245件中 91 - 100件表示
  • 星野仙一

    星野仙一から見た宮下昌己

    1987年6月11日、熊本・藤崎台県営野球場での対巨人戦で、宮下昌己がウォーレン・クロマティの背中に死球を与え両軍入り乱れての大乱闘に発展。その際、巨人監督の王貞治に対し拳を突き出し挑発ともとれるポーズをとり、喧嘩を売ったと批判された。後年のテレビ番組内でその際のことに触れ、拳を突き出した件については「拳で殴ることはないでしょう?」という抗議の意味であったと釈明している。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見たマイク・ラインバック

    1000奪三振:1979年6月26日、対阪神タイガース13回戦(阪神甲子園球場)、1回裏にマイク・ラインバックから ※史上57人目星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た島岡吉郎

    大学時代は島岡吉郎監督の薫陶を受け、明治大学政治経済学部経済学科卒業後も「オヤジ」「明治大学野球学部島岡学科出身」と慕うなど、その後の人生に大きな影響を受けた。島岡からは「命懸けでいけ」、「魂を込めろ」、「誠を持て」の3つの教えを徹底的に仕込まれたという。当時の全共闘による校舎封鎖を実力で解除するために、島岡の命を受けて野球部の同輩と共にバリケードへ殴り込んだこともあるという。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た濱中治

    に金本知憲がFAで広島から移籍。春季キャンプ中、星野は事あるごとに金本・桧山進次郎・濱中治の3人の外野手の名を挙げ、俊足の外野手として頭角を現していたものの、前年度に骨折で3か月以上欠場し、前半戦をほぼ棒に振っていた赤星憲広に対しては「赤星は控えで、代走要員」とコメント。キャンプにおいて赤星は必死に存在をアピールした。実際には星野の構想の中で赤星の中堅手レギュラーは確定しており、「赤星はガンガン言って、向かってこさせて伸びるタイプだから、あえてそういう発言をした」ものだった。赤星は5年連続盗塁王を獲獲するなどリーグを代表する選手に成長した。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た平野謙 (野球)

    大型補強を行う一方、生え抜き選手を放出することも多かった。第1期監督時代には、中尾、大島康徳や牛島和彦、平野謙、山田和利、音重鎮(第2次監督時代に中日復帰)、第2次監督時代では、酒井忠晴、仁村徹、前原博之、清水雅治、大豊泰昭(上記久慈との交換相手であったが3年後に復帰)、矢野輝弘、門倉健、鶴田泰、種田仁などを他球団に放出した。これらの放出により、特に第1次政権時の主力選手は谷沢健一、宇野勝、川又米利を除いてほとんど放出されてしまい、そのうち谷沢は星野の就任と入れ替わりに引退した(就任1年目のオープン戦に引退試合を行った)。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見たウォーレン・クロマティ

    1987年6月11日、熊本・藤崎台県営野球場での対巨人戦で、宮下昌己がウォーレン・クロマティの背中に死球を与え両軍入り乱れての大乱闘に発展。その際、巨人監督の王貞治に対し拳を突き出し挑発ともとれるポーズをとり、喧嘩を売ったと批判された。後年のテレビ番組内でその際のことに触れ、拳を突き出した件については「拳で殴ることはないでしょう?」という抗議の意味であったと釈明している。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た山田和利

    大型補強を行う一方、生え抜き選手を放出することも多かった。第1期監督時代には、中尾、大島康徳や牛島和彦、平野謙、山田和利、音重鎮(第2次監督時代に中日復帰)、第2次監督時代では、酒井忠晴、仁村徹、前原博之、清水雅治、大豊泰昭(上記久慈との交換相手であったが3年後に復帰)、矢野輝弘、門倉健、鶴田泰、種田仁などを他球団に放出した。これらの放出により、特に第1次政権時の主力選手は谷沢健一、宇野勝、川又米利を除いてほとんど放出されてしまい、そのうち谷沢は星野の就任と入れ替わりに引退した(就任1年目のオープン戦に引退試合を行った)。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た音重鎮

    大型補強を行う一方、生え抜き選手を放出することも多かった。第1期監督時代には、中尾、大島康徳や牛島和彦、平野謙、山田和利、音重鎮(第2次監督時代に中日復帰)、第2次監督時代では、酒井忠晴、仁村徹、前原博之、清水雅治、大豊泰昭(上記久慈との交換相手であったが3年後に復帰)、矢野輝弘、門倉健、鶴田泰、種田仁などを他球団に放出した。これらの放出により、特に第1次政権時の主力選手は谷沢健一、宇野勝、川又米利を除いてほとんど放出されてしまい、そのうち谷沢は星野の就任と入れ替わりに引退した(就任1年目のオープン戦に引退試合を行った)。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た近藤真一

    にルーキーの近藤真一を先発に抜擢し、プロ野球史上初の快挙となる初登板・初先発ノーヒットノーランを達成した。結果的に現役生活は6年だったが、18歳11か月での史上最年少記録で月間MVPを受賞。翌年も8勝を挙げてリーグ優勝に貢献した。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た谷博

    中日監督時代より「闘将」と称されるほど数多くの激しい抗議をしていたが、元セ・リーグ審判員の谷博によればほとんどがファンを盛り上げるための演技で、審判に断りを入れてから開始していたという。阪神時代もグラウンド上で闘将ぶりを発揮したが、一方でマナーの向上をファンにアピール。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

245件中 91 - 100件表示

「星野仙一」のニューストピックワード