589件中 61 - 70件表示
  • 金村 義明

    金村義明から見た星野仙一星野仙一

    1994年には、規定打席への到達を逃すも、打率.299と好調であった。その一方で、一軍監督の鈴木啓示や一軍作戦兼バッテリーコーチの梨田昌孝は、金村とポジションの重なる中村紀洋を育てる意向を持っていた。結局、中村の台頭、鈴木監督の指導方針、コーチ陣や球団首脳部への不信感などが重なって、1994年のシーズン終了後に球団史上初めてFA権の行使を宣言。星野仙一などからの誘いを受けて、かつて星野が一軍監督を務めていた中日ドラゴンズへの移籍を決めた。金村義明 フレッシュアイペディアより)

  • 仁村徹

    仁村徹から見た星野仙一星野仙一

    投手としては前述の1試合の出場のみで、に二塁手に転向。に同年監督に就任した星野仙一に起用され、122試合に出場してレギュラーとして定着。は左ヒザの故障で出遅れ92試合の出場、ポジションも二塁手にコンバートされた宇野勝の存在もあって三塁手がメインになるも、打率.306、7本塁打、52打点の好成績を挙げ、チームの優勝に大きく貢献した。には主将になりチームをまとめたが、それ以降はヒザの故障の再発などもあり、おおむね年間100試合弱の出場にとどまった。その3年後に一旦は主将を辞めたが、には三塁手にコンバートされ、5番打者を務めると同時に、再び主将を務めた。仁村徹 フレッシュアイペディアより)

  • 野球道 (フジテレビ系列)

    野球道 (フジテレビ系列)から見た星野仙一星野仙一

    星野仙一(2017年、ゲスト解説。) ※中日OBとして2017年6月3日の東北楽天戦に出演。野球道 (フジテレビ系列) フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た星野仙一星野仙一

    1997年のドラフト会議直前の10月31日に、大学の先輩・星野仙一監督の率いる中日ドラゴンズへの逆指名を表明した。ドラフト会議では、中日が川上の単独1位で交渉権を獲得。契約金1億円、出来高払い5,000万円、年俸1,300万円(金額は推定)という条件で入団した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島忠

    鹿島忠から見た星野仙一星野仙一

    鹿児島実業時代は夏の甲子園にエースとして2年連続出場し、1978年は1回戦で静岡に3-4で惜敗。1979年も1回戦で相可に2-4で敗退。高校の1年上に定岡徹久、同期に栄村忠広がいた。卒業後は鹿児島鉄道管理局に進み、エースとして活躍。この時のチームメートに西村徳文、森田芳彦がいた。1982年のドラフト1位で中日ドラゴンズへ入団。当初は本格派右腕投手として期待され、1986年には9試合に先発して3勝を記録。1987年は伸び悩み、星野仙一監督に二軍行きを命じられる。1988年からは中継ぎとして起用され、同年のリーグ優勝に貢献。安定した投球を買われ、右の重要な中継ぎ要員として息長く活躍。球団歴代10位となる405試合に登板し、1996年限りで14年間の現役生活を引退。その後はテレビ愛知・東海ラジオ野球解説者・中日スポーツ野球評論家(1997年 - 2000年)で4年間担当を経て、中日で一軍投手コーチ(2001年 - 2002年)・二軍投手コーチ(2003年)を務めた。中日退団後は2度目の東海ラジオ野球解説者・中日スポーツ野球評論家(2004年)で1年間担当を経て、楽天で二軍投手コーチ(2005年)・一軍投手コーチ(2006年)を務めた。楽天コーチ時代、ベンチで野村克也監督の近くに座ることが多かったことから、試合中のぼやきを耳にすることが多かった。鹿島忠 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の日本

    2001年の日本から見た星野仙一星野仙一

    9月25日 - 中日の星野仙一監督が勇退し、後任に山田久志投手兼ヘッドコーチが昇格。2001年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 上原浩治

    上原浩治から見た星野仙一星野仙一

    4月4日にFA権を取得。翌年のメジャーリーグ移籍を目指すことを7日に表明。巨人の球団代表清武英利からは「全力を上げて慰留する」と同時に「今までよく我慢してくれた」という労いの言葉が贈られた。シーズンではかねてから希望していた先発ローテーション復帰を果たすも5試合に登板して4敗、防御率6.75と不調が続いたため、4月27日付で一軍登録抹消。故障以外ではプロ入り後初となる二軍落ちを経験した。二軍では小谷正勝コーチなどと調整・投球修正を続けていた。7月に北京オリンピックの日本代表監督である星野仙一からの代表招集要望で一軍に緊急復帰し、セットアッパーとして登板するも、本来の調子を取り戻すことはできなかった。しかしそれでも星野から「日本代表に最も必要な男」と国際試合での相性・経験を見込まれ、代表に選出された。一軍でも尾花高夫投手コーチと遠投に取り組むなど、引き続き投球修正を続け、原監督には精神的な部分での問題を指摘され、ビハインドでの救援や、僅差で二死からの救援など、段階を上げながら失敗・成功を重ねた。前半戦最終戦、五輪代表合宿合流前の最後の試合となった7月29日、8回1点差から登板し1イニング無失点、その後4点差となったことで9回も続投して3三振に抑え、この年の一軍初セーブを記録した。前年の2007年に代謝異常の難病を患っていた少年と「元気になったら東京ドームでキャッチボールをする」と約束。8月28日の東京ドームでの横浜戦の試合前に約束は実現し、少年はその試合で始球式を務める。この様子はその年の24時間テレビで放送された。この試合では約4ヶ月ぶりの先発復帰を果たし、先発投手として693日ぶりの勝利を上げた。その後も尻上がりに調子を上げ、北京五輪後は7試合で4勝1敗。唯一の敗戦もソロ本塁打での1失点のみで防御率2.08という好成績で巨人の逆転優勝に貢献した。西武との日本シリーズでは第1戦(11月1日)に先発したが、負け投手となる。10月以降の敗戦は自身初であった。第5戦にも先発したが、3回2失点で降板。しかしチームが逆転勝ちしたため敗戦は免れた。上原浩治 フレッシュアイペディアより)

  • 田淵幸一

    田淵幸一から見た星野仙一星野仙一

    、親友である星野仙一の監督就任に伴い古巣・阪神のチーフ打撃コーチに就任。翌のリーグ優勝に大きく貢献する。「うねり打法」と称した打撃理論で濱中おさむ・関本健太郎などを育成する。星野は著書の中で「うねり打法、3割打線だ、と終始注目を集めてきた通り、大型、小型のバッターをミックスして、上手く振り分けて、ポイントを一つも外さないで攻撃態勢を作ってくれた。和田とオマリーの協力を得ながら3人で、弱い打線のレベルを一気に引き上げてくれたのである」と記している。その反面、成績が奮わない選手や見込みがない選手に対しては早々に見限るシビアな側面もあった。デリック・ホワイトの成績不振に対しては「もう(あいつに)直接教える事はない。後は本人次第で頑張ってもらうだけだから」と「戦力外」の烙印を押し、後にホワイトの解雇につながった。田淵幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た星野仙一星野仙一

    小学校時代はサッカーをしており、愛知県代表のフォワードに選ばれたこともある。野球は中日ドラゴンズのファンで、特に星野仙一の大ファンだった。自らが野球を始めたのは小学6年の時で、地元の少年野球チームのコーチをしていた父親の影響だった。当時から身体が小さく、中学時代に野球を止めようかと考えたこともあったが、足を活かすために左打ちに変えて内野安打が増えた。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 星野

    星野から見た星野仙一星野仙一

    日本人の姓の一つ。星野仙一、ほしのあき、星野伸之、星野桂、星野スミレ、星野鉄郎、星野充昭など。星野氏も参照。星野 フレッシュアイペディアより)

589件中 61 - 70件表示

「星野仙一」のニューストピックワード

  • jp/i/6550/166/resize/d6550−166−199392−10.jpg

  • スモーガスボード専門店

  • スウェーデン山林火災50カ所