245件中 31 - 40件表示
  • 星野仙一

    星野仙一から見た前田幸長前田 幸長

    限りで「健康上の理由」(表向きの理由であり、実際には夫人の白血病発症が大きく関係していた)で辞任。のみ中部日本放送の客員解説者を務め、からは再びNHK解説者、からまで中日スポーツ客員。また沢村賞の選考委員を務めていた(1994年から1995年まで)。9月20日に監督復帰が発表され直後に愛甲猛を無償トレードで獲得、更に前田幸長・村田勝喜も交換トレードで獲得。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た野口茂樹

    選手にタイトルを獲らせるためには手段を選ばない一面もあった。、小松辰雄が最多勝を争っていた際は、消化試合3試合に5回から投げさせて勝ち星を稼がせ、タイトルを獲得させた。には、最優秀防御率のタイトルがかかっていた今中慎二を、既に優勝が決まっていた広島戦のダブルヘッダーの1試合目で完投させ、2試合目にも登板させた。には山崎武司に本塁打王を獲得させるため、1本差で追っていた松井秀喜を全打席敬遠。巨人ファンはもとより中日ファンからも非難の声が上がった。当の本人は「松井にタイトルを取られると同じ数であっても山崎は注目されず、注目度の高い松井のものになってしまう」と発言した。は、既に中日の優勝が決定し日本シリーズ出場が決まっていたが、最多勝まであと1つと迫っていた野口茂樹をシーズン最終戦(対ヤクルト戦)に中4日登板させた。また、「MVPは優勝球団から」を記者にアピールし、成績で勝る上原浩治への投票を牽制した。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た稲尾和久

    星野はテレビ番組で「監督に逆らえる選手がいないのがさびしい。選手交代された時に『大丈夫です。まだやれます』という気持ちがある選手が欲しい」と語ったことがある。逆に当時の首脳陣であった近藤貞雄や稲尾和久は自著で「打ち込まれてしまって星野自身が投手交代をベンチに要求してくるので交替させてやったら、さも交替させられたことが悔しそうにグローブを投げ捨てた」と述懐している。1982年後半には衰えが顕著になり登録抹消こそされなかったが起用されることはなかった。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た石橋貴明

    石橋貴明:星野仙一物語 〜亡き妻へ贈る言葉(TBS系:2005年1月2日)星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た西本幸雄

    星野を久万オーナーに推薦したのは前任監督・野村克也だという。著書によると野村は任期途中で自分では阪神再建は不可能と悟り、「負け癖のある今の状態の阪神を再建できるとすれば、熱血指導型の西本幸雄さんか星野だ」と考えていた。当時の阪神はOB会が強い権力を持ち、ベンチにも入って選手を勝手に指導したりする場面もあり、野村との確執があったともいう。星野もオーナーに直談判し、「ここまで低迷したのは、失礼ですがオーナー、全てあなたの責任ですよ」と発言した。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た佐藤義則佐藤 義則

    、前任の野村克也に才能を認められながらも伸び悩んでいた井川慶を開幕投手に抜擢。3-1で勝っていたが9回裏、松井秀喜のセンター前と清原和博の内野安打で無死一、二塁のピンチを迎える。変えるべきか投手コーチの佐藤義則に相談されたが星野は振り向きもせず「勝っとるんや。そのままいけっ」とマウンドに行こうともせず続投させた。井川は後続を抑えて完投勝利。206奪三振で最多奪三振のタイトルを獲得した。井川は翌年、リーグ最多の20勝を達成してリーグ優勝に貢献したほか、2005年以外毎年200イニングを投げ、5年連続二桁勝利を挙げて日本を代表するエース投手となる。星野は「普通、ピッチャーはホームランを打たれると気後れが出てスピードが3,4キロ落ちるけどこの日の井川にはそれがなかった。4回に清原に一発を打たれても臆することなく、8回まではヒット1本だ。9回の松井のセンター前もポテンヒットだったし、清原のヒットも内野への当たり損ねや。ピンチだからってバタバタする必要はなかった」と振り返っている。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た鹿取義隆

    北京五輪後の2008年10月15日、星野も出席した第1回WBC体制検討会議において、星野が2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表監督に就任することが内定した。この時点で既に鹿取義隆・武田一浩らをコーチとするところまで予定されていたが、五輪で結果を残せなかった星野の監督就任に対して各方面より難色を示す声が多く、10月22日、星野は自身のHP上で就任をしないと最終的に宣言。代表監督は巨人監督の原辰徳が引き受けることとなった。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た大島康徳

    大型補強を行う一方、生え抜き選手を放出することも多かった。第1期監督時代には、中尾、大島康徳や牛島和彦、平野謙、山田和利、音重鎮(第2次監督時代に中日復帰)、第2次監督時代では、酒井忠晴、仁村徹、前原博之、清水雅治、大豊泰昭(上記久慈との交換相手であったが3年後に復帰)、矢野輝弘、門倉健、鶴田泰、種田仁などを他球団に放出した。これらの放出により、特に第1次政権時の主力選手は谷沢健一、宇野勝、川又米利を除いてほとんど放出されてしまい、そのうち谷沢は星野の就任と入れ替わりに引退した(就任1年目のオープン戦に引退試合を行った)。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た岡田彰布

    日本シリーズ前日、メディアで「星野監督、日本シリーズ終了後に勇退」と報じられ、シリーズ終了後に「健康上の理由」で退任することを正式に発表した。後任には守備走塁コーチの岡田彰布が昇格。のちに行われた阪神ファンが選ぶ阪神名監督というアンケートで2位岡田彰布を倍以上差をつけ1位になっている。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た二宮至

    1月30日に妻と死別。春にナゴヤドームが完成。球場が広くなったことでチームの体質改善が求められたが間に合わず、星野自身も「最下位覚悟で優勝を狙う」と先行きを危ぶむ発言。予想通り開幕から低迷し、高木時代の以来5年ぶりとなる最下位に転落。同年オフ、関川浩一・久慈照嘉を交換トレードで獲得し二宮至が外野守備コーチに就任した。は2位と持ち直す。明治大学の後輩であり、前年のパ・リーグ最多勝投手であった武田一浩をFAで獲得したは、の西鉄ライオンズ以来45年ぶりとなる開幕11連勝を飾った勢いでそのまま首位を突っ走り、自身2度目のリーグ優勝を果たした。前半戦を首位で折り返しての優勝は球団史上初だった。日本シリーズでは福岡ダイエーホークスに1勝4敗で敗れた。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

245件中 31 - 40件表示

「星野仙一」のニューストピックワード