245件中 41 - 50件表示
  • 星野仙一

    星野仙一から見た原辰徳

    北京五輪後の2008年10月15日、星野も出席した第1回WBC体制検討会議において、星野が2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表監督に就任することが内定した。この時点で既に鹿取義隆・武田一浩らをコーチとするところまで予定されていたが、五輪で結果を残せなかった星野の監督就任に対して各方面より難色を示す声が多く、10月22日、星野は自身のHP上で就任をしないと最終的に宣言。代表監督は巨人監督の原辰徳が引き受けることとなった。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た高田繁

    高校卒業後は明治大学政治経済学部経済学科に進学。大学は東京なら早稲田、大阪なら村山実の母校の関西大学と決めていたが、当時の倉敷商の矢吹監督から「おれの母校の明大に行け」と命じられて明治大学に進学したという。1年生から一軍メンバーとして活躍し、東京六大学リーグで通算63試合登板23勝25敗、防御率1.91、199奪三振。2年生秋には立教大戦でノーヒットノーランを記録した。しかし、田淵幸一・山本浩司・富田勝の「法大三羽ガラス」率いる法政大学に阻まれ、一度もリーグ優勝には届かなかった。なお、大学の一年先輩には読売ジャイアンツで活躍した高田繁がいた。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た和田アキ子和田 アキ子

    芸能関係では主に和田アキ子、明石家さんまとは年に1回ゴルフするなどの仲で、歌手の小田和正、やしきたかじんとも親交深い。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た岩隈久志

    2012年5月11日、対オリックス7回戦(京セラドーム)において、投手出身監督、及び戦後生まれの監督としては初となる監督通算1000勝(876敗42分、2012年5月11日当時)を達成した。2004年の王貞治以来、史上12人目の記録となった。ちなみに翌12日も勝利し、自身の名「仙一」と同じ1001勝目となった際、「おーっ、2000勝まであと999勝か」とコメントして報道陣を笑わせた。岩隈久志、山崎武司の退団に加え、前半戦は田中将大、松井稼頭央、嶋基宏、ルイス・ガルシアら主力の離脱が目立ち戦力低下が不安視されていた。しかし、釜田佳直、辛島航、枡田慎太郎、銀次などの生え抜きの若手を抜擢、リリーフだった美馬学を先発に転向させるなど、徐々に頭角を現す。これらの若手選手は「星野チルドレン」とも呼ばれた。5月20日、ソフトバンクと入れ替わりで3位に浮上。その後も上位争いを続け、7月18日に球団創設8年目で初の前半戦を勝率5割以上、Aクラスターン入りの3位で終えた。後半戦は復帰したベテランが不調で引き分けを挟み、8連敗で5位に転落。8月中旬の西武戦では開幕戦以来となる同一カード3連敗を喫した。しかし9月に入ると勢いを取り戻し、7日からの西武戦で3連勝して4位に浮上。最終的に3位ソフトバンクと1ゲーム差の4位となった。最終戦に勝利し、勝率はちょうど5割となった。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た伊良部秀輝

    就任1年目の2002年には4年連続最下位だったチームを開幕からいきなりチーム史上2度目の7連勝を記録したが、途中で失速し結果的に4位に終わる。同年オフには、広島からFA宣言した金本知憲、テキサス・レンジャーズを自由契約になった伊良部秀輝、中日を自由契約になった久慈照嘉、日本ハムから下柳剛・中村豊らを引き入れ(トレード)、投打の大型補強を行った。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た門倉健

    大型補強を行う一方、生え抜き選手を放出することも多かった。第1期監督時代には、中尾、大島康徳や牛島和彦、平野謙、山田和利、音重鎮(第2次監督時代に中日復帰)、第2次監督時代では、酒井忠晴、仁村徹、前原博之、清水雅治、大豊泰昭(上記久慈との交換相手であったが3年後に復帰)、矢野輝弘、門倉健、鶴田泰、種田仁などを他球団に放出した。これらの放出により、特に第1次政権時の主力選手は谷沢健一、宇野勝、川又米利を除いてほとんど放出されてしまい、そのうち谷沢は星野の就任と入れ替わりに引退した(就任1年目のオープン戦に引退試合を行った)。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た長嶋茂雄

    大学4年生時のドラフトに際しては、読売ジャイアンツとの間に「田淵幸一を1位指名できなかった場合に外れ1位として指名する」という約束が事前にあった。しかし、巨人は高校生投手の島野修を1位指名。それを知った星野は「ホシとシマの間違いじゃないか」と言ったという。この出来事が、現役時代から指導者時代に至るまで一貫する打倒巨人のスタンスを形成させたといわれる。通算成績でも、長嶋茂雄・王貞治らが活躍したV9時代を含む巨人を相手に、35勝31敗と勝ち越しを記録。巨人キラーとしてその名を轟かせた。対巨人戦30勝以上を記録する投手の中で勝ち越しているのは平松政次、川口和久と星野のみ。その中の最高勝率は星野である。星野本人は「野球中継は当時巨人戦が多く、当時の巨人主権試合の試合開始時間が18時20分で、地元の岡山での放送は20時頃に中継が始まるので、その間に監督から投手交代を告げられないように投げていた。家族や友達に自分が投げていることを見せたかった」と語ったことがある。なお巨人が星野のドラフト1位指名を回避した理由は、星野が肩を壊しているという情報を入手したためであった(実際に肩を痛めたことがあったという)。そのことを現役引退後に川上哲治から告げられ、それ以降は巨人に対するわだかまりが消えたと自著に記している。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た矢野燿大

    大型補強を行う一方、生え抜き選手を放出することも多かった。第1期監督時代には、中尾、大島康徳や牛島和彦、平野謙、山田和利、音重鎮(第2次監督時代に中日復帰)、第2次監督時代では、酒井忠晴、仁村徹、前原博之、清水雅治、大豊泰昭(上記久慈との交換相手であったが3年後に復帰)、矢野輝弘、門倉健、鶴田泰、種田仁などを他球団に放出した。これらの放出により、特に第1次政権時の主力選手は谷沢健一、宇野勝、川又米利を除いてほとんど放出されてしまい、そのうち谷沢は星野の就任と入れ替わりに引退した(就任1年目のオープン戦に引退試合を行った)。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た山内一弘

    1983年から1986年までNHKで野球解説者、日刊スポーツ、Numberの野球評論家を務め、にはサンデースポーツの初代司会者に就任。シーズン途中で休養した山内一弘の後任として、同年オフに中日監督に就任。日本プロ野球史上初の戦後生まれの監督となった。就任後はロッテオリオンズから落合博満を4対1のトレードで獲得するなど大胆な補強を行い、ドラフトでも1986年に近藤真一、に立浪和義といった即戦力に成り得る高校3年生を他球団との競合の末1位で獲得。伸び悩んでいた中村武志・彦野利勝には鉄拳制裁で、山本昌を米留学で才能を開花、先発投手郭源治をリリーフエースに、遊撃手宇野を二塁手に、捕手中尾を外野手に配置転換させるなどチームカラーを一新する。特にレギュラー捕手だった中村への叱り方は厳しいもので、試合中に星野に殴られた中村が鼻血を出してプレーしているということもあったという。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見たやしきたかじんやしき たかじん

    芸能関係では主に和田アキ子、明石家さんまとは年に1回ゴルフするなどの仲で、歌手の小田和正、やしきたかじんとも親交深い。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

245件中 41 - 50件表示

「星野仙一」のニューストピックワード