425件中 101 - 110件表示
  • 星野仙一

    星野仙一から見たフジテレビジョン

    ボクらの時代 (フジテレビ、2017年9月3日) -「星野仙一×ビートたけし×松尾雄治」の対談。三人の母校である明治大学の駿河台キャンパスで行われた。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た中部日本放送

    は開幕戦監督として初めて勝利し、オールスター前首位に立つも、失速し優勝した広島の3ゲーム差の2位。新人の森田幸一は抑えで活躍し球団初の2年連続で新人王輩出した。同年限りで「健康上の理由」(表向きの理由であり、実際には夫人の白血病発症が大きく関係していた)で辞任。辞任後は、に中部日本放送(CBC)の客員解説者、からに再びNHK解説者を務め、並行して1992年からまで中日スポーツ客員。また、沢村賞の選考委員を務めていた(から1995年まで)。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た大和証券グループ本社

    SDを務める傍ら、アメリカンホームダイレクトやキリンビバレッジ、大和證券、さくら不動産などのテレビコマーシャルに出演し、タレントとしても活動。母校明治大学の評議員となった縁もあり、同大学のイメージキャラクターも務める。2004年10月からは大阪人間科学大学の客員教授にも就任している。また、特定の放送局と専属契約をしないフリーランスの野球解説者として各テレビ放送局のプロ野球中継に出演していた。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た文藝春秋

    『星野仙一の巨人軍と面白く戦う本』(文藝春秋、1983年4月)星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見たテレビ東京

    日経スペシャル カンブリア宮殿「強いリーダーとは?“カミナリ親父”星野仙一が吠える!」(テレビ東京系列、2008年4月7日)星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た大京

    大京観光(現・大京) - ライオンズマンション(1986年)星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見たセントラル警備保障

    セントラル警備保障(CSP)(2008年?未定) (2018年から愛知と大阪と兵庫と宮城はご冥福をお祈りいたしますデロップだ)星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た三井住友フィナンシャルグループ

    三井住友FG・日本郵政社長の西川善文、ファッションデザイナーのコシノヒロコと交友があった。星野の大阪後援会では西川が会長、コシノが副会長(婦人部部長)を務めていた。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た今中慎二

    1986年シーズンオフ、同年途中で休養した山内一弘の後任として、中日の監督に就任。背番号は77(川上哲治が巨人監督としてこの背番号でV9を達成したことに肖ったもの)。NPB史上初の戦後生まれの監督となった。球団からの監督要請を受ける時、「召集令状がきた」と感じたといい、「笑ってください」と注文をつけてきたカメラマンに対し「これから戦場へ行くのだ。笑えるか」と真剣に怒ったというエピソードが存在する。総合コーチに木俣達彦、投手コーチに池田英俊、2軍監督兼寮長に岡田英津也を招聘した。就任後は谷沢健一に水面下で引退を勧告し、谷沢は引退。ロッテから落合博満を4対1のトレードで獲得するなど大胆な補強を行い、ドラフトでも1986年に近藤真一、1987年に立浪和義といった即戦力に成り得る高校3年生を他球団との競合の末1位で獲得。今中慎二、山崎武司、上原晃、音重鎮、大豊泰昭など主力級が3年間で入団する。投手では川畑泰博、江本晃一、宮下昌己、打者では仁村徹、彦野利勝、小松崎善久、中村武志といった実績のない若手を次々と起用して成功した。山本昌をアメリカ合衆国への留学で才能を開花、先発投手郭源治をリリーフエースに、遊撃手の宇野を二塁手に、捕手の中尾を外野手に配置転換させるなどチームカラーを一新する。特にレギュラー捕手だった中村への叱り方は厳しいもので、試合中に星野に殴られた中村が鼻血を出してプレーしているということもあったという。山本によると第一政権で抜擢された若手で鉄拳を浴びていないのはおそらく立浪ぐらいではないかと記している。選手を怒鳴りまくりプレッシャーをかけ、星野曰く「俺のプレッシャーに負けるような奴が、ここぞの時に踏ん張れるか、そんな奴は要らねぇ」と述べている。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た武田一浩

    1月30日に妻と死別。春にナゴヤドームが完成。球場が広くなったことでチームの体質改善が求められたが間に合わず、星野自身も「最下位覚悟で優勝を狙う」と先行きを危ぶむ発言。予想通り開幕から低迷し、高木時代の1992年以来5年ぶりとなる最下位に転落。チーム打率リーグ最下位、チーム防御率5位と投打共に振るわなかった。同年オフ、関川浩一・久慈照嘉を交換トレードで獲得し、大豊泰昭・矢野輝弘を放出し、アロンゾ・パウエルは退団した。投手コーチの小松辰雄は退団し後任に宮田征典を招聘、打撃コーチに水谷実雄、外野守備走塁コーチに二宮至、2軍監督には仁村徹、2軍投手コーチに梶本隆夫が就任した。外国人選手では李鍾範、サムソン・リーを獲得し、南渕時高も獲得、大学の後輩川上憲伸をドラフト1位で指名した。投手陣は肩の故障から伸び悩んでいた野口茂樹がエース級へ育ち、14勝し最優秀防御率、川上も14勝で新人王、中継ぎ陣では落合英二が最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得し、新人の正津英志も活躍した。チーム防御率は12球団トップ。盗塁はリーグトップだったもの打率はリーグ5位に終わった。は2位となった。明治大学の後輩であり、前年のパ・リーグ最多勝投手であった武田一浩をFAで獲得した。宮田は一年で辞任し、後任に山田久志が就任し、内野守備走塁コーチには高代延博を招聘した。ドラフトでは福留孝介、岩瀬仁紀が入団。は、の西鉄ライオンズ以来45年ぶりとなる開幕11連勝を飾った勢いでそのまま首位を突っ走り、自身2度目のリーグ優勝を果たした。昨年に引き続きチーム防御率は12球団一位。福岡ダイエーホークスとの日本シリーズは前評判では中日圧倒的優位だったが、1勝4敗で敗れた。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

425件中 101 - 110件表示