484件中 71 - 80件表示
  • 大下英治

    大下英治から見た星野仙一星野仙一

    星野仙一勝ちたいんやッ 「七つの顔を持つ男」はこうしてダメ虎を甦らせた 徳間書店 2003.10大下英治 フレッシュアイペディアより)

  • 唐渡吉則

    唐渡吉則から見た星野仙一星野仙一

    また、歌手として「男一途の人生姿(おとこいちず - はれすがた)」(2003年、当時の星野仙一監督を歌った楽曲)などを発表。『トラ!トラ!トラ!タイガース!!』を『とことん!!タイガース』に改称したのも、2000年3月に同名の楽曲を発表したことによる(改称を機にオープニング曲へ採用)。2008年3月12日には、『唐さん・一枝のoh!艶歌』で共演中の桜井一枝とのデュエット曲「ありがとう御堂筋」などを収録した初のミニアルバム「ド・ドンと行こうぜタイガース/ありがとう御堂筋」を発売した。唐渡吉則 フレッシュアイペディアより)

  • グレッグ・ハンセル

    グレッグ・ハンセルから見た星野仙一星野仙一

    3年目の2002年はシーズン開幕間もなくヘルニアが悪化し戦線離脱、帰国し6月に内視鏡手術を受けた。その後驚異的な回復力でシーズン後半には再来日を果たし阪神残留をアピールしたが、星野仙一監督の戦力構想から外れ退団となった。グレッグ・ハンセル フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球ファミリースタジアム (ゲームブック)

    プロ野球ファミリースタジアム (ゲームブック)から見た星野仙一星野仙一

    メジャーリーガーズ戦で劇的な勝利を収め(メジャーリーガーズはナムコにオープン戦で負けたことで立腹し、日本リーグに居座っている設定)、球団存続を決めたナムコスターズは監督専業となったぴぴの采配も冴え渡り、その年のペナントレースでも快進撃を続けて圧倒的な強さで悲願の初優勝を果たす。しかし、目の前で胴上げを見せ付けられたドラサンズ監督・月野ヘンイチが他球団に檄を飛ばし、メジャーリーガーズを含む13球団のオールスターを結成。どうむ球場でナムコvsオールスター戦が開催されることになる。プロ野球ファミリースタジアム (ゲームブック) フレッシュアイペディアより)

  • 野崎勝義

    野崎勝義から見た星野仙一星野仙一

    2001年オフの野村克也監督退任直後、中日監督を退任したばかりの星野仙一を後任の監督として招聘。野崎勝義 フレッシュアイペディアより)

  • ほしの竜一

    ほしの竜一から見た星野仙一星野仙一

    ペンネームはプロ野球の中日ドラゴンズのファンで、ドラゴンズの監督だった星野仙一からとられている。成年コミックを執筆している星野竜一とは別人。ほしの竜一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野秀孝

    星野秀孝から見た星野仙一星野仙一

    群馬県立沼田高等学校武尊分校(現・群馬県立尾瀬高等学校)軟式野球部で活躍。左からのキレのあるボールがスカウトの目に留まり、1968年、ドラフト8位で中日ドラゴンズに入団。なお、1年遅れて同姓の星野仙一が入団、長らく「星野仙」「星野秀」の表記がファンに親しまれた。無名校卒、ドラフト下位指名、軟式出身ということで時間はかかったが、1971年に1軍初登板。1974年には4勝をあげる活躍を見せる。1976年に西岡三四郎との交換トレードで南海ホークスに移籍。4勝をマーク。1980年までプレーした。現役引退後、愛知県日進市で喫茶店を経営していたが、妻の他界に伴い2007年7月に閉店した。現在は、小中学生を中心に野球指導をしながら、プロ野球マスターズリーグ・名古屋エイティーデイザーズでも活躍している。パームボールを武器とした。星野秀孝 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本瑛生

    杉本瑛生から見た星野仙一星野仙一

    2009年2月、世界で活躍する若者を応援する星野仙一監督によるホシノドリームプロジェクトに抜擢され有楽町国際フォーラムにて表彰される。杉本瑛生 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・グリーンウェル

    マイク・グリーンウェルから見た星野仙一星野仙一

    なお、星野仙一が阪神監督時代のに、サンケイスポーツなどのスポーツ紙記者との雑談(俗に「星野語録」などとして記事化)で、グリーンウェルに関して次のような回想をしている。「グリーンウェルは、当初は中日と契約するはずだった。しかし自分と親しい大リーグ事情に詳しい人物に『彼(グリーンウェル)を獲るのか? やめておけ。彼は日本でゴルフがしたいだけだ』と止められたので結局獲らなかった、そうしたらしばらくして阪神が契約した」。マイク・グリーンウェル フレッシュアイペディアより)

  • 加納茂徳

    加納茂徳から見た星野仙一星野仙一

    1972年、社会人野球の新日鐵広畑からドラフト外で阪神タイガースに入団。1年目に10試合に出場したが捕手としての出場はなかった。1977年、現役生活唯一のヒットを後に阪神の監督になる星野仙一から打つ。この年以降一軍での試合出場はなく、ブルペン捕手としてチームを支えた。1982年からは選手兼コーチ補佐(ブルペン担当)、1986年は選手兼ブルペンコーチとしてチームに貢献しこの年限りで現役引退。1984年まで、試合中にブルペンで投手の球を受ける捕手は現役選手に限るとの条項があったため、各球団ともブルペン捕手あるいはバッテリーコーチにあたる捕手を支配下選手登録していたが、連盟発表の支配下登録選手一覧には実質的に選手でないとの解釈で標記されていなかった。1985年よりこの規約は省かれたが、支配下選手に余裕のある球団は引き続きブルペン捕手の支配下を継続したため、便宜上1985年の登録名簿にはブルペン捕手が登録名簿に見受けられた。そのため、加納の現役生活は15年と出場試合数の割には長かった。翌1987年から2年間はブルペンコーチ、1989年にスカウトに転身し、チーフスカウト補佐まで昇進した。2001年からは管理部でスコアラーを務める。加納茂徳 フレッシュアイペディアより)

484件中 71 - 80件表示

「星野仙一」のニューストピックワード