245件中 61 - 70件表示
  • 星野仙一

    星野仙一から見た銀次

    2012年5月11日、対オリックス7回戦(京セラドーム)において、投手出身監督、及び戦後生まれの監督としては初となる監督通算1000勝(876敗42分、2012年5月11日当時)を達成した。2004年の王貞治以来、史上12人目の記録となった。ちなみに翌12日も勝利し、自身の名「仙一」と同じ1001勝目となった際、「おーっ、2000勝まであと999勝か」とコメントして報道陣を笑わせた。岩隈久志、山崎武司の退団に加え、前半戦は田中将大、松井稼頭央、嶋基宏、ルイス・ガルシアら主力の離脱が目立ち戦力低下が不安視されていた。しかし、釜田佳直、辛島航、枡田慎太郎、銀次などの生え抜きの若手を抜擢、リリーフだった美馬学を先発に転向させるなど、徐々に頭角を現す。これらの若手選手は「星野チルドレン」とも呼ばれた。5月20日、ソフトバンクと入れ替わりで3位に浮上。その後も上位争いを続け、7月18日に球団創設8年目で初の前半戦を勝率5割以上、Aクラスターン入りの3位で終えた。後半戦は復帰したベテランが不調で引き分けを挟み、8連敗で5位に転落。8月中旬の西武戦では開幕戦以来となる同一カード3連敗を喫した。しかし9月に入ると勢いを取り戻し、7日からの西武戦で3連勝して4位に浮上。最終的に3位ソフトバンクと1ゲーム差の4位となった。最終戦に勝利し、勝率はちょうど5割となった。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た吉野誠

    翌2003年は、金本、伊良部、下柳、矢野、桧山進次郎、片岡篤史、井川慶、ジョージ・アリアス、ジェロッド・リガン、ジェフ・ウィリアムスら主力選手の活躍に加え、今岡誠、赤星憲広、藤本敦士、吉野誠ら若手が急成長し首位を独走、7月8日にはセ・リーグ史上最速となる優勝マジック49を点灯させた。結局、この年、圧倒的な強さでチーム18年ぶり、監督としては自身3度目のリーグ優勝を果たすが、日本シリーズでは福岡ダイエーホークスに3勝4敗で敗れる。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た関川浩一

    1月30日に妻と死別。春にナゴヤドームが完成。球場が広くなったことでチームの体質改善が求められたが間に合わず、星野自身も「最下位覚悟で優勝を狙う」と先行きを危ぶむ発言。予想通り開幕から低迷し、高木時代の以来5年ぶりとなる最下位に転落。同年オフ、関川浩一・久慈照嘉を交換トレードで獲得し二宮至が外野守備コーチに就任した。は2位と持ち直す。明治大学の後輩であり、前年のパ・リーグ最多勝投手であった武田一浩をFAで獲得したは、の西鉄ライオンズ以来45年ぶりとなる開幕11連勝を飾った勢いでそのまま首位を突っ走り、自身2度目のリーグ優勝を果たした。前半戦を首位で折り返しての優勝は球団史上初だった。日本シリーズでは福岡ダイエーホークスに1勝4敗で敗れた。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た下柳剛

    就任1年目の2002年には4年連続最下位だったチームを開幕からいきなりチーム史上2度目の7連勝を記録したが、途中で失速し結果的に4位に終わる。同年オフには、広島からFA宣言した金本知憲、テキサス・レンジャーズを自由契約になった伊良部秀輝、中日を自由契約になった久慈照嘉、日本ハムから下柳剛・中村豊らを引き入れ(トレード)、投打の大型補強を行った。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見たジェフ・ウィリアムス

    翌2003年は、金本、伊良部、下柳、矢野、桧山進次郎、片岡篤史、井川慶、ジョージ・アリアス、ジェロッド・リガン、ジェフ・ウィリアムスら主力選手の活躍に加え、今岡誠、赤星憲広、藤本敦士、吉野誠ら若手が急成長し首位を独走、7月8日にはセ・リーグ史上最速となる優勝マジック49を点灯させた。結局、この年、圧倒的な強さでチーム18年ぶり、監督としては自身3度目のリーグ優勝を果たすが、日本シリーズでは福岡ダイエーホークスに3勝4敗で敗れる。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見たハウス食品

    監督時代、第一製薬(現・第一三共)の胃腸薬・センロックのCMに出演。「いつでも夢を」の替え歌をバックにゴルフをラウンドする映像が流れた。また、監督就任前に、ハウス食品の叉焼麺・坦々麺・カレーライス(田淵幸一・山本浩二と共演。ちなみに後年、同じ面子でハウス食品のカレーライスに出演)、郵政省(当時)のかもめーる、フィリップス、ナショナル・シャーボなどのCMに登場。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た日本テレビ放送網

    2006年10月よりスタートした、日本テレビ系列の『NEWS ZERO』のスペシャルコメンテーターに就任。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た角川書店

    夢―命を懸けたV達成への647日(2003年10月3日、角川書店)ISBN 978-4-0488-3851-1星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た第一三共

    監督時代、第一製薬(現・第一三共)の胃腸薬・センロックのCMに出演。「いつでも夢を」の替え歌をバックにゴルフをラウンドする映像が流れた。また、監督就任前に、ハウス食品の叉焼麺・坦々麺・カレーライス(田淵幸一・山本浩二と共演。ちなみに後年、同じ面子でハウス食品のカレーライスに出演)、郵政省(当時)のかもめーる、フィリップス、ナショナル・シャーボなどのCMに登場。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た中部日本放送

    限りで「健康上の理由」(表向きの理由であり、実際には夫人の白血病発症が大きく関係していた)で辞任。のみ中部日本放送の客員解説者を務め、からは再びNHK解説者、からまで中日スポーツ客員。また沢村賞の選考委員を務めていた(1994年から1995年まで)。9月20日に監督復帰が発表され直後に愛甲猛を無償トレードで獲得、更に前田幸長・村田勝喜も交換トレードで獲得。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

245件中 61 - 70件表示

「星野仙一」のニューストピックワード