589件中 81 - 90件表示
  • 1968年の中日ドラゴンズのユニフォーム

    1968年の中日ドラゴンズのユニフォームから見た星野仙一星野仙一

    ノースリーブのユニフォームは30年間封印されたが、前述のように1998年にサンデーユニフォームとして復活を果たした。このユニフォームには当時就任3年目の星野仙一監督の出身大学・明治大学のスクールカラーである紫が採用された。1968年の中日ドラゴンズのユニフォーム フレッシュアイペディアより)

  • 1996年の中日ドラゴンズのユニフォーム

    1996年の中日ドラゴンズのユニフォームから見た星野仙一星野仙一

    中日のチームカラーともいえる「青」を採り入れたユニフォームが初めて登場したのは1963年。その後、濃紺や赤などが主体のユニフォームが使用されていたが、1969年に青色主体のユニフォームに変更されたのを機に「中日=青」という図式が定着。以降は青色の色彩を濃くするなどして現在に至っているが、定着ユニフォームの初代(1969年?1973年)・2代目(1974年?1986年)にはそれぞれマイナーチェンジを施したものの僅か1年のみの使用で終わった短命ユニフォームが存在していた。3代目である1987年?2003年のデザインにも短命ユニフォームが存在し、1996年のみ使用のユニフォームもそのうちの一つである。中日が定着ユニフォーム3代目にフルモデルチェンジしたのは1987年の開幕直前。この年就任した星野仙一監督の要望によるもので、デザインがロサンゼルス・ドジャーズのユニフォームと非常によく似たデザインであった。定着ユニフォーム3代目になった1987年からナゴヤ球場最終年の1996年までの9年間のうち、Aクラス入りは実に6回を数え、1988年にはリーグ優勝を果たした。星野の後任の高木守道監督時代も就任初年度1992年は最下位となったものの、1993年はヤクルト、1994年は巨人と2年連続で終盤まで優勝争いを展開、特に1994年は伝説の「10.8」を経験したりと、中日にとっては強さの象徴であると共に縁起のいいデザインのユニフォームであった。星野監督が再び就任した1996年は前年に大リーグ挑戦で成功を収めた野茂英雄の所属球団・ドジャースの人気にあやかってか、胸・背番号の数字や背ネームの書体をドジャース風のタイプに変更した。この1996年モデルのユニフォームは1997年に本拠地がナゴヤ球場からナゴヤドームへ移転するのに伴い、帽子のDマークが立体的なブロック体に、左袖も60周年記念ロゴマークから中日の新しいマスコット「シャオロン」をモチーフにしたペットマークのいわゆる「後期型」に変更されたため、僅か1年のみ使用された短命ユニフォームであった。1996年の中日ドラゴンズのユニフォーム フレッシュアイペディアより)

  • 2002年・2003年の中日ドラゴンズのユニフォーム

    2002年・2003年の中日ドラゴンズのユニフォームから見た星野仙一星野仙一

    1987年?2001年まで使用された星野仙一・高木守道両監督時代のユニフォームの変遷は以下のとおり。2002年・2003年の中日ドラゴンズのユニフォーム フレッシュアイペディアより)

  • 松田昌士

    松田昌士から見た星野仙一星野仙一

    全日本野球会議の日本代表編成委員長も兼任しており、星野仙一を北京オリンピック野球日本代表監督に就任させるために奔走した。しかし、北京オリンピックにおけるタイブレーク方式の導入を提案して実現させながら、星野監督がその動向を全く知らなかったなど、プロ・アマ間での連携のなさも露呈した。松田昌士 フレッシュアイペディアより)

  • パワーリーグ4

    パワーリーグ4から見た星野仙一星野仙一

    D:ドラムス(Drums) - 中日ドラゴンズがモデル。三冠王を狙う主砲のヘチアイを軸とした打線と、監督を先頭とした戦闘的な野球が売り物。パワーリーグ4 フレッシュアイペディアより)

  • 北京プレオリンピック野球日本代表

    北京プレオリンピック野球日本代表から見た星野仙一星野仙一

    の北京オリンピックを前に、主要大会のプレ大会を行う国際大会である今大会に日本が招待されたことを受け、チームが結成された。本番でも用いられる球場で試合が行われるということもあり、全日本野球会議は代表チーム監督に星野仙一を起用、11月のアジア野球選手権兼アジア予選や1年後のオリンピック本大会を見据えたチーム作りが求められたが、プロ野球はペナントレースの最中で社会人野球も都市対抗野球大会開幕直前ということから、プロ野球からはファームの主力選手が招集され、さらには大学生が代表入りした。北京プレオリンピック野球日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 檜山久恵

    檜山久恵から見た星野仙一星野仙一

    1986年(昭和61年)シーズン終了後、誠二は牛島和彦、平沼定晴、桑田茂の3投手と共にロッテオリオンズの落合博満選手とのトレード成立により、ロッテに移籍した。就任して間もない星野仙一監督から誠二にトレードの連絡が来たのは、誠二が久恵のお産の準備で東京に来ていたときであった。久恵はその後も誠二の野球人生を支えた。檜山久恵 フレッシュアイペディアより)

  • 鴻上尚史のオールナイトニッポン

    鴻上尚史のオールナイトニッポンから見た星野仙一星野仙一

    「プロ野球選手に聞く どっちを選ぶ? 星野監督の鉄拳制裁と関根監督にやさしく言われる"二軍落ち"」鴻上尚史のオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県立倉敷商業高等学校

    岡山県立倉敷商業高等学校から見た星野仙一星野仙一

    星野仙一(元プロ野球選手、監督)岡山県立倉敷商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 上本孝一

    上本孝一から見た星野仙一星野仙一

    星野仙一を巨人戦で、田淵幸一を生涯唯一の退場処分を下した審判でもあった。上本孝一 フレッシュアイペディアより)

589件中 81 - 90件表示

「星野仙一」のニューストピックワード