あまりに不恰好なモーションでコントロールもない。球も130km/h前後しか出ないからがっかりした」と語っており、山本本人も「小松辰雄さんのピッチングを見て、とんでもない所に来てしまったと思った」と回顧している。。大柄なだけで野球の才能に恵まれていないことは当の山本も自覚しており、自身がプロ入りできたのは左投げ投手であるところが大きいと後に振り返っている。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野燿大

    矢野燿大から見た星野仙一星野仙一

    、オフ、このシーズン限りで監督を辞任した野村克也の後任として、かつて自らをトレードで放出した星野仙一が阪神監督に就任したことで、「また星野監督に捨てられてしまう」と失望したと後に語っている。矢野燿大 フレッシュアイペディアより)

  • 松岡弘

    松岡弘から見た星野仙一星野仙一

    倉敷商業(一年先輩に星野仙一がいた)ではエースとしての夏の県予選準決勝に進むが、平松政次を擁する岡山東商に日没引き分け再試合の末に敗れ、甲子園出場はならなかった。卒業後は三菱重工水島に入社。クラレ岡山に補強され、・と都市対抗野球大会に出場するが、目立った成績は残せなかった。にドラフト5位でサンケイアトムズの指名を受けるも、4位までの選手の入団が決まったことを理由に契約見送りとなる。これに奮起して三菱重工水島で快投を重ね、にはチームの都市対抗初出場の原動力となる。同大会では1回戦で日本鋼管の高橋直樹と投げ合い、1-0で惜敗。これでサンケイ側も認識を改め、頭を下げたことから同年8月に入団。松岡弘 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木雅博

    荒木雅博から見た星野仙一星野仙一

    1995年のドラフト会議では、当初中日ドラゴンズは福留孝介を1位指名し、荒木はドラフト4位で指名する方針だった。しかし、福留に続き外れ1位の原俊介までも抽選で外してしまい、監督の星野仙一は「もう勝手にせえ」と憤慨し、外れ外れ1位で荒木が指名され、入団するに至った。。荒木雅博 フレッシュアイペディアより)

  • 宣銅烈

    宣銅烈から見た星野仙一星野仙一

    、この年も抑えの切り札として28セーブを挙げ中日の11年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、シーズン中盤の6月に3連続で救援失敗をするなど安定感が薄らいだ事などから、この年のシーズン限りでの現役引退を表明。引退会見では6月の時点で引退を申し入れたものの、当時の監督であった星野仙一から慰留されていた事や、選手兼任コーチとして契約するという球団側の提案も打診されたが固辞したことも明らかにしており、「それを乗り越えて優勝に貢献できたが、この辺でやめた方がファンにいいイメージを残したまま選手生活を終えられると決意した」と語っている。中日のリーグ優勝の際に胴上げ投手となり、ダイエーとの日本シリーズ第4戦でも登板するなど、華々しい引退となった。その後のボストン・レッドソックスからの入団要請は辞退した。宣銅烈 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本

    2003年の日本から見た星野仙一星野仙一

    10月30日 - 阪神の星野仙一監督、体調不良を理由に勇退。2003年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 岩瀬仁紀

    岩瀬仁紀から見た星野仙一星野仙一

    1974年に愛知県で生まれる。西尾東高校3年生時の1992年7月19日、第74回全国高等学校野球選手権愛知大会2回戦で三好高校を相手にノーヒットノーランを記録。その後、4回戦で敗退し、卒業後は愛知大学へ進学。愛知大学リーグでは1年春から外野手でレギュラー出場。打者としてリーグ通算101試合出場、384打数124安打、打率.323、9本塁打、64打点。通算124安打は神野純一(神野は125安打。元中日)に次ぐリーグ歴代2位。春季リーグでは愛知学院大学戦で1試合3本塁打を記録。外野手としてベストナイン4度受賞。一方、1995年秋季のリーグから外野手と兼任で投手としても登板すると、投手では3季で通算15試合に登板し8勝4敗の成績を残した。大学3年時に外野手として大学オールジャパンに選出されるなど、当時は打者として注目されていた。大学の卒業後は社会人野球のNTT東海に入社。近藤真市にスカウトされ、1998年のドラフト会議で中日ドラゴンズを逆指名し、2位で入団。背番号は近藤がノーヒットノーラン記録時に付けていた13を付けることとなった。オールスター戦出場を夢見ていて、星野仙一監督には先発入りを期待されていた。岩瀬仁紀 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤 義則

    佐藤義則から見た星野仙一星野仙一

    には、5月26日に監督の星野仙一が持病の腰痛で休養したため、星野に代わって当日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)を指揮(試合は1対4で敗戦)。その後の診断で星野が腰椎椎間板ヘルニアと胸椎黄色靭帯骨化症を発症していることが判明したため、楽天球団では翌5月27日に、星野の休養と佐藤の監督代行就任を発表した。翌5月28日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)では、監督代行として4対0で初勝利。7月2日、球団は二軍監督の大久保博元を一軍監督代行とすることを発表、佐藤は一軍投手コーチに専念することになった。10月14日に来季の契約を結ばないことが発表された。同年11月8日、福岡ソフトバンクホークス一軍投手コーチに就任することが発表された。武田翔太にヨシボールを教え、武田を一人前に育て上げた。チーム防御率は1位、チームの2年連続リーグ優勝、日本一に貢献した。2017年11月5日に退団。2018年シーズンより、東北楽天ゴールデンイーグルスの投手コーチを務める。佐藤義則 フレッシュアイペディアより)

  • 川又米利

    川又米利から見た星野仙一星野仙一

    特に1990年のシーズンは星野仙一監督の鉄拳制裁が話題になっていた当時だったが、珍プレーでその相方としてよく紹介された。ある試合で川又がライトフライを万歳で後逸して三塁打にしてしまい、星野が激怒とともにライトを交代させ、顔面蒼白になってベンチへ引き上げるシーンや、別の試合で川又がチャンスでタイムリーヒットを打った際、(相手の守備にエラーなどあり十分に2塁に進めるチャンスがあった筈だったが)1塁ベース上で味方のランナーのホームインに見とれてしまい、その走塁の怠慢さに星野がベンチで激怒しベンチ内の扇風機を叩き壊してしまい、その光景を1塁ベース上で見た川又は喜びから顔面蒼白になるシーンなどが代表的である。なお川又は星野と現役時代を共にしながら、第一次星野政権下で放出されなかった数少ない中日OBの一人である。川又米利 フレッシュアイペディアより)

589件中 41 - 50件表示

「星野仙一」のニューストピックワード